ユカリノ編集部

ユカリノ編集部 公式

お気に入り数:4

全国各地の「ゆかりの」エピソードをほぼ毎日お届け。知ればもっと行きたくなる、歴史の聖地巡礼へご案内します!

このユーザーをフォローする

人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

人気歴史コミック『応天の門』展が天神様ゆかりの地・太宰府天満宮で開催

学問の神様として親しまれる菅原道真公。その若き道真公を描いた人気歴史コミック『応天の門』展が、平成30年12月8日(土)からゆかりの地・福岡県の太宰府天満宮で開催されます。漫画ファンも歴史ファンも必見です!
「頑固一徹」の由来!信長にも一目置かれた武将・稲葉一鉄とは?

「頑固一徹」の由来!信長にも一目置かれた武将・稲葉一鉄とは?

「頑固一徹」という言葉は、日本人なら馴染みのある言葉だと思います。実は、この言葉は稲葉一鉄という武将が語源といわれていることをご存知でしょうか。あの織田信長相手にも頑固を通した、剛毅な勇将の生涯とゆかりの地をご紹介します。
映画化にカフェ…今も地元・小田原で慕われる二宮金次郎

映画化にカフェ…今も地元・小田原で慕われる二宮金次郎

多くの学校に設置されている二宮金治郎(尊徳)の銅像。彼が本当に薪を背負って歩きながら本を読んでいたかは不明ですが、その勤勉な姿勢は金治郎の人生から読み取ることができます。今回は二宮尊徳の生涯とゆかりの地である神奈川県小田原市の“金次郎スポット”を中心にご紹介します。
【不遇の時を越え…今改めて注目】現当主が語る足利家の歴史

【不遇の時を越え…今改めて注目】現当主が語る足利家の歴史

近年、『応仁の乱』や『観応の擾乱』といった書籍の人気もあり、あらためて注目が集まる足利将軍家。その歴史は今日までどのように続いてきたのでしょうか。そこで今回は「全国足利氏ゆかりの会」特別顧問であり、足利家28代当主である足利義弘氏に、歴史タレント・小栗さくらさんがインタビュー。足利氏の菩提寺である京都・等持院で貴重なお話しを伺いました。
おりょう、さな子…龍馬亡き後も想い続けた女性たち

おりょう、さな子…龍馬亡き後も想い続けた女性たち

慶應3(1867)年11月15日、近江屋で暗殺された坂本龍馬。男も女も惚れる人柄だったという龍馬の人生には、常に女性たちの影がありました。龍馬を知る彼女たちは、彼の死後どんな道をたどったのでしょうか。彼女たちのその後とゆかりの地をご紹介します。
誇れ、埼玉県民!歴史に名を刻んだ埼玉出身の偉人たち

誇れ、埼玉県民!歴史に名を刻んだ埼玉出身の偉人たち

11月14日は埼玉県民の日です。漫画「翔んで埼玉」がついに映画化の運びとなり、いま大注目の埼玉。今回は、そんな埼玉が輩出した日本の偉人たちとゆかりの地をご紹介。もう「ダサイタマ」なんて言わせない!?埼玉県民が誇るべき埼玉県出身の人物とは…
愛されて9周年!名古屋城で「名古屋おもてなし武将隊」結成記念祭り&限定コラボ開催

愛されて9周年!名古屋城で「名古屋おもてなし武将隊」結成記念祭り&限定コラボ開催

名古屋城を拠点に活動中の人気武将隊「名古屋おもてなし武将隊®」。11月23日(金・祝)にはその結成9周年を記念した「9周年祭」が開催されます。あわせて、11月いっぱいは名古屋城で関連イベントやコラボ企画も実施中!武将隊を祝うとともに、盛り上がる名古屋を一緒に楽しみませんか?
津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

津田梅子も最年少6歳で留学!岩倉使節団のメンバーによる帰国後の功績

明治政府がスタートして間もない明治4(1871)年、岩倉具視を正使とした岩倉使節団が欧米へ派遣されました。その数107名の大所帯、大久保や桂、伊藤といった新政府の首脳までもが含まれていたこの一行は、欧米で多くを見聞きして帰国しました。彼らの目的と日本に与えた影響とは?また、使節団のメンバーが後に成し遂げた功績もご紹介します。
紅葉と歴史が気軽に楽しめる!この秋行きたい都内の大名庭園

紅葉と歴史が気軽に楽しめる!この秋行きたい都内の大名庭園

秋といえば、やはり紅葉を楽しみたいですよね。東京都内には紅葉の名所として人気の大名庭園がいくつもあります。なかには期間限定のライトアップが楽しめる庭園や、紅葉めぐりのスタンプラリーなど関連イベントも。秋と歴史を感じられる、おすすめの大名庭園めぐりをご案内します。
"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

"小江戸"川越の礎を築いた「知恵伊豆」こと松平信綱

徳川家光・家綱に仕えた老中・松平信綱。その聡明さから「知恵伊豆」と呼ばれました。彼がいたからこそ、この時代が保たれたといっても過言ではありません。そんな信綱の才覚と業績を紹介すると共に、彼が礎を築いた川越のまちをご紹介します。
【鳥取城渇え殺し】城兵の命と引き換えに自刃した吉川経家

【鳥取城渇え殺し】城兵の命と引き換えに自刃した吉川経家

羽柴秀吉による中国征伐では、水攻めや兵糧攻めといった作戦が多く用いられました。毛利方の武将・吉川経家が守った鳥取城もまた、壮絶な兵糧攻めの対象となったことで知られています。飢餓状態に追い込まれた城内の人々を前に、自らの命を引き換えに彼らの助命を願い出た経家。秀吉にも惜しまれた勇敢なる武将・吉川経家のゆかりの地をご紹介します。
謙信の愛刀・国宝「山鳥毛」備前長船へ里帰りなるか?瀬戸内市のクラウドファンディングが11月より受付開始

謙信の愛刀・国宝「山鳥毛」備前長船へ里帰りなるか?瀬戸内市のクラウドファンディングが11月より受付開始

岡山県瀬戸内市では、備前刀の最高峰である国宝「山鳥毛」が、生まれ故郷である日本刀の聖地・備前長船の地に里帰りするためのプロジェクトを開始。市民の税金に頼らず、同刀の評価額「5億円」の資金調達を目標に、市として初となる国内外に向けたクラウドファンディングを2018年11月1日(木)より開始すると発表しました。
温泉好きの西郷&龍馬も滞在した鹿児島・日当山温泉【『西郷どん』スポットめぐり】

温泉好きの西郷&龍馬も滞在した鹿児島・日当山温泉【『西郷どん』スポットめぐり】

温泉好きで知られる「西郷どん」こと西郷隆盛。西郷が愛した温泉のひとつが、鹿児島県霧島市にある日当山温泉です。鹿児島空港からすぐ近く、県外から訪れた方も気軽に立ち寄ることができおすすめの西郷ゆかりの湯。近くにある日本最大の西郷像が建つ「西郷公園」とあわせ、歴史タレント・小栗さくらさんがセットでご案内します。
気になる『平成』の次は?史跡足利学校の企画展「元号」で新元号を予想しよう

気になる『平成』の次は?史跡足利学校の企画展「元号」で新元号を予想しよう

日本最古の学校、日本遺産である栃木県の史跡足利学校。2019年の新元号制定を前に、元号の由来や変遷を紹介する企画展「元号」が12月2日まで開催中。元号ってどうやって決めてるの?という疑問をお持ちの方にぜひ見ていただきたい、出典元となった貴重な資料を公開。気になる『平成』の次の元号を予想してみてはいかがでしょうか。
【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

【西国無双の侍大将】かつて寵愛を受けた主を討った武将・陶晴賢

大内義隆に仕え、少年の頃はその美貌で寵愛を受けた武将・陶晴賢。長じて大内家の重臣となった彼は、やがて主に刃を向けることになります。しかし、下剋上を果たした彼の勢いは長くは続きませんでした。今回は、陶晴賢の生涯とゆかりの地をご紹介します。
436 件