近藤、土方たちのルーツをたどる!新選組ゆかりの地めぐり【東京編】
2016年12月16日 更新

近藤、土方たちのルーツをたどる!新選組ゆかりの地めぐり【東京編】

数々の映画や小説、大河ドラマや漫画・ゲームの題材になるなど、人気抜群の新選組。浅葱色のダンダラ模様が特徴的です。特に女性人気も高く、ゆかりの地を巡るファンも多いですよね。幕末、彼らの活躍の場は主に京都でしたが、近藤勇や土方歳三、沖田総司など中心メンバーは若かりし頃を江戸で過ごしました。今回は、東京にある新選組ゆかりの地をご紹介します。

ユカリノ編集部ユカリノ編集部

今回ご紹介する新選組ゆかりの地【東京編】はこちら

・日野宿本陣(東京都日野市)
・土方歳三資料館(東京都日野市)
・高幡不動尊金剛寺(東京都日野市)
・龍源寺(東京都三鷹市)
・近藤勇と新選組隊士供養塔(東京都板橋区)

近藤、土方、沖田…主要メンバーは東京出身

新選組の主要なメンバーは、近藤勇が武蔵国多摩郡上石原村(調布市)、土方歳三は石田村(日野市)、井上源三郎が日野宿北原(日野市)、沖田総司が江戸白河藩屋敷(港区西麻布)など、現在の東京に当たる地域で生まれ育っています。

彼らが集った試衛館は江戸市谷甲良屋敷(新宿区)にありましたし、墓や菩提寺などの多くも東京にあります。そのため、東京は新選組とはゆかりの深い土地となるわけですね。

まさにルーツ!若き隊士が剣を競い合った日野宿本陣(東京都日野市)

「江戸期の佇まいを残す日野宿本陣」

「江戸期の佇まいを残す日野宿本陣」

参勤交代の大名が宿泊する「本陣」として、江戸期の建物が都内で唯一残っているのが日野宿本陣です。日野宿は江戸への物流の要衝として、宿場町として栄えていました。

ここの名主・佐藤彦五郎は土方の姉を娶っており、近藤の養父・周助の門人でもありました。そのため彼はこの一角に道場を開き、近藤や土方・沖田らの出稽古を迎えたそうです。

つまり日野宿本陣は、剣術の腕を磨き合った彼らが汗を流し、語らった場所。
まさに新選組のルーツとも言える場所なんです。

土方ファンの聖地、ゆかりの品々も展示!土方歳三資料館(東京都日野市)

「土方の兄・喜六の子孫の方が運営している土方歳三資料館」

「土方の兄・喜六の子孫の方が運営している土方歳三資料館」

土方歳三資料館は、土方の生家を資料館とした土方ファンの聖地です。

土方が松平容保から拝領し生涯を共にした愛刀・和泉守兼定(年1回公開)が収蔵されていますし、池田屋事件で着用していたという鎖帷子もあります。
資料館入口には、幼い土方が相撲の稽古をしたという大黒柱が梁となって残っています。また、武士になって名を挙げようという思いを込めて彼が植えた矢竹も、まだ庭先で頑張っています。
戦い以外での彼の姿を垣間見ることができますよ。

ただし、月2回ほどしか開館していないので、足を運ぶ際は事前にHPをチェックしてくださいね。
43 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユカリノ編集部

ユカリノ編集部

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します! 公式

関連する記事 こんな記事も人気です♪

隊士たちの駆け抜けた跡が残る街!新選組ゆかりの地めぐり【京都編】

隊士たちの駆け抜けた跡が残る街!新選組ゆかりの地めぐり【京都編】

ダンダラ模様の入った浅葱色の羽織と「誠」の字が入った隊旗をシンボルに、幕末の京の街を闊歩した新選組。彼らの輝きと足跡がしっかりと刻まれた京都で、ゆかりの地を巡ってみましょう。
【 大政奉還150周年記念 】二条城もライトアップ!10月の幕末維新イベントまとめ

【 大政奉還150周年記念 】二条城もライトアップ!10月の幕末維新イベントまとめ

幕末維新150周年の今年。特に10月14日(慶応3年)は大政奉還の日とあって、10月は日本各地で幕末維新関連のイベントが開催されます。大政奉還の舞台となった京都や、龍馬の出身地・高知はもちろん、それぞれの国で起こった出来事や行動を起こした人物の貴重な史料が紹介されるなど、さまざまな角度から幕末維新を知ることができます。この貴重な機会に、ぜひ足を運んでみませんか?
新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」

新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第4回は、次回大河ドラマ「西郷どん」の舞台、幕末・明治。新撰組局長、近藤勇も悩んだ、幕末・明治の男色隆盛の理由とは?
『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

『西郷どん』劇団ひとりの演技も話題!ジョン万次郎の波乱万丈すぎる生涯

日本人で最初にアメリカの地を踏んだといわれるジョン万次郎。大河ドラマ「西郷どん」では劇団ひとりさんが演じ、話題になっています。島津斉彬や坂本龍馬に影響を与え、黒船来航時には幕府にも貢献するなど、幕末維新になくてはならなかった万次郎。その波乱の生涯と共に、ゆかりの地をご紹介します。
2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年大河ドラマ『西郷どん』ゆかりの地まとめ

2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』。主役の西郷隆盛ゆかりの地といえば薩摩(鹿児島県)が有名ですが、幕末維新の舞台・京都や東京など、その軌跡は全国各地に残っています。また明治維新150年の今年、西郷だけでなく幕末志士たちゆかりの地では記念イベントや施設が続々誕生。今までたくさん掲載した「西郷どん」関連記事をまとめました。今年の歴史旅の参考にどうぞ!
西郷隆盛の盟友たちのお墓参りへ【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第5回:「青山霊園」薩摩編

西郷隆盛の盟友たちのお墓参りへ【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第5回:「青山霊園」薩摩編

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第5回は、幕末維新期に活躍した志士たちの多くが眠る「青山霊園」(東京都港区)。今回は特に大久保利通や精忠組など、西郷隆盛の盟友たちのお墓を、西郷との関わりと共にご紹介します。大河ドラマ「西郷どん」ではどう描かれるのか?お墓参りに行けば、彼らをより身近に感じられるはず。
【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

【 理想の上司!?】兄・隆盛に劣らず有能だった!西郷従道の生涯

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の主人公・西郷隆盛は、日本人では知らぬものがいないほどの有名人。その実弟である従道にはいまいち光が当たっていませんでしたが、実は兄に負けじと有能だったのです。「西郷どん」では錦戸亮さんが演じることが決定し、さらに注目度が高まる従道の生涯とゆかりの地をご紹介します。
『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

『西郷どん』放映記念!身も心もでっかい西郷像に会いに行く「ニッポン銅像探訪記 第12回:西郷隆盛像」

2018年の大河ドラマの主人公は、倒幕と維新政府樹立の立役者である西郷隆盛。自殺未遂や江戸城無血開城などエピソードも豊富なことでも知られています。仲間の信頼も厚く、最後は西南戦争で明治新政府に弓を引いたにもかかわらず、当時から現在まで広く民衆に支持されている人物です。そんな人気を反映して、幕末の志士では坂本龍馬に次ぐ数の銅像が伝わっています。『西郷どん』放映を記念して、西郷隆盛像を紹介しましょう。
【京都守護職として活躍】幕末の会津藩主・松平容保ゆかりの地

【京都守護職として活躍】幕末の会津藩主・松平容保ゆかりの地

幕末の会津藩主・松平容保。動乱の中で京都守護職となり、孝明天皇と徳川家茂の公武合体政策を支え、京都の治安維持に貢献します。大政奉還後は、朝敵とされながら新政府軍と戦った、悲劇の藩主でもありました。新選組や、白虎隊との繋がりも深かった松平容保の生涯とゆかりの地を紹介します。
新選組隊士のご子孫も大集合!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第1回:土方歳三の聖地・多摩をめぐる

新選組隊士のご子孫も大集合!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第1回:土方歳三の聖地・多摩をめぐる

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。記念すべき第1回は、新選組副長・土方歳三の出身地である日野(東京都)をご案内。ファンにとっては「聖地」であり、歳三や井上源三郎のご子孫もいらっしゃる日野の魅力を丸ごとお届け!さらに天然理心流ゆかりの府中もご紹介します。