土佐の出来人といえば!高知県にある戦国武将・長宗我部元親ゆかりの地
2017年5月16日 更新

土佐の出来人といえば!高知県にある戦国武将・長宗我部元親ゆかりの地

今年人気の四国旅行。温暖な気候と、温泉や各県の美味しい名産品もあり行きたくなる要素満載なんです。なかでも歴史好きにとって四国といえば土佐の戦国大名・長宗我部元親は外せませんよね。「土佐の出来人」として有名な元親ゆかりの地をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回ご紹介する長宗我部元親ゆかりの地はこちら

・若宮八幡宮
・長宗我部元親初陣像
・雪渓寺
・高知県立歴史民俗資料館(岡豊城跡)
・長宗我部元親の墓
・一領具足供養の碑

四国の雄・長宗我部元親

長宗我部元親

長宗我部元親

土佐一国を統一する大名に成長し、土佐の出来人と呼ばれた元親公。
長宗我部元親は、天文8(1539)年、長宗我部国親の嫡男として土佐の岡豊城で生まれました。幼い頃は大人しすぎて家臣から嘆かれたほどですが、初陣を飾ってからは別人のように武勇を発揮し、土佐を統一します。その後、阿波・讃岐・伊予へと侵攻し、四国全土を手中にしました。豊臣秀吉に臣従すると領土は土佐一国のみとなりましたが、四国の雄としての存在感を十分に発揮していました。

元親出陣の地!若宮八幡宮と長宗我部元親初陣像

若宮八幡宮

若宮八幡宮

via 撮影:ユカリノ編集部
幼少時の元親は色白で大人しく、一国を背負う主になるにはとても頼りなかったため、人々は「姫若子」と囁き合うほどでした。初陣も22歳と遅かったのですが、その時に元親は周囲が驚くほどの武勇を発揮したのです。そして誰も彼を姫若子と呼ぶことはなくなりました。
この初陣前夜、元親が戦勝祈願をしたのが若宮八幡宮です。以後、元親は戦の度にここで祈願を行うようになりました。
また、ここには「長宗我部元親初陣像」があります。手にした槍は長さ5mもあり、もう片方の伸ばした手で四国を掴み取ろうという姿なんだそうですよ。本当にカッコいいので、ぜひ訪れてみて下さい。
「超カッコいい!長宗我部元親初陣像」

「超カッコいい!長宗我部元親初陣像」

興奮して、360度全方位から撮影してしまいました(笑)
via 撮影:ユカリノ編集部
カッコイイ元親像は、若宮八幡宮で絵馬にもなってます。

カッコイイ元親像は、若宮八幡宮で絵馬にもなってます。

via 撮影:ユカリノ編集部
御朱印もいただきました。

御朱印もいただきました。

他にも長宗我部の家紋が入った御守りもあります。
via 撮影:ユカリノ編集部
49 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

長宗我部元親がひとり気を吐く四国の銅像事情「ニッポン銅像探訪記 第10回:四国の名城」

長宗我部元親がひとり気を吐く四国の銅像事情「ニッポン銅像探訪記 第10回:四国の名城」

めでたく、本連載も10回目を迎えることができました。読者のみなさま、全国の銅像ファンのみなさま、いつもありがとうございます! そこでこれまでの連載を見返していたのですが、なんと第1回の龍馬(高知編)以降、四国の銅像を1体も取り上げていないことが発覚!これは四国の読者と銅像に対して失礼です。そこで今回は「名城と英雄像」シリーズの第2弾として、四国のお城を巡って行きましょう。
元親公ゆかりの地!高知・若宮八幡宮宮司が語る「長宗我部まつり」

元親公ゆかりの地!高知・若宮八幡宮宮司が語る「長宗我部まつり」

長宗我部氏ゆかりの地・高知県で毎年5月に行われる「土佐 長宗我部の陣」。今年もフェスとまつりの2本立て、高知県立歴史民俗資料館と若宮八幡宮で開催されます。まつりの開催地であり、長宗我部元親公ゆかりの地でもある若宮八幡宮の宮司さん自ら、まつりの見どころを教えてくださいました。まつり限定の御朱印も必見です!
武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

加藤なら清正、というイメージが強いかと思いますが、忘れてはいけないのが加藤嘉明です。豊臣秀吉子飼いの武将として「賤ヶ岳の七本槍」に数えられ、また淡路水軍を率いて海戦でも活躍するなど、その武勇はかなりのものでした。寛永8年(1631)9月12日に亡くなった加藤嘉明の彼の人生と、松山城をはじめとするゆかりの地をご紹介します。
戦国の革命児・織田信長! 銅像でたどる覇王の生涯「ニッポン銅像探訪記 第7回:織田信長像」

戦国の革命児・織田信長! 銅像でたどる覇王の生涯「ニッポン銅像探訪記 第7回:織田信長像」

「有史以来、もっとも有名な日本人は誰か?」なんて国民調査は行われたことがないですが、行われれば間違いなくTOP3には入る人物なのが、今回紹介する織田信長。「天下人」「魔王」「麒麟児」「革命家」など彼を讃える称号は多くありますが、どんな言葉であってもその範疇に収まらないほど、日本人として規格外の人物でした。今も日本人が大好きな人物ゆえ、銅像も数多く残っています。今回は彼の略歴や居城の変遷を追いかけながら、覇王の像を紹介していきましょう。
よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

よみがえる日本史名シーン!一騎打ち銅像3番勝負!!「ニッポン銅像探訪記 第6回:一騎打ち銅像」

全国津々浦々に存在する英雄像。数でいったら大多数は単体の銅像なのですが、この連載でも紹介した「坂本龍馬&中岡慎太郎」や「維新の門像」のように、カップル像や群像の像も多く存在します。そんな複数像の中でも変わり種といえるのが、一騎打ちを描いた銅像でしょう。わざわざ一騎打ちのシーンを選んで銅像化したというのは、その対決が世間一般にも有名で広く浸透しているという証し。単体の銅像を造るよりも単純に2倍の予算がかかるわけで、そのためか、どの一騎打ち像も力のこもった秀作揃いです! そんな日本史名シーンを描いた一騎打ち像を、3番勝負+特別試合で紹介しましょう。いま、対決のゴングが打ち鳴らされます!!! カーン、カーン、カーン!
【築城の名手は転職名人!?】藤堂高虎ゆかりの城とターニングポイント

【築城の名手は転職名人!?】藤堂高虎ゆかりの城とターニングポイント

「築城の名手」とよばれた戦国武将・藤堂高虎。豊臣秀吉や徳川家康に才能を買われ、数多くの築城に関わりました。一方で、7度も主君を変えた「裏切者」という評価もついて回ります。高虎が人生の岐路に関わった名城をたどりながら、たくましく生きた人生をたどってみましょう。
戦国武将ゆかりの地「戦国の城」をとことん楽しむ方法

戦国武将ゆかりの地「戦国の城」をとことん楽しむ方法

「戦国の城」と言えば、天守も石垣もある立派な城を思い浮かべる人も多いはず……ですが、戦うために作られた「土の城」を知れば、戦国時代がもっと楽しくなります。初心者もOK、全国無数にある戦国武将ゆかりの「土の城」の魅力をご紹介します。
都心からのアクセス抜群の歴史スポット!北条五代・風魔忍者ゆかりの地、神奈川県小田原市

都心からのアクセス抜群の歴史スポット!北条五代・風魔忍者ゆかりの地、神奈川県小田原市

東京からのアクセスが良い神奈川県小田原市。シンボルの小田原城は平成の大改修が行われ、より気軽に行ける歴史スポットとして歴史ファンには嬉しいところです。戦国時代、関東一円を支配した後北条氏の拠点であり、市内にはゆかりの地がたくさんあります。
【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

大内義隆に仕え、少年の頃はその美貌で寵愛を受けた武将・陶晴賢。長じて大内家の重臣となった彼は、やがて主に刃を向けることになります。しかし、下剋上を果たした彼の勢いは長くは続きませんでした。今回は、陶晴賢の生涯とゆかりの地をご紹介します。
新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第5回は「関ヶ原の戦い」です。岐阜県関ケ原町を舞台に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)勃発した、天下分け目の戦い。今回はその戦いの舞台となった、東軍西軍の武将たちの陣跡を足軽さんと巡ります。話題の新説による布陣を現場検証してみると…?