面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた
2017年7月20日 更新

面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた

天下分け目の戦いといわれる「関ヶ原の戦い」。最近では司馬遼太郎氏の小説『関ヶ原』も映画化されるなど、今もなお注目される日本史を代表する出来事のひとつです。そんな関ヶ原の合戦地ほど近くにあるのが「関ヶ原ウォーランド」。合戦をわかりやすく理解できる体感型資料館ですが、ユニークなコンクリート像から珍スポットとしても話題です。そんな「関ヶ原ウォーランド」を覗いてみましょう!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

日本唯一の体感型資料館「関ヶ原ウォーランド」

日本唯一の体感型資料館「関ヶ原ウォーランド」

合戦地の近く、1964年に開館した関ヶ原ウォーランド。
約30,000m²の敷地には、200体以上もの等身大コンクリート像が展示され、関ヶ原の戦いを再現しています。ユニークなコンクリート像の数々は、珍スポットの父ともいわれる浅野祥雲氏の製作によるもの。徳川家康や石田三成ら武将たちが史実に基づいて布陣されており、まさに関ヶ原の戦いを知るにはもってこいの体験型合戦資料館なのです。

さっそく、再現された合戦の様子を覗いてみましょう!
園内布陣図

園内布陣図

分かりやすく説明するために公式サイトの布陣図を参照

いつまで弁当を食べているんだ…南宮山・毛利軍

 (5386)

入り口を入ると右手にはさっそく南宮山の毛利軍が見えます。
西軍の総大将・毛利輝元の養子・秀元らは、東軍を背後から攻撃するつもり南宮山に布陣していました。が、先陣の吉川広家が東軍と内通していたため、最後まで参戦しませんでした。

毛利軍ら3万3千という大軍が西軍に参戦していれば…と連れて行きたい複雑な思いを抱きつつ、通り過ぎます。

さて、園の中心に進んで行くと、合戦が見えてきました!
 (5387)

馬に乗っている武将もいれば、足軽や鉄砲隊まで…すごい!本当に合戦場に迷い込んだようです(笑)

筆者は平日の午前中(しかも小雨)にひとりで伺ったためほぼ貸し切り状態だったのですが、全然ひとりという気がしません!
 (5388)

今にも駆け出しそうな臨場感あふれる動き。

園の中心には東軍オールスターが!

井伊の赤鬼・直政発見!

 (5390)

むむ!この赤備えと見覚えのある「井」の文字は…
そう、今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」でも注目を浴びる、徳川四天王のひとり・井伊直政公です!勇猛果敢なのはいいけど、島津軍の深追いには要注意だよ…と心の中で伝えておきましょう。

俺が先陣だって言ったのに…福島正則

 (5392)

56 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(西軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(西軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。今回紹介する西軍コースは、義のために集い、貫き通した石田三成と、盟友である大谷吉継、島津義弘に宇喜多秀家と、特に人気の高い武将の陣跡が揃い踏み。歩けば彼らの信念が感じられること必至です。
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。陣跡が点在し、地形もよく残る関ヶ原を歩けば、当時の武将の気持ちになれる⁉︎ 400年前の激戦を肌で感じに、いざ出陣!
【 初陣から元服まで 】家康の信頼を獲得していった井伊直政の活躍

【 初陣から元服まで 】家康の信頼を獲得していった井伊直政の活躍

井伊万千代(直政)の初陣は、天正4年(1576)2月7日、武田勝頼と交戦した遠江芝原の戦いであると言われています。それから天正10年(1582)、22歳で元服し「直政」と名乗るようになるまで、直政自身にも、主君である家康にも様々な事件が起こります。直政がどのようにして家康の信頼を獲得していったのか。今回は戦国時代の流れを追いながら、直政が初陣してから元服するまでの活躍をご紹介します。
関ケ原とあわせて立ち寄りたい!石田三成たち西軍の拠点となった大垣城

関ケ原とあわせて立ち寄りたい!石田三成たち西軍の拠点となった大垣城

岐阜県大垣市にある大垣城。町のシンボルとして愛され、2017年には「続日本100名城」にも選定されました。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいては石田三成ら西軍の本拠地にもなっています。関ヶ原の戦いゆかりの地としても、ぜひ立ち寄っていただきたいスポットのひとつです。