芳賀日向

芳賀日向 公式

お気に入り数:0

はがひなた。祭り写真家。1956年長野県生まれ。米国西イリノイ大学文化人類学科卒業。30年間に渡り世界の祭り48ヵ国、日本各地の祭りを撮り続ける。週刊朝日百科『日本の祭りシリーズ』連載(朝日新聞出版)、『祭りを撮る』監修(旅行読売出版社)、『日本全国祭り図鑑』監修(フレーベル館)など。写真展「世界のカーニバル」、「被災地の夏祭り」(キヤノン)他。日本写真家協会会員。

このユーザーをフォローする

【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

【埼玉県】神々のロマンを花火が祝福!秩父夜祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、秩父市の名物「秩父夜祭」です。毎年12月に開催される秩父神社の例大祭で、ユネスコ無形文化遺産にも登録され、日本三大曳山祭の1つに数えられる秩父夜祭。歴史ある師走の伝統的なお祭りの見どころや撮影ポイントをご紹介します。
【愛知県】「テーホヘ、テホヘ」鎌倉時代から続く奥三河の花祭|日本名珍祭り図鑑

【愛知県】「テーホヘ、テホヘ」鎌倉時代から続く奥三河の花祭|日本名珍祭り図鑑

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、奥三河の花祭です。毎年11~3月にかけて、愛知県の奥三河各地で開催されるこのお祭り。鎌倉時代から続く、国の重要無形民俗文化財にも指定された伝統芸能は一見の価値あり!
異国情緒たっぷり!エキゾチックな祭り「長崎くんち」【日本名珍祭り図鑑】

異国情緒たっぷり!エキゾチックな祭り「長崎くんち」【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、長崎の氏神・諏訪神社の秋季大祭である「長崎くんち」をご紹介。寛永11(1634)年、二人の遊女が諏訪神社神前に舞を奉納したことが始まりと言われ、以来長崎の秋の風物詩として親しまれています。その見どころを写真とともにご紹介します。
イケメン漁師がもみ合う!房総半島・秋の風物詩「裸祭り」【日本名珍祭り図鑑】

イケメン漁師がもみ合う!房総半島・秋の風物詩「裸祭り」【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、千葉県で開催される「大原はだか祭り」「上総十二社祭り」、2つの「裸祭り」をご紹介します。どちらもその起源は古く、秋の風物詩として地元で親しまれています。躍動感ある神輿と参加者の生き生きとした姿はまさにフォトジェニック!その見どころを写真でご紹介します。
首長おばけも登場!夏に開催するちょっとコワい奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

首長おばけも登場!夏に開催するちょっとコワい奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、夏に開催されるご当地伝統のお祭りから、お化けや仮面、あの世からの亡者も登場するちょっとコワい奇祭を5つご紹介します。
祭り写真家が教える!フォトジェニックな夏の花火大会&ねぶた祭り【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家が教える!フォトジェニックな夏の花火大会&ねぶた祭り【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は夏の風物詩・花火大会と夜祭りです。全国各地で開催される祭りから、特にフォトジェニックなものをプロが厳選。花火の上手な撮影方法も伝授します!
那智、吉田、手筒花火…夏におすすめの火祭り3選【日本名珍祭り図鑑】

那智、吉田、手筒花火…夏におすすめの火祭り3選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は夏の火祭りです。神霊の送迎や火による清めなどの意味を持つ火祭りは、7~8月の盆行事の頃に行われます。その中でも特におすすめの3つをご紹介。火祭りの上手な撮影方法も伝授します!
一度は見たい!全国の「性」にまつわる奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

一度は見たい!全国の「性」にまつわる奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は「性」にまつわる祭りです。日本の神様はとても人間らしく、祭りの中にも「性」に関する象徴や所作が数多く登場します。子孫繁栄、安産祈願はもちろん、農作物の豊作を願う「性」の祭りを5つ紹介します。
ぶっつけ本番の流鏑馬「やんさんま」(富山県射水市)【日本名珍祭り図鑑】

ぶっつけ本番の流鏑馬「やんさんま」(富山県射水市)【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は富山県射水市にある加茂神社の流鏑馬「やんさんま」です。毎年5月4日に開催されるこのお祭りは京都の下鴨神社より伝わり、いまも独自の流鏑馬が息づいています。今回は見どころに加え、流鏑馬の上手な撮影方法も伝授します。
人形が舞い狂う!?天津司の舞(山梨県甲府市)【日本名珍祭り図鑑】

人形が舞い狂う!?天津司の舞(山梨県甲府市)【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載がスタート。初回は、山梨県甲府市の「天津司(てんづし)の舞」です。日本最古の人形の舞といわれ、毎年4月10日直前の日曜に開催されます。桜の下で、神様が宿った人形たちが踊り狂う!?重要無形民俗文化財でもある伝統の祭りをご堪能ください。
10 件