2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ
2018年12月19日 更新

2019年も名刀に会いに行こう!全国で開催『刀剣展』まとめ

年々注目度を増している「日本刀」。歴史ファン・刀剣ファンのみならず人気を博し、名刀が展示される刀剣展には全国各地から多くの人が足を運びます。そこで今回は、2019年も盛り上がること間違いなしの刀剣展を、一足早く厳選してご紹介!年明けすぐから秋開催のものまで、気になる見どころとスケジュールを今からおさえておきましょう!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

『平家物語』屋代本を読みながらみる源義経奉納「薄緑丸(うすみどりまる)」や、東国の雄・北条氏綱の奉納太刀(重要文化財)、徳川家ゆかりの太刀とされる平安末期の「太刀」銘景安、「ソハヤノツルキ ウツスナリ(写し)」といった刀剣のほか、古代の神剣の形ともいわれる「韴霊(ふつのみたま)大刀」写といった珍しい刀剣も展示。古代、神そのものとして扱われた刀剣の姿をうかがわせる特別な刀は必見です。
会期:2019年1月22日(火)~3月16日(土)
会場:國學院大學博物館 企画展示室
開館時間:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
会期中休館日:2月2~3日
入館料:無料

9/7〜11/4:特別展「侍 ~もののふの美の系譜~ The Exhibition of SAMURAI」(福岡市博物館)

 (26576)

平安時代に発生した侍(武士/もののふ)。
戦いを職能とする彼らの象徴、甲冑と刀剣を一挙公開する福岡市博物館の特別展「侍 ~もののふの美の系譜~ The Exhibition of SAMURAI」が2019年秋に開催決定し、早くも話題を呼んでいます。
本展では、刀剣約70口、甲冑約50点(兜のみも含む)が展示され、そのうち約6割は国宝・重文という名宝揃い!実戦のなかで進化をとげた、刀剣と甲冑の歴史的変遷を感じられる貴重な機会です。

「圧切長谷部」や「日光一文字」、天下五剣のひとつ「大典太」も里帰り展示!

国宝 刀 名物「圧切長谷部」(福岡市博物館蔵)

国宝 刀 名物「圧切長谷部」(福岡市博物館蔵)

平安時代の大鎧・腹巻から、桃山時代の当世具足までが一堂に会する本展。
同館所蔵の「圧切長谷部」や「日光一文字」といった人気の刀剣はもちろん、天下五剣の一つである名物「大典太」が初の里帰り展示となる点も注目です。
戦いの道具としてだけでなく、もののふの精神を反映した美術品としても堪能したい武具たちの大展覧会。秋の開催が待ちきれません!
会期:2019年9月7日(土)〜2019年11月4日(月・祝)
会場:福岡市博物館 2階 特別展示室A・B(福岡市早良区 百道浜3丁目1-1)
開館時間:9時30分〜17時30分(入場は17:00まで)
休館日:月曜日休館(月曜日が休日の場合は翌平日休館)
30 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

武士の象徴とファッションを知る「刀と槍の装具展」福岡市博物館

武士の象徴とファッションを知る「刀と槍の装具展」福岡市博物館

武士の魂とされる「刀」、そして「一番槍」といわれる槍は、武士にとって大切なもの。実際に使用される際には、鞘や柄など様々な装具が付けられました。福岡市博物館で2018年12月26日(火)から2019年2月24日(日)まで開催する「福岡藩士伝来・刀と槍の装具展」では、同館収蔵の福岡藩士伝来の刀と槍から、その歴史と文化を紹介します。
つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

2018年は新年から気になる展覧会が盛りだくさん。特に貴重な名刀が見られるものや人気の伊藤若冲、明治維新150周年を記念した浮世絵展など、歴史ファン必見の展覧会も多数開催されます。さらに、近くにあるおすすめ神社もご紹介。歴史の見聞、知識とともにご利益もゲットしちゃいましょう。
【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

大型の展覧会が多数開催される2018年。貴重な国宝や日本美術が見られる、歴史ファンにはたまらない展覧会も開催されます。新年から国宝「圧(へし)切長谷部」が展示される福岡市博物館、国宝の日本美術や仏像が拝める展覧会、京都国立博物館で開催される初の本格的な刀剣展まで。来年まで待てない、展覧会の内容をご紹介します。
原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

原寸大の牛車登場、源氏物語の世界も再現!「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展レポート

東京国際フォーラムで開催された新春恒例イベント「J-culture fest」。なかでも、2019年1月2日(水)〜15日(火)の期間限定で展示され、歴史ファンから注目を浴びたのが「即位・儀式の美/平安王朝文化絵巻」展です。即位式や宮廷行事で着用される正装に関する資料の展示のほか、人形で再現された『源氏物語』の優美な世界など、新春を彩ったイベントの模様をレポートします。
干支・イノシシにあやかろう!2019年のお正月は東京国立博物館へ初もうで

干支・イノシシにあやかろう!2019年のお正月は東京国立博物館へ初もうで

東京国立博物館では、2019年1月2日からお正月の恒例企画「博物館に初もうで」を開催。新年の干支「亥(いのしし)」をテーマにした作品や、新春ならではの名品展示、和太鼓や獅子舞といった伝統芸能も盛りだくさん!お正月は、日本の伝統を感じにトーハクへ初もうではいかがでしょうか?
刀剣ファン垂涎!京都国立博物館初の刀剣展「京のかたな」がいよいよ開催

刀剣ファン垂涎!京都国立博物館初の刀剣展「京のかたな」がいよいよ開催

9月29日(土)より京都国立博物館で開催される「特別展 京(みやこ)のかたな 匠のわざと雅のこころ」。同館では120年の歴史上初となる大規模刀剣特別展となり、その豪華すぎるラインナップが注目を集めています。刀剣に詳しい方もそうでない方も、開催前にその見どころを改めてチェック!
京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

京博初の刀剣特別展から、戊辰150年関連も!2018年9月歴史イベントまとめ

歴史的にも様々な節目を迎える今年の秋は、記念イベントが各地で開催。没後160年の歌川広重記念展から、会津では戊辰150年特別展や恒例のお祭りも。そして京都ではお待ちかねの刀剣特別展がいよいよ開幕。どれも見逃せない2018年9月の歴史イベントを厳選して紹介します。シルバーウィークのお出かけの参考にどうぞ!
隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

隅田川花火大会の歴史は300年!夏の風物詩の意外なルーツ

夏の風物詩といえば花火。全国各地で趣向を凝らした花火が打ち上げられる大会を心待ちにしている人も多いと思います。なかでも有名な東京・隅田川花火大会の始まりは意外なものだったんです。日本で初めて花火を見た人や、隅田川より古い?花火大会など、知ればもっと楽しめる?花火や花火大会のルーツをご紹介します。
奈良、福岡、静岡?古代史最大の謎・卑弥呼の墓はどこにある?

奈良、福岡、静岡?古代史最大の謎・卑弥呼の墓はどこにある?

日本古代史の謎のひとつ・邪馬台国の場所。それを決定づける証拠として注目されるのが、邪馬台国の女王・卑弥呼の墓です。奈良県にある纒向遺跡の箸墓古墳を筆頭に、今年3月に福岡県赤村で見つかった古墳らしき地形も話題になりました。さらに静岡県沼津市にあるという説も…この中に本物はある?