奈良、福岡、静岡?古代史最大の謎・卑弥呼の墓はどこにある?
2018年5月25日 更新

奈良、福岡、静岡?古代史最大の謎・卑弥呼の墓はどこにある?

日本古代史の謎のひとつ・邪馬台国の場所。それを決定づける証拠として注目されるのが、邪馬台国の女王・卑弥呼の墓です。奈良県にある纒向遺跡の箸墓古墳を筆頭に、今年3月に福岡県赤村で見つかった古墳らしき地形も話題になりました。さらに静岡県沼津市にあるという説も…この中に本物はある?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

邪馬台国の位置を決定づける「卑弥呼の墓」

 (20088)

最有力候補の箸墓古墳(奈良県桜井市)。
邪馬台国はどこにあったのか・・・。
江戸時代にはじまったその論争は明治時代に本格的な盛り上がりを見せると、学者だけでなく一般の古代史ファンまで巻き込み、今も高い関心を集めています。
特に熱いバトルをくり広げているのが、九州説vs.畿内説。
その場所を決定づける証拠として注目を集めるのが、邪馬台国の女王・卑弥呼の墓です。
死去の際、多くの殉死者とともに巨大な墳丘に葬られたという彼女の墓はどこにあるのでしょうか?

ついに発見!?「卑弥呼の墓」(福岡県赤村)

「ついに卑弥呼の墓を発見か!」というニュースが飛び込んできたのは、今年3月のこと。
発見された場所は福岡県の東部に位置する赤村。
村の西端、平成筑豊鉄道と県道418号が南北に走る丘陵が、地元住民の間で「卑弥呼の墓」として注目されているとか・・・。
 (20087)

確かに前方後円墳に見えなくもない・・・。
地図から推定される丘陵の全長は、日本最大の前方後円墳「大仙陵(大山)古墳」(大阪府堺市)の墳丘長に迫る約450m。
さらに後円部に当たる部分は直径約150mと、『魏志倭人伝』に記された卑弥呼の墓の直径「径百余歩」とほぼ一致するとのこと。
また周辺では土器片が多数発見されていることから、地元では期待が高まっているそうですが、真偽は謎のままです。

最有力候補?「箸墓古墳」(奈良県桜井市)

平成21年(2009)、奈良県の纒向遺跡から大型建物の遺物が発見されたことで、その優位性が一気に高まった邪馬台国畿内説。
その中でも卑弥呼の墓といわれているのが同県の桜井市にある「箸墓古墳」です。
この古墳が卑弥呼の墓とされる有力な証拠は、『魏志倭人伝』との一致に加えその出土品にあります。
近年様々な年代測定法で土器などの年代を調査し直したところ、古墳が築造されたのは卑弥呼の死亡時期と重なる3世紀中頃だったことが判明し、研究者の間で注目されるようになりました。
箸墓古墳

箸墓古墳

右が前方部、左が後円部。
ただし現在のところ箸墓古墳は、第7代・孝霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓として、宮内庁によって管理されています。
そのため研究者ですら自由に立ち入りできないことから、それ以上の調査を進めることができず、決定的な証拠はいまだ見つかっていないという状況です。

今後に注目!?「高尾山古墳」(静岡県沼津市)

21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

2018年は新年から気になる展覧会が盛りだくさん。特に貴重な名刀が見られるものや人気の伊藤若冲、明治維新150周年を記念した浮世絵展など、歴史ファン必見の展覧会も多数開催されます。さらに、近くにあるおすすめ神社もご紹介。歴史の見聞、知識とともにご利益もゲットしちゃいましょう。
【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

【維新博に大型施設、武将まつり】春を呼ぶ!3月イベントまとめ

春を迎える3月は、「肥前さが幕末維新博覧会」の開催から、「平城京跡歴史公園」などの待望の施設、今年生誕900年を迎える平清盛のまつりまで、歴史ファンにはたまらないイベントが盛りだくさん。幕末維新ゆかりの地では貴重な資料を紹介する展覧会も開催中。春休みのお出かけにもぴったりな充実のラインナップをご紹介します。
つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
【今年は直虎イヤー!】2017年歴史ファンが注目したゆかりの地まとめ

【今年は直虎イヤー!】2017年歴史ファンが注目したゆかりの地まとめ

2017年も残りわずか。2017年は伊達政宗の生誕450周年であり、坂本龍馬の没後150周年という人気者の周年であり、さらに大政奉還150周年という節目の年でもありました。そして大河ドラマ「おんな城主 直虎」や映画「関ヶ原」のヒットなど、戦国イヤーでもありました。今回はそんな歴史トピックスにちなんだゆかりの地をまとめてご紹介。すでに行った人は振り返りとして、まだこれからの人は、これからの計画にぜひお役立てください。
【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

大型の展覧会が多数開催される2018年。貴重な国宝や日本美術が見られる、歴史ファンにはたまらない展覧会も開催されます。新年から国宝「圧(へし)切長谷部」が展示される福岡市博物館、国宝の日本美術や仏像が拝める展覧会、京都国立博物館で開催される初の本格的な刀剣展まで。来年まで待てない、展覧会の内容をご紹介します。
【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

受験勉強もラストスパート。最後の仕上げに、今回は合格祈願にお詣りしたい神社をご紹介します。学問の神様・菅原道真を祀る神社や、戦国武将が必勝を祈願した神社を紹介、“落ちない”パワースポットまで。高校や大学の入試試験はもちろん、資格の試験や昇進試験がある方もぜひ、お詣りください。
聖徳太子に古墳…見どころ満載!明日香村で古代観光のススメ

聖徳太子に古墳…見どころ満載!明日香村で古代観光のススメ

古代の都であり、大化の改新の舞台としても知られる奈良県明日香村。2018年10月20日(土)21日(日)に「古都飛鳥文化祭2018」が開催されます。明日香村は聖徳太子ゆかりの地や古墳など、見どころがたくさん!レンタサイクルなどで気軽に古代巡りができるのも魅力です。この機会に行ってみたい、明日香村のオススメスポットをご紹介します。
快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

快慶、定慶…鎌倉時代の天才仏師「慶派」スーパースターの名品が堪能できる特別展

奥が深い仏像の世界。仏教の知識がないとなかなか理解できないのではという方も多いと思いますが、運慶と快慶といった「慶派」だけでも押さえておくと、親しみやすいかもしれませんよ。10月2日からは東京国立博物館の特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」も開催。初心者にも優しい仏教の世界に、足を踏み入れてみませんか。
必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第13回はユニークな石垣をもつ3城、「岡城」「米子城」「大和郡山城」をご紹介します。岡城の高石垣、米子城の登り石垣、大和郡山城の天守台…いずれも当時の建物は残らなくても、石垣だけで魅力十二分!そんな3城の見どころを写真を中心に紹介していきます。
【神風は吹いたのか?】蒙古襲来!モンゴル帝国と戦った元寇ゆかりの地

【神風は吹いたのか?】蒙古襲来!モンゴル帝国と戦った元寇ゆかりの地

鎌倉時代、モンゴル帝国が日本侵略を図り2度もやって来た「元寇(蒙古襲来)」。学校で習ったとき、神風が吹いて元軍を退けたという話をうっすらと覚えている方も多いかもしれません。近年、漫画「アンゴルモア 元寇合戦記」でも改めて注目を集めている元寇とは?戦いの舞台・福岡にある防塁跡をめぐり、わかりやすく振り返ってみましょう。