あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ
2016年11月30日 更新

あの名シーンを再現!?大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地まとめ

大人気2016年大河ドラマ「真田丸」。劇中で主人公の真田幸村(信繁)と、彼を取り巻く真田一族や戦国武将たちによる数々の名シーンの舞台となったゆかりの地をまとめてご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

2016年度NHK大河ドラマ「真田丸」もついにクライマックス。
あのシーンではあの武将がこうだった、なんて懐かしい思いもこみ上げて来ませんか?今回はそんな「真田丸」ゆかりの地をシーン別にまとめました。ぜひ思い出しながら読んでみてくださいね。

今回ご紹介する「真田丸」ゆかりの地はこちら

・備中松山城(岡山県高梁市)
・上田城跡公園(長野県上田市)
・小田原城(神奈川県小田原市)
・新町薬師堂(栃木県佐野市)
・善名称院/真田庵(和歌山県九度山町)
・三光神社(大阪府天王寺区)

OP映像に登場していた「備中松山城(岡山県高梁市)」

「天候と季節によっては雲海も発生する備中松山城」

「天候と季節によっては雲海も発生する備中松山城」

ストリングスの荘厳な調べと共に姿を表す山城・・・
険しい岩山の上に立つそれは、見た目ですでに難攻不落を思わせます。

この城は、岡山県高梁市にある「備中松山城」です。
戦国時代は三村元親の居城でしたが、後に毛利氏の領有となりました。
標高430mの場所にあるこの城は、全国の山城では唯一天守が現存しています。

備中松山城

「真田丸」のオープニングを思い出しちゃうかも?
なぜ真田丸のオープニングに採用されたかというと、岩山の上に立つ堅牢な姿が、真田氏の岩櫃城を思わせたからだそうですよ。CGで六文銭旗などが加工されて見事な真田の城に変身し、カッコいいオープニングの中心になっていますね。

真田氏自体とは関連のない城なのですが、「真田丸」ファンには嬉しい場所のはずです!

数々の真田家の物語が刻まれた「上田城跡公園(長野県上田市)」

「真田丸ファンならば一度は行ってみたい上田城跡公園」

「真田丸ファンならば一度は行ってみたい上田城跡公園」

真田昌幸によって築城され、第一次・第二次上田合戦では徳川軍を二度にわたり撃退したことで難攻不落の城と言われています。
真田丸ファン、戦国ファンなら誰もが知っている真田の本拠地・上田城。現在は上田城跡公園となっています。真田氏の上田城は、昌幸と信繁が九度山に流された後に破却されたため、仙石氏が再建しました。

真田丸では特に、第一次上田合戦の時の昌幸の大活躍とカッコ良さが思い出されますよね。一方で、信繁が最初に愛した女性・梅の死が衝撃的でした・・・。

信繁の青春が描かれた頃、登場人物たちがいちばん人間臭く、明るく、躍動していた場所でもあります。そんなことを思うと懐かしくなりますよね。

東虎口櫓門右手石垣にある「真田石」は要チェック

真田石

真田石

高さ約2.5m×幅約3mの大石。信之(信幸)が松代城移封にあたり父・昌幸の形見として持っていこうとしたところ、微動だにしなかったという言い伝えが残っています。
43 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~真田幸村編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地、2回目は2016年に大ブームを起こした真田幸村編です。幸村ゆかりの土地は主に3か所。真田家の自領である長野県上田市、関ヶ原の戦いで敗軍の将となり幽閉された和歌山県九度山町、そして終焉の地・大阪府大阪市です。この3つの地でいただける真田幸村ゆかりの御朱印をご紹介いたします!
大坂の陣で信繁は使っていない?真田の「六連銭」本当の意味【家紋のルーツ:第3回】

大坂の陣で信繁は使っていない?真田の「六連銭」本当の意味【家紋のルーツ:第3回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は真田の六連銭です。2016年大河ドラマ『真田丸』で一躍有名となった真田家の家紋は、本来は六連銭、しかも幸村(信繁)は大坂の陣で使っていなかった?気になる六連銭のルーツに迫ります。
真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬…超有名人を討ち取った!?知られざる「実行犯」たち

真田幸村、坂本龍馬など、討死や暗殺によって最期を遂げた有名人を討ち取った「実行犯」に迫る書籍『あの方を斬ったの…それがしです-日本史の実行犯-』が3月19日(月)に発売!討ち取られた人物に比べるとマイナーな彼らは、どんな人物だったのでしょうか?本書の著者で歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルさんに、書籍の中からとくにおすすめの3人をご紹介いただきました。
大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート

大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート

長野県上田市真田町にある山家神社は、真田氏が崇敬した神社として知られています。今年2月3日に開催された「山家神社節分祭」では歴史タレント・小栗さくらが参加。大河ドラマ「真田丸」の出演者の方と共に、大いに盛り上がった当日の様子をレポートします。拝殿の儀式など、貴重な場面も見られますよ。
真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

真田幸村の血は途絶えてない!仙台真田家ゆかりの地・白石蔵王

慶長20年(1615)の大坂夏の陣にて討死した真田幸村。嫡男大助も翌日自刃し、戦国時代は終わります……が、真田幸村の血はそこで終わってはおりません。幸村の遺児は伊達家家臣片倉小十郎重長にかくまわれ、白石・蔵王にて脈々とその血を引き継いでいったのです。今回は白石・蔵王に残る仙台真田家ゆかりの史跡をご紹介。仙台真田家だけでなく、幸村の子に随行した家臣についてもご紹介いたします。
あの戦国武将たちも愛した!ゆかりの隠し湯で伝説と史跡を巡りたい

あの戦国武将たちも愛した!ゆかりの隠し湯で伝説と史跡を巡りたい

かつて武士たちは戦いに明け暮れる日々を過ごしていました。合戦といえば怪我がつきもの。そんな武士たちの傷を癒やすために各国の領主たちが使わせたのが「隠し湯」といわれる温泉です。そんな隠し湯と周辺のゆかりの地をご案内いたします。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月7日は天王寺・岡山の戦いの日にあたります。歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫る本連載。第2弾は「天王寺・幸村終焉の地」編です。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【「真田丸」編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【「真田丸」編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月6日は道明寺・誉田の戦い、八尾・若江の戦いの日にあたります。この連載では歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫ります。第1弾は「真田丸」があったとされるゆかりの地です。
明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

明智光秀の娘・細川ガラシャ(明智玉)の壮絶な人生とゆかりの地

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀の娘である玉こと細川ガラシャは、父に負けず劣らずの壮絶な人生を歩みました。父の謀反により、幸せな結婚生活から一転。幽閉生活まで経験した彼女の人生とゆかりの地、さらに8/4から熊本県立美術館で開催される展覧会「細川ガラシャ」の見どころをいち早くご紹介します。
戦国武将たちも好んで食べた、お茶漬けの原型「湯漬け」

戦国武将たちも好んで食べた、お茶漬けの原型「湯漬け」

ご飯に湯をかける「湯漬け」は、手早く食べられることもあり、戦国武将に好まれていました。大河ドラマ『真田丸』で、北条氏政の汁かけ飯のシーンを覚えている方も多いのではないでしょうか。今回は、武将も好んで食べた「湯漬け」にまつわるエピソードと、その後お茶漬けがどのように誕生したのかをご紹介します。