面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた
2017年7月20日 更新

面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた

天下分け目の戦いといわれる「関ヶ原の戦い」。最近では司馬遼太郎氏の小説『関ヶ原』も映画化されるなど、今もなお注目される日本史を代表する出来事のひとつです。そんな関ヶ原の合戦地ほど近くにあるのが「関ヶ原ウォーランド」。合戦をわかりやすく理解できる体感型資料館ですが、ユニークなコンクリート像から珍スポットとしても話題です。そんな「関ヶ原ウォーランド」を覗いてみましょう!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本唯一の体感型資料館「関ヶ原ウォーランド」

日本唯一の体感型資料館「関ヶ原ウォーランド」

合戦地の近く、1964年に開館した関ヶ原ウォーランド。
約30,000m²の敷地には、200体以上もの等身大コンクリート像が展示され、関ヶ原の戦いを再現しています。ユニークなコンクリート像の数々は、珍スポットの父ともいわれる浅野祥雲氏の製作によるもの。徳川家康や石田三成ら武将たちが史実に基づいて布陣されており、まさに関ヶ原の戦いを知るにはもってこいの体験型合戦資料館なのです。

さっそく、再現された合戦の様子を覗いてみましょう!
園内布陣図

園内布陣図

分かりやすく説明するために公式サイトの布陣図を参照

いつまで弁当を食べているんだ…南宮山・毛利軍

 (5386)

入り口を入ると右手にはさっそく南宮山の毛利軍が見えます。
西軍の総大将・毛利輝元の養子・秀元らは、東軍を背後から攻撃するつもり南宮山に布陣していました。が、先陣の吉川広家が東軍と内通していたため、最後まで参戦しませんでした。

毛利軍ら3万3千という大軍が西軍に参戦していれば…と連れて行きたい複雑な思いを抱きつつ、通り過ぎます。

さて、園の中心に進んで行くと、合戦が見えてきました!
 (5387)

馬に乗っている武将もいれば、足軽や鉄砲隊まで…すごい!本当に合戦場に迷い込んだようです(笑)

筆者は平日の午前中(しかも小雨)にひとりで伺ったためほぼ貸し切り状態だったのですが、全然ひとりという気がしません!
 (5388)

今にも駆け出しそうな臨場感あふれる動き。

園の中心には東軍オールスターが!

井伊の赤鬼・直政発見!

 (5390)

むむ!この赤備えと見覚えのある「井」の文字は…
そう、今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」でも注目を浴びる、徳川四天王のひとり・井伊直政公です!勇猛果敢なのはいいけど、島津軍の深追いには要注意だよ…と心の中で伝えておきましょう。

俺が先陣だって言ったのに…福島正則

 (5392)

56 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
人気声優のアニメ化が話題!『おあむ物語』の聖地・大垣

人気声優のアニメ化が話題!『おあむ物語』の聖地・大垣

関ヶ原の戦いでの大垣城の様子や女性たちについて著された『おあむ物語』。これをベースに岐阜県大垣市がプロデュースしたアニメ『おあむ物語 その夏、わたしが知ったこと』が動画で公開されています。三森すずこさんら人気声優が参加していることでも注目を集めるアニメと、アニメにも登場する大垣の魅力をご紹介します。
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(西軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(西軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。今回紹介する西軍コースは、義のために集い、貫き通した石田三成と、盟友である大谷吉継、島津義弘に宇喜多秀家と、特に人気の高い武将の陣跡が揃い踏み。歩けば彼らの信念が感じられること必至です。
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。陣跡が点在し、地形もよく残る関ヶ原を歩けば、当時の武将の気持ちになれる⁉︎ 400年前の激戦を肌で感じに、いざ出陣!
新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第5回は「関ヶ原の戦い」です。岐阜県関ケ原町を舞台に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)勃発した、天下分け目の戦い。今回はその戦いの舞台となった、東軍西軍の武将たちの陣跡を足軽さんと巡ります。話題の新説による布陣を現場検証してみると…?
“大一大万大吉”の謎に迫る!関ヶ原にひるがえる石田三成の家紋【家紋のルーツ:第5回】

“大一大万大吉”の謎に迫る!関ヶ原にひるがえる石田三成の家紋【家紋のルーツ:第5回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は石田三成の家紋です。三成の家紋といえば「大一大万大吉」が有名ですが、実は不確かな部分が多いのです。さらに「大一大万大吉」だけでも4種類あり…気になるその謎を紐解いてみましょう。
実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

実は「桔梗紋」じゃなかった?明智光秀の家紋と出生の謎【家紋のルーツ:第2回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は明智光秀の桔梗紋です。前半生が謎に包まれた光秀ですが、そもそも桔梗紋じゃなかった?さらに産湯が4カ所もあるなど、光秀の謎と桔梗紋のルーツに迫ります。
信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

信長もおもてなしに取り入れた!岐阜・長良川の鵜飼の歴史

水鳥である鵜(ウ)を使って鮎などを獲る漁法・鵜飼。特に岐阜県長良川の鵜飼は、織田信長や徳川家康にも好まれ、現在は宮内庁式部職である鵜匠により、毎年5月中旬から10月中旬まで年8回、御料鵜飼が行われています。今回は長良川の鵜飼の歴史から、同じ長良川でもタイプの違う岐阜市と関市の鵜飼をご紹介します。
2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のロケ地になる?若き明智光秀ゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』のロケ地になる?若き明智光秀ゆかりの地

2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀。本能寺の変で織田信長を裏切った武将として有名すぎる彼ですが、その前半生は謎に包まれています。ドラマのロケ地になるかもしれない?明智光秀の出身地とされる岐阜県可児市や周辺のゆかりの地を、ひと足お先にご紹介します。
【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

細川忠興の波乱の生涯とゆかりの地をめぐるシリーズ。丹後時代を紹介した前編、細川家怒涛の関ヶ原の戦いをお送りした中編に続き、後編は、小倉、中津、そして西国きっての大国・肥後熊本藩が設立するまでの忠興と、ゆかりの地をご案内します。