『伴大納言絵詞』で知られる平安時代の政権争い「応天門の変」の真相
2018年3月10日 更新

『伴大納言絵詞』で知られる平安時代の政権争い「応天門の変」の真相

平安時代初期に起きた、宮廷を揺るがす大事件「応天門の変」。事件を題材にして描かれた国宝の絵巻『伴大納言絵詞』のほうを知っている方も多いと思います。藤原氏が古代より続く名族を排除し、摂関政治への道を切り開くきっかけともなった事件の真相とは?

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

応天門、炎上!

『伴大納言絵詞』(部分)炎上する応天門。

『伴大納言絵詞』(部分)炎上する応天門。

事件が起こったのは貞観8年(866)閏3月10日のこと。平安京の大内裏の中にあった、朝堂院(八省院)の南門にあたる応天門が、深夜に突如炎上したのです。
そもそも朝堂院とは、朝廷内での政務や重要な儀式を行う、現在の国会議事堂に相当する施設で、応天門はその正門の役目を果たす重要な門でした。それが一夜にして焼失してしまったことから、大騒動になったわけです。

やがて、応天門の炎上は放火であることが判明し、当初は大納言・伴善男(とものよしお)の証言により、左大臣・源信(みなもとのまこと)が犯人として告発されます。ところが、太政大臣・藤原良房の進言により、源信は罰せられず、今度は逆に、密告によって伴善男に放火の嫌疑がかけられ、流罪に処せられてしまいました。

応天門の変を描いた『伴大納言絵詞』

『伴大納言絵詞』(部分)。応天門炎上に驚く人々。

『伴大納言絵詞』(部分)。応天門炎上に驚く人々。

平安時代末期に描かれた『伴大納言絵詞』。当時の人々の様子がわかる史料として、また人物や炎の表現に優れた美術品として、大変貴重な絵巻とされています。
一時期は最上義光も所有したといわれ、その後、若狭の酒井家に伝来し、現在は出光美術館(東京都)に所蔵されています。
『伴大納言絵詞』にはこんな場面も…

『伴大納言絵詞』にはこんな場面も…

火事騒ぎの中、女性ににけしからぬ行為をしかけるアウトな男性まで描かれています。

事件の発端は、大伴氏と藤原氏の争い

『伴大納言絵詞』(部分)

『伴大納言絵詞』(部分)

火事場に駆けつける群衆。
応天門の変が起こった背景としては、まず、伴善男と源信の不仲が考えられます。貞観6年(864)に伴善男は、源信に謀反の噂があることを主張していたという記録からも、両者の確執は明白でした。

当初、伴善男は、伴氏が造営した応天門を、源信が呪って火をつけたと証言します。しかしそれは、源信を失脚させ、自らが大納言から右大臣に昇進するための画策だったといわれています。
(ちなみに当時は大納言→右大臣→左大臣の順に偉くなります)
『伴大納言絵詞』(部分)

『伴大納言絵詞』(部分)

炎上する応天門を眺めているかのような伴善男と思わしき人物。
さらにこの事件の大きな背景として存在するのが、大伴氏と藤原氏の権力争いです。大伴氏とは、大伴親王(のちの淳和天皇)の諱を避けて氏を改めた伴氏のことで、古代には、物部氏とともに軍事を担当し、政治面でも活躍した名族です。

一方、藤原氏は、大化の改新の中心人物である中臣鎌足を祖とする新興の一族で、奈良時代以降、その勢力を拡大していました。

古代より続く名族を排斥した藤原氏

『伴大納言絵詞』(部分)。清涼殿で清和天皇(左)に対面...

『伴大納言絵詞』(部分)。清涼殿で清和天皇(左)に対面する藤原良房。

特に藤原良房の時代には、承和9年(842)に起きた承和の変を皮切りに、伴氏、橘氏、紀氏といった古代より続く名族を、朝廷から排斥する動きを活発化させます。

伴善男はこれに対抗しようとしますが、「応天門の変」を機に伴氏は政界の中枢から完全に排除され、対する藤原良房は、事件後に清和天皇の摂政となり、藤原氏の権勢を確立する摂関政治への道を開くこととなりました。
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

平安時代のイケメン・在原業平、ゆかりの地が多いのはモテ男だからこそ?

日本の歴史上の人物のなかで“イケメン”といえば、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。写真が残る人物としては、新選組の「鬼の副長」こと土方歳三、15代将軍・徳川慶喜などの人気が高いようですが、平安時代を代表する美男子といえば、歌人として有名な在原業平。日本各地にゆかりの地が残る業平、その理由とは?
Twitterに願いを投稿しよう☆京都・晴明神社の七夕企画「星に願いを」がリニューアル!

Twitterに願いを投稿しよう☆京都・晴明神社の七夕企画「星に願いを」がリニューアル!

平安時代の陰陽師「安倍晴明公」を祀る晴明神社(京都市上京区)が毎年新暦・旧暦の七夕の時期にあわせて開催する「星に願いを」プロジェクト。9年目の今年はリニューアルし、サイバースペースに皆の願い事が書かれた「七夕の短冊」が漂います。あなたもTwitterから願い事を天の星に届けてみませんか?
【5月27日は百人一首の日】平安一のモテ女子・和泉式部が復縁を願った!?京都・貴船神社

【5月27日は百人一首の日】平安一のモテ女子・和泉式部が復縁を願った!?京都・貴船神社

平安時代中期の女性歌人・和泉式部。紫式部からもその実力を認められながら、多くの男性と関係を持ち、時の権力者である藤原道長には「浮かれ女」と評されたことも。その華麗なる?遍歴と恋愛成就を祈願したというゆかりの地をご紹介します。
「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第11回は、実は美少年の園だった日本の有名な寺社仏閣を巡ります。今月公開する日中合作映画「空海 KU-KAI」の主人公、弘法大師空海が中国から持ち込んだといわれる日本の男色。ときに惑わし、ときに悟りへと導いた美しい稚児たちの秘密とは!?
つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

【本当は優しかった?】「平将門の乱」と平将門ゆかりの地

怨霊伝説で有名な平将門。実は日本史上に大きな業績を残しています。平安時代に武士団の脅威を朝廷に知らしめて貴族の社会から武士の社会へと移行するきっかけを作り、戦国時代には当たり前の騎馬戦の始まりも将門軍だったといいます。また怨霊のイメージとはうらはらに、とても優しい人物だったようです。将門の業績と怨霊化の要因となった「平将門の乱」と、加護のパワーを持つとされる将門ゆかりの地をご案内いたしましょう。
石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

石田三成に続け!? 戦国武将たちの面白ご当地PR動画まとめ

2016年3月に公開され、超絶話題にあった滋賀県の「石田三成CM」。それに続けとばかり、地元の偉人にちなんだPR動画が作られています。静岡県浜松市では2017年大河ドラマの主役である井伊直虎、岐阜では織田信長の岐阜城入城450年記念など、短いながら創意工夫が凝らされた傑作を集めました!思わず笑ってしまうので、電車の中で見るときはご注意ください。
京都のパワースポット!平安時代の陰陽師・安倍晴明公ゆかりの晴明神社

京都のパワースポット!平安時代の陰陽師・安倍晴明公ゆかりの晴明神社

平安時代に活躍した陰陽師・安倍晴明。映画や小説などで、その名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。その晴明公を祀るのが、京都にある晴明神社です。魔除け、厄除けにご利益があるとされ、今でもそのパワーにあやかろうと全国から参拝者が訪れています。今回は、そんな晴明神社にまつわるエピソードをご紹介しましょう。
陰陽師・安倍晴明、鬼退治伝説でも有名!「異界への入口」一条戻橋ゆかりの偉人たち

陰陽師・安倍晴明、鬼退治伝説でも有名!「異界への入口」一条戻橋ゆかりの偉人たち

京都には異界とつながっているといわれるスポットが点在していますが、その中でも特に有名なのが一条戻橋です。この橋は異界とのつながりだけでなく、橋の両側に有名な人物が居を構えたため、一層ミステリアスな存在になっています。人物とは、鬼退治をした源頼光と陰陽師こと安倍晴明。一条戻橋を舞台に起きたドラマをご紹介します。
金太郎最期の地も!頼光四天王の鬼退治譚とゆかりの地

金太郎最期の地も!頼光四天王の鬼退治譚とゆかりの地

平安時代の鬼・酒呑童子を退治したことで知られる源頼光。その四天王も勇猛な武者であり、平安時代から江戸時代に至るまで、書物や能など様々な形で伝説が語り継がれてきました。そんな4人にまつわる逸話と関連場所を、合わせてご紹介します。