ARで政宗の兜を着用!松島歴史探索アプリ 「松島ダテナビ」でゆかりの地めぐりが10倍楽しくなる
2016年12月12日 更新

ARで政宗の兜を着用!松島歴史探索アプリ 「松島ダテナビ」でゆかりの地めぐりが10倍楽しくなる

日本三景のひとつ、宮城県松島。松尾芭蕉や伊達政宗のゆかりの地としても有名ですね。そんな松島の歴史探索アプリ「松島ダテナビ」((c)松島町)がこの度バージョンアップ!アプリを使って、ゆかりの地めぐりを10倍楽しくする方法をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

松島ゆかりの偉人、伊達政宗や松尾芭蕉がARで各地に出現!

AR政宗と記念撮影ができちゃう!

AR政宗と記念撮影ができちゃう!

瑞巌寺や五大堂など、松島町内にある観光地。
現地に行くと、なんとARでその場所ゆかりの偉人、伊達政宗や北条時頼、坂上田村麻呂、松尾芭蕉・曾良といった豪華メンバーが出現します。
記念撮影もできるとなると、もう行くしかない!(笑)

独眼竜眼帯マーカー装着⇒ARで政宗に変身!

松島町内で配布されているパンフレットの裏面には〈独眼竜眼帯マーカー〉がついているそう。
その眼帯マーカーを右目に装着してアプリ「松島ダテナビ」で映すと・・・
着用前

着用前

政宗キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

政宗キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

あの有名な政宗の兜を、超高精細CGによるARで着用できちゃうのです!
政宗公好きじゃなくても、これは楽しそうですよね。数人で撮ったらどうなるのでしょうか・・・。

芭蕉と曾良と会話しながら、おくのほそ道をたどろう!

アプリに表示される「おくのほそ道」松島町内のルート。そのルート上にあるいくつかの地点では、「おくのほそ道」の原文や現代語訳が読めるだけでなく、芭蕉と曾良の会話も楽しめるようです。
さながら、二人と旅をしてる気分が味わえちゃうかも?
まるで一緒に旅してる気分に?

まるで一緒に旅してる気分に?

他にも、現地で楽しめる伊達家御殿『観瀾亭VR復元』や、松島町内30箇所の『古写真AR』、特製VRゴーグル〈ダテメガネ〉対応の『松島の夜月VR』などの従来仕様ももちろん健在です。
伊達家御殿『観瀾亭VR復元』

伊達家御殿『観瀾亭VR復元』

なんとダウンロードは無料!超パワーアップした「松島ダテナビ」とともに、松島ゆかりの地めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか?
 (1167)

17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【今年も開催!仙台七夕まつり】伊達政宗公の時代から続く日本一の七夕を楽しもう

【今年も開催!仙台七夕まつり】伊達政宗公の時代から続く日本一の七夕を楽しもう

宮城県仙台市では8月6日から8日までの3日間、毎年恒例の「仙台七夕まつり」が開催。街中で飾り付けがなされ、夏の人気イベントとして毎年多くの観光客でにぎわいます。伊達政宗公の時代から続く仙台の七夕を感じに行きませんか?
歴史上のすごい人は、やばい人!?『東大教授がおしえる やばい日本史』が話題

歴史上のすごい人は、やばい人!?『東大教授がおしえる やばい日本史』が話題

聖徳太子、紫式部、織田信長、坂本龍馬…日本人なら知らない人はいないであろう、歴史上の“すごい”人物の“やばい”部分を紹介した話題の新書『東大教授がおしえる やばい日本史』(ダイヤモンド社)。歴史好きにはもちろん、歴史って難しそう…という人にこそ読んで欲しい本書の見どころを少しだけご紹介します。
【きっかけは伊達家!?】仙台初売りと福袋の始まり

【きっかけは伊達家!?】仙台初売りと福袋の始まり

お正月といえば、初売りの福袋を楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?毎年豪華な福袋がテレビなどで話題になりますが、その中でも特に豪華で有名な仙台初売りは、伊達家が1月2日に城下で買い初めをしていたのがきっかけとされています。今回は仙台初売りの始まりと豪華すぎる理由、さらに福袋の始まりにも迫ってみたいと思います。
【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

【米沢、白石、仙台…】伊達政宗を支えた名参謀・片倉小十郎景綱ゆかりの地

片倉小十郎景綱は戦国から江戸時代にかけて活躍した武将。伊達家家臣として奥州の覇者である伊達政宗を支え、更にはあの真田家にも不思議なご縁がありました。今回は、1615年(元和元)12月4日に亡くなった景綱の生涯とゆかりの地、米沢、白石、仙台の見どころをご紹介いたします。
これは見るべき!特別展『伊達政宗─生誕450年記念』おすすめ展示10選

これは見るべき!特別展『伊達政宗─生誕450年記念』おすすめ展示10選

2017年10月7日(土)から仙台市博物館にて開催されている特別展『伊達政宗─生誕450年記念』。10月31日(火)から後期展示となり、ますます盛り上がっています。今回は特別展の中でも特におすすめの10点をご紹介。すでにご覧になった方は復習に、まだの方は予習にご活用ください。11月27日(月)まで開催なので、まだ間に合いますよ!
真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

慶長20年(1615)の大坂夏の陣にて討死した真田幸村。嫡男大助も翌日自刃し、戦国時代は終わります……が、真田幸村の血はそこで終わってはおりません。幸村の遺児は伊達家家臣片倉小十郎重長にかくまわれ、白石・蔵王にて脈々とその血を引き継いでいったのです。今回は白石・蔵王に残る仙台真田家ゆかりの史跡をご紹介。仙台真田家だけでなく、幸村の子に随行した家臣についてもご紹介いたします。
【 意外と知らない戦国大名としての政宗 】生誕450年記念シンポジウム『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』レポと仙台市博物館特別展見どころ

【 意外と知らない戦国大名としての政宗 】生誕450年記念シンポジウム『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』レポと仙台市博物館特別展見どころ

伊達政宗公生誕450年の今年、各地で関連イベントが開催されています。先日、東京・淑徳大学でも伊達政宗生誕450年記念シンポジウムin東京『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』が開催。研究者が語った仙台藩や藩主としての伊達政宗とは?仙台市博物館・菅野氏による伊達家臣団についての登壇レポートとともに、10月7日から仙台市博物館で開催される特別展「伊達政宗―生誕450年記念」の見どころも合わせてお伺いしました。
政宗所用の黒漆五枚胴具足の実物も!仙台市博物館の常設展「生誕450年ー伊達政宗と城」レポート

政宗所用の黒漆五枚胴具足の実物も!仙台市博物館の常設展「生誕450年ー伊達政宗と城」レポート

伊達政宗といえば、誰もが思い浮かぶ金色の細い月形の前立。今年は伊達政宗公生誕450年を記念し、仙台市博物館では政宗公所用の具足「黒漆五枚胴具足」の実物が8/3~8/20の期間限定で公開となりました。そこで、さっそく実物を見に仙台へ。他にも多数展示されている政宗公ゆかりの品々とともにご紹介します。
ゆかりの地・仙台でゲットしたい!伊達政宗公生誕450年記念限定グッズ

ゆかりの地・仙台でゲットしたい!伊達政宗公生誕450年記念限定グッズ

藩祖・伊達政宗公の生誕450年にわく宮城県仙台市。街の至る所で政宗公生誕を祝う様子が見られ、その偉大さが感じられます。そして誕生月である今月は特に限定グッズやイベントも多くみられます。そこで現地で取材をした編集部が、限定グッズの一部をご紹介!期間・数量限定のものが多いので、欲しい方は早めに仙台へGO!
【 2017年はアニバーサリーイヤー!!】伊達好き歴女がおすすめ☆政宗公生誕450年の年に訪れたいゆかりの地

【 2017年はアニバーサリーイヤー!!】伊達好き歴女がおすすめ☆政宗公生誕450年の年に訪れたいゆかりの地

伊達政宗公の誕生日は旧暦の8月3日です。1567年(永禄10年)生まれなので、今年はちょうど生誕450年にあたる、まさにアニバーサリーイヤー!!そこで今回は、政宗好きの筆者がおすすめする、政宗を感じられるゆかりの地と関連イベントをご紹介いたします。