河鍋暁斎と娘・暁翠の華麗なる父娘競演!「暁斎・暁翠伝」展
2018年4月25日 更新

河鍋暁斎と娘・暁翠の華麗なる父娘競演!「暁斎・暁翠伝」展

絵師の父娘といえば葛飾北斎とその娘・応為が浮かびますが、幕末から明治前半に活躍した絵師・河鍋暁斎にも、絵師になった長女・暁翠がいたんです。そんな河鍋父娘の作品が見られる「暁斎・暁翠伝」が東京富士美術館にて開催中。近年人気を集める暁斎の魅力と、娘に引き継がれた画業を網羅した展覧会をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

「画鬼」暁斎と、父の情熱を受け継いだ長女・暁翠

河鍋暁斎「横たわる美人と猫」河鍋暁斎記念美術館蔵

河鍋暁斎「横たわる美人と猫」河鍋暁斎記念美術館蔵

幕末から明治前半にかけて活躍した絵師・河鍋暁斎(きょうさい)。
自らを「画鬼」と称し、狩野派の絵師としてだけではなく、他の流派・画法も貪欲に取り入れ、幅広い作風を生み出しました。
その筆力、写生力は群を抜いており、海外でも高い評価を受けています。
弟子に鹿鳴館などの設計で知られるイギリスの建築家、ジョサイア・コンドルがいたことでも知られています。
河鍋暁翠「寛永時代美人図」 

河鍋暁翠「寛永時代美人図」 

河鍋暁斎記念美術館蔵
そんな河鍋暁斎の長女・暁翠(きょうすい)も、父と同じ絵師の道を選びます。
5歳のとき父に手本を与えられ、日本画の手ほどきを受けたとか。その手本を、暁翠は生涯大切に持っていたといわれています。
柔らかで色彩豊かな美人画や小児図を得意とし、ときには父・暁斎と同様の勇壮な、またユーモラスな作品を描きました。
さらに暁翠は、私立女子美術学校(現・女子美術大学)で女性初の日本画教師をつとめました。

父から娘へ、その孫に引き継がれた画業の数々

河鍋暁斎「美人観蛙戯図」河鍋暁斎記念美術館蔵

河鍋暁斎「美人観蛙戯図」河鍋暁斎記念美術館蔵

河鍋暁斎のひ孫で、暁翠の孫にあたる河鍋楠美さんが館長を務める河鍋暁斎記念美術館には、暁斎の非凡な技量をうかがわせる3000枚を超える下絵をはじめ、江戸末期から伝わる作品、資料が多く残されています。近年は研究が進み、暁斎の多彩な画業が明らかになってきました。

この展覧会では、暁斎の伝説的なエピソードとともに、断片的に紹介されてきた暁斎の魅力を総合的に展望。娘・暁翠に引き継がれ、さらに河鍋家に伝えられた画業が紹介されています。
河鍋暁斎「いせ辰千代紙 秋・赤」

河鍋暁斎「いせ辰千代紙 秋・赤」

河鍋暁斎記念美術館蔵

テキスタイルのような鮮やかな絵も!
狩野派の風格を感じさせる美人画から、歌川国芳のもとで学んだ写生力を発揮した動物画。妖気漂う幽霊画や妖怪画、ユーモアあふれる風刺画など、ひとりの人間が描いたのかと思うほど、暁斎が多彩であったことがわかります。

また、錦絵や能・狂言画で評価を受けた暁翠も、父と同様に幅広い才能を発揮していたことが実感できますよ。
河鍋暁翠「百猩々」

河鍋暁翠「百猩々」

河鍋暁斎記念美術館蔵
河鍋楠美さんによると、暁翠はとても大らかな人柄であったそう。
しかし、娘にも孫にも、画家になることはおろか、筆を持つことも禁じていたそうです。画業の苦しさを知っていたからなのでしょうか・・・。
そんな親子の情熱がつまった「暁斎・暁翠伝」にぜひ、足を運んでみてください。

「暁斎・暁翠伝ー先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄ー」

 (18510)

開催日:2018年4月1日(日)〜6月24日(日)
前期:4月1日(日)〜5月13日(日)
後期:5月15日(火)〜6月24日(日)
開催時間:午前10時〜午後5時
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜(祝日の場合は開館。翌平日休館)
開催場所:東京富士美術館
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

【始まりからサンタまで】日本初のクリスマスゆかりの地

日本におけるクリスマスの歴史は古く、天文21年(1552)、現在の山口市にあった教会で降誕祭のミサが行われたことが始まりとされます。その後、鎖国によって消えてしまいますが、明治期の禁教令の廃止と共に復活。やがて日本の冬を彩る一大イベントとして定着しました。今回は始まりから、日本初のサンタにケーキ、イルミネーションまで、初づくしのクリスマスとゆかりの地をご紹介します。
「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第4回は、次回大河ドラマ「西郷どん」の舞台、幕末・明治。新撰組局長、近藤勇も悩んだ、幕末・明治の男色隆盛の理由とは?
全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

全国から新選組ファンが大集結!「ひの新選組まつり」レポート

新選組副長・土方歳三が生まれた地であり、局長・近藤勇や沖田総司らが腕を磨いた天然理心流の道場があった東京・日野。彼らの故郷といえるこの地で、今年も「ひの新選組まつり」が5月12日(土)と13日(日)に開催されました。ファンなら参加せずにはいられない!メインとなる13日(日)の模様をお届けします。
西郷隆盛像の場所も戦場だった!上野戦争に散った彰義隊の墓

西郷隆盛像の場所も戦場だった!上野戦争に散った彰義隊の墓

いまや上野のシンボルともいえる西郷隆盛像。その近くに墓があるのをご存知でしょうか?鳥羽・伏見の戦いから始まった戊辰戦争のひとつ「上野戦争」は、1日で上野が焼け野原になるほど激しいものでした。この地にて壮絶に散ったのが彰義隊です。新選組隊士だった原田左之助も所属していた、彼らの墓をご紹介します。
第14回:大久保利通が暗殺された「紀尾井坂の変」【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第14回:大久保利通が暗殺された「紀尾井坂の変」【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第14回は、大久保利通が暗殺された「紀尾井坂の変」ゆかりの地。明治11年(1878)5月14日、現在の東京都千代田区紀尾井町清水谷で不平士族によって暗殺された大久保。今回は、大久保が自宅から暗殺場所まで馬車で通ったルートを当時の古地図とともにたどります。
函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

函館・五稜郭、松前城…土方歳三最期の地・北海道の足跡を辿る

『ゴールデンカムイ』『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー』など、コミック界で盛り上がりをみせる幕末・明治維新期の北海道。ここは旧幕府軍と新政府軍が激突した戊辰戦争の終焉地であり、旧幕府軍として戦った土方歳三の最期の地でもあります。北海道に上陸してから最期まで、土方の足跡を辿ります。
新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

新選組局長・近藤勇墓所と「新選組諸隊士供養祭」レポート

最期は板橋宿に連行され、斬首刑となった新選組局長・近藤勇。処刑の前日に移された場所には、近藤の墓とともに永倉新八による供養塔が建てられています。毎年、近藤の命日である旧暦4月25日または直前の日曜には供養祭が行われ、今年も4月22日(日)に開催されました。その模様と周辺にある近藤ゆかりの地をご紹介します。
富士山、夜桜…「生誕150年 横山大観展」を楽しむ5つの見どころ

富士山、夜桜…「生誕150年 横山大観展」を楽しむ5つの見どころ

日本画の新たな時代を切り開いた巨匠・横山大観の回顧展「生誕150年 横山大観展」が、東京国立近代美術館にて開催中。富士山をモチーフにした《群青富士》から代表作《夜桜》《紅葉》、初公開の作品まで、多様な作品が紹介されています。ファンはもちろん初心者でも楽しめる5つの見どころをご紹介します。
第13回:高杉晋作や攘夷志士たちも集った品川宿【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第13回:高杉晋作や攘夷志士たちも集った品川宿【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第13回は、高杉晋作ゆかりの地・品川宿周辺。高杉ゆかりの地といえば山口県下関市が有名ですが、東京にもゆかりの地があります。仲間たちと密議をしていた品川宿や、焼き討ち事件の現場・英国公使館跡など、今回は高杉を中心に、北品川の幕末維新史跡をご紹介します。