連載の記事 最近投稿された記事

歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第五忍「秀吉のお墓参り」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉のお墓参りをしてみたよ。阿弥陀ヶ峰の頂上にある秀吉のお墓。こんなに有名な人物なのに、意外と行った人は少ないんじゃないかな?大変だけど、豊国神社とあわせてお参りしてみてね。
徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

徳川家康から慶喜まで…江戸時代の始まりと終わりを見届けた京都の城・二条城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第14回は江戸幕府の京都の拠点・二条城です。現在の二条城は関ヶ原合戦に勝利した徳川家康が慶長8(1603)年に築いたのが始まり。江戸幕府の始まりと終わりを見届けた二条城のおすすめポイントを写真を中心に紹介します。
日本人なら知らない人はいない?『徳川葵』は泰平の家紋【家紋のルーツ:第6回】

日本人なら知らない人はいない?『徳川葵』は泰平の家紋【家紋のルーツ:第6回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は徳川家の家紋「葵紋」です。テレビドラマ『水戸黄門』に登場する印籠でもお馴染みの「三つ葉葵」は、日本人なら一度は目にしたことがある家紋ではないでしょうか。気になるその由来を紐解いてみましょう。
兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

田園からおしゃれに進化!城や花街もあった渋谷の歴史【古地図と巡る江戸街並み探訪:第4回】

「は~るの小川は さらさら行くよ~♪」で有名な童謡『春の小川』。とても豊かで静かな自然を感じさせる、よく親しまれた歌ですが、この歌の小川、実は渋谷を流れている渋谷川のことを歌っているのです。現在ではすっかりその面影は無くし、ファッションや情報、若者文化の最先端を行く街・渋谷。昼夜を問わず賑やかなこの街の歴史を探しに行ってみましょう。
異国情緒たっぷり!エキゾチックな祭り「長崎くんち」【日本名珍祭り図鑑】

異国情緒たっぷり!エキゾチックな祭り「長崎くんち」【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、長崎の氏神・諏訪神社の秋季大祭である「長崎くんち」をご紹介。寛永11(1634)年、二人の遊女が諏訪神社神前に舞を奉納したことが始まりと言われ、以来長崎の秋の風物詩として親しまれています。その見どころを写真とともにご紹介します。
必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

必見!石垣名城3選…高石垣の岡城、登り石垣の米子城、天守台の大和郡山城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第13回はユニークな石垣をもつ3城、「岡城」「米子城」「大和郡山城」をご紹介します。岡城の高石垣、米子城の登り石垣、大和郡山城の天守台…いずれも当時の建物は残らなくても、石垣だけで魅力十二分!そんな3城の見どころを写真を中心に紹介していきます。
「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

「人斬り」半次郎は真実?最後まで西郷と歩んだ桐野利秋ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第22回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第22回は、中村半次郎こと桐野利秋(きりの・としあき)ゆかりの地。西郷の側近として西南戦争で戦い、「人斬り半次郎」という名でも有名な桐野。しかし本当に“人斬り”と恐れられるような人物だったのか?桐野が生まれ、最後の戦いをした鹿児島の史跡とともに、その人生を追ってみました。
ゆるカワな猫島津の退き口に家康も降参!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:後編

ゆるカワな猫島津の退き口に家康も降参!?【ねこねこ日本史】あそべ!島津四兄弟:後編

アニメも大人気!そにしけんじさんの”擬ねこ化”歴史コミック『ねこねこ日本史』から、ついに島津四兄弟が猫になってユカリノに登場!関ヶ原の戦いでの島津の退き口、ゆるカワな猫島津の戦いぶりには家康も降参? また、猫好きの聖地・仙巌園の猫神神社では「ねこねこ日本史」×「島津四兄弟」の最愛コラボ企画も決定!
歴ニン君:諸国漫遊記編★第四忍「秀吉ゆかりの地・豊国神社」

歴ニン君:諸国漫遊記編★第四忍「秀吉ゆかりの地・豊国神社」

さすらいの忍者・歴ニン君が日本各地を旅してまじめに忍術を学ぶ(?)「諸国漫遊記編」。今回は京都で豊臣秀吉ゆかりの地に忍んでみたよ。秀吉を祀る京都・豊国神社や、大坂冬の陣のきっかけになったといわれる方広寺の梵鐘は注目だよ。京博の近くなので、この秋話題の刀剣展とあわせて行ってみてね。
近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

近藤勇たち新選組隊士が志を育んだ、江戸剣術道場めぐり後編【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第21回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第21回は、新選組ゆかりの江戸道場を巡ります。各地から隊士が集まった新選組、江戸には局長・近藤勇の試衛館のほかにも、幹部ゆかりの道場が点在します。沖田総司や土方歳三、山南敬助、永倉新八らが志を育んでいった場所で、彼らの若き情熱を感じてみてください。
新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

新説の誕生で話題沸騰中!?関ヶ原の戦い【足軽さんと巡る!?古戦場レポ:第5回】

歴史ナビゲーターの長谷川ヨシテルが古戦場をレポートする連載。第5回は「関ヶ原の戦い」です。岐阜県関ケ原町を舞台に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)勃発した、天下分け目の戦い。今回はその戦いの舞台となった、東軍西軍の武将たちの陣跡を足軽さんと巡ります。話題の新説による布陣を現場検証してみると…?
“大一大万大吉”の謎に迫る!関ヶ原にひるがえる石田三成の家紋【家紋のルーツ:第5回】

“大一大万大吉”の謎に迫る!関ヶ原にひるがえる石田三成の家紋【家紋のルーツ:第5回】

家紋がいつ、どのように生まれ、なぜ使われるようになったのか?そんな家紋のルーツを日本家紋研究会会長の髙澤等さんがゆかりの地とともに紹介する連載。今回は石田三成の家紋です。三成の家紋といえば「大一大万大吉」が有名ですが、実は不確かな部分が多いのです。さらに「大一大万大吉」だけでも4種類あり…気になるその謎を紐解いてみましょう。
歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

歌舞伎町は●●だった!“新しい宿場町”新宿の歴史を探検しよう【古地図と巡る江戸街並み探訪:第3回】

新宿というと、何を思い浮かべますか?高層ビル群、魅力的な飲食店街、オフィス街、鉄道、行き交う大勢の人々…今でこそ、押しも押されもせぬ東京の中心の一つですが、江戸時代にはどんな街並みであったのでしょうか。古地図とともに、新宿三丁目駅から四谷三丁目近辺を、江戸時代の痕跡を探しながら掘り下げてみましょう。
イケメン漁師がもみ合う!房総半島・秋の風物詩「裸祭り」【日本名珍祭り図鑑】

イケメン漁師がもみ合う!房総半島・秋の風物詩「裸祭り」【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、千葉県で開催される「大原はだか祭り」「上総十二社祭り」、2つの「裸祭り」をご紹介します。どちらもその起源は古く、秋の風物詩として地元で親しまれています。躍動感ある神輿と参加者の生き生きとした姿はまさにフォトジェニック!その見どころを写真でご紹介します。
142 件