【明治を代表する洋館建築】三菱財閥3代目・岩崎久弥と旧岩崎邸庭園
2018年1月9日 更新

【明治を代表する洋館建築】三菱財閥3代目・岩崎久弥と旧岩崎邸庭園

岩崎弥太郎の長男で三菱第3代社長の久弥の本邸として造られた旧岩崎邸庭園(東京都台東区)。特に洋館は、鹿鳴館の建築家として知られるジョサイア・コンドルの設計で、様々な様式が織り交ぜられた繊細なデザインが特徴です。また、併置された和館との巧みなバランスや別棟のビリヤード室など、見どころ満載。そんな明治を代表する貴重な建築・旧岩崎邸庭園の見どころをご紹介します!

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

三菱財閥・岩崎家の本邸

岩崎久弥

岩崎久弥

岩崎久弥は、慶応元年(1865)に、岩崎弥太郎・喜勢夫妻の長男として土佐国に生まれました。明治27年(1894)に、三菱合資会社を設立し、社長に就任。叔父である第2代社長・弥之助によって進められた事業の近代化を発展させるとともに、新しい事業を起こして三菱の多角化を推進します。

明治29年(1896)に造られた久彌の本邸が、現在に残されているのが旧岩崎邸庭園です。もとは高田藩榊原家の江戸屋敷で、明治11年(1878)に弥太郎が元舞鶴藩知事の牧野弼成から購入します。当時は約1万5000坪の敷地に、20棟もの建物が並んでいましたが、現在は3分の1の敷地となり、現存するのは洋館、撞球室、和館の3棟です。
旧岩崎邸庭園 洋館(正面)

旧岩崎邸庭園 洋館(正面)

via 撮影:ユカリノ編集部
旧岩崎邸庭園のシンボルともいえる洋館。木造2階建て・地下室付きの建物は、鹿鳴館の建築家として有名な英国人ジョサイア・コンドルが設計しました。
ジャコビアンという17世紀の英国の様式の見事な装飾が随所にみられ、久弥の留学先である米国・ペンシルヴァニアのカントリーハウスのイメージも取り入れられているのが特徴です。
現在は、明治の代表的洋館建築として、古い煉瓦塀や芝生の庭園とともに国の重要文化財に指定されています。

設計者ジョサイア・コンドルとは?

ジョサイア・コンドル

ジョサイア・コンドル

ジョサイア・コンドルとは、政府のお雇い外国人として来日したイギリス人建築家です。彼は工部大学校(現・東大工学部建築学科)で教鞭を取り、数々の日本人建築家も育てました。そして日本人と結婚し、日本に骨を埋めています。
明治27年(1894)、日本初のオフィスビルである三菱一号館を竣工。その後も政財界の重鎮や皇族の居宅、教会堂など、多くの建築物を手がけました。
現在では、旧岩崎邸庭園の他に、日本正教会の聖堂・ニコライ堂(千代田区)、旧古河庭園(北区)、レプリカで復元された三菱一号館(千代田区)などが見られます。

旧岩崎邸庭園の見どころ

旧岩崎邸庭園 入口

旧岩崎邸庭園 入口

開園時間:午前9時〜午後5時
※最終入園は閉園の30分前まで
休園日:年末年始
入園料:400円
※館内の撮影は平日のみ可
via 撮影:ユカリノ編集部
旧岩崎邸庭園の最寄駅は東京メトロ湯島駅で、徒歩3分ほど。上野広小路駅や本郷三丁目駅、JR御徒町駅からも徒歩10〜15分と、アクセスがいいのも魅力。近くには湯島天神や不忍池もあり、周囲を散歩しながらめぐるのもおすすめです。
洋館横にあるガイドツアー集合場所

洋館横にあるガイドツアー集合場所

旧岩崎邸庭園では毎日、午前11時と午後2時に無料のガイドツアーが行われています(約60分)。初めての方はぜひ、ご利用ください。
※5月4日、8月1日~31日、10月1日は休み
via 撮影:ユカリノ編集部
主に年1回の岩崎家の集まりや外国人、賓客を招いてのパーティなど、プライベートな迎賓館として使用された洋館。
ジャコビアン様式をベースに、イギリスのルネサンス様式、イスラム風のモチーフなど、様々な様式が巧みに混ざり合った建物は、当時のままの雰囲気を漂わせています。
洋館(東側)

洋館(東側)

via 撮影:ユカリノ編集部
洋館(南側)

洋館(南側)

洋館南側のベランダは、東南アジアの植民地などで発達したコロニアル様式を踏襲。
via 撮影:ユカリノ編集部
37 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

意外な場所に○○が!?創設者・福沢諭吉の軌跡が残る慶応義塾大学三田キャンパス

慶應義塾大学創設者であり、『学問のすゝめ』の著者で知られる福沢諭吉。1万円札の肖像でもおなじみですね。東京都港区にある慶應義塾大学の三田キャンパス内やその周辺には、諭吉ゆかりの地が多数あります。受験シーズンも近い今、キャンパス見学も兼ねて、探索してみませんか?
津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

明治政府がスタートして間もない明治4(1871)年、岩倉具視を正使とした岩倉使節団が欧米へ派遣されました。その数107名の大所帯、大久保や桂、伊藤といった新政府の首脳までもが含まれていたこの一行は、欧米で多くを見聞きして帰国しました。彼らの目的と日本に与えた影響とは?また、使節団のメンバーが後に成し遂げた功績もご紹介します。
教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

教科書で見た資料がズラリ!国立公文書館の明治150年特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」

2018年は明治150年の記念の年。東京・国立公文書館では特別展「躍動する明治-近代日本の幕開け-」が開催中です。明治に突入し、日本は欧米諸国の制度を取り入れた急速な近代化を進め、目まぐるしい変化を遂げました。そんな明治期の日本の歩みを貴重な資料とともに振り返る本展から、「教科書で見た!」と言いたくなる見どころを厳選してレポートします。
日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

日本銀行本店が建つ場所は、江戸の昔から“お金”とゆかりのあるところだった

10月10日は日本銀行開業の日。そこで日本銀行本店の中を見せてもらえる「一般見学コース」を体験してきました。歴史を感じる素晴らしい建物。そして日銀が担う大切な役割。さらにここがお金と大変ゆかりのある地だということもわかりました。まさに、見て・楽しんで・学べる、歴史好きの方々におススメしたい見学ツアーです。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

明治天皇と乃木希典、明治の精神にふれるゆかりの神社巡り

今年は明治維新150年という節目の年。明治45(1912)年9月13日は、その明治という時代と共にあった明治天皇の大喪が行われた日、そして乃木希典・静子夫妻が殉死した日にあたります。今回は明治天皇と乃木希典、そして二人の人徳を今に伝える明治神宮と乃木神社をご紹介します。
明治期の外交に尽力した「カミソリ大臣」陸奥宗光、その辣腕とゆかりの地

明治期の外交に尽力した「カミソリ大臣」陸奥宗光、その辣腕とゆかりの地

「カミソリ大臣」と呼ばれた外務大臣・陸奥宗光。その辣腕ぶりは坂本龍馬にも評価され、日本の外交の先頭で不平等条約の改正などに奔走しました。「鹿鳴館の華」と呼ばれた美貌をもつ妻・亮子ら家族と過ごした邸宅など、宗光ゆかりの地とともに、彼の外交エピソードをご紹介します。
藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

藩主自ら脱藩!?「最後の大名」林忠崇の戊辰戦争【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第18回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第18回は、昭和まで生きた最後の大名・林忠崇ゆかりの地。請西藩の第3代藩主でありながら、大名自らが脱藩してしまうという異色の経歴を持つ稀有な人物でもあります。あまり知られていない人物ではありますが、彼の戊辰戦争の軌跡を辿れば、きっと興味がわくはずですよ。
【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

明治政府の「お雇い外国人」ジョサイア・コンドル。コンドルは明治新政府関係の建造物を手がけた建築家であり、日本における新進気鋭の建築家を育成することにも尽力しました。また、日本文化をこよなく愛した日本通でもあったのです。今回は、今もまだ見ることができるコンドルゆかりの建築物をご紹介します。
日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第15回】

日本警察の父・川路利良ゆかりの品とその軌跡【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第15回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第15回は、現在の警視総監にあたる初代大警視・川路利良ゆかりの地。川路ゆかりの品が多く展示されている東京の警察博物館を中心に、出生地・鹿児島にある銅像まで、その生涯を辿ります。