連載の記事 最近投稿された記事

神戸港開港150年!異国情緒漂う街・神戸|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

神戸港開港150年!異国情緒漂う街・神戸|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

日本を代表する港町・神戸市。幕末に開かれた神戸港は、2017年に開港150年の節目を迎えました。早くから海外のモノを取り入れ、外国文化が花開いた地としても有名です。そんなオシャレな街・神戸には、三宮や御影など人気の街がたくさん!街の名の由来と共に、その土地ゆかりのスポットをご紹介します。【PR】
【 真田丸の舞台としても注目 】大阪市天王寺区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

【 真田丸の舞台としても注目 】大阪市天王寺区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

2016年の大人気大河ドラマ「真田丸」、その真田丸があったとされるのが大阪・天王寺区です。大阪城から近く、現在は教育に熱心な文教地区として有名です。名門校が多くあり、史跡も多い大阪市天王寺区の魅力をご紹介します[PR]
大河ドラマ「西郷どん」の主要人物揃い踏み!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第3回:西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島

大河ドラマ「西郷どん」の主要人物揃い踏み!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第3回:西郷隆盛ゆかりの地・鹿児島

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第3回は西郷隆盛が生まれた薩摩こと鹿児島。今回は西郷の前半の人生に焦点をあて、ゆかりの地をご紹介します。大久保利通、島津斉彬など、西郷と深く関わりのあった人物も続々登場。来年の大河ドラマ「西郷どん」を前に、ますます盛り上がること必至。ひと足お先に予習しちゃいましょう。
南方熊楠・江戸川乱歩が認めた男色研究家!?「日本男色史巡り 第7回:日本男色の再発見者『岩田準一』の生涯を辿る」

南方熊楠・江戸川乱歩が認めた男色研究家!?「日本男色史巡り 第7回:日本男色の再発見者『岩田準一』の生涯を辿る」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第7回は、あの南方熊楠、江戸川乱歩も驚嘆した、伝説の男色研究家『岩田準一』を紹介します。竹久夢二の弟子という顔も持ち、自身も大変な美男子だった準一。華やかな交友歴のなかでも、特に江戸川乱歩との熱い?関係を中心に取り上げます。
戦国一の規模を誇った関東の名城!【月刊 日本の城】第2回:北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構

戦国一の規模を誇った関東の名城!【月刊 日本の城】第2回:北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第2回は戦国時代に関東一円を支配した北条氏の本拠地・小田原城です。当時の城では群を抜いて規模が大きく、上杉謙信と武田信玄の攻撃にも耐え抜いた堅城で、戦国時代の後も東海道沿いの大きな都市として栄えました。元亀2年(1571)の今日、10月3日に亡くなった北条氏康にちなみ、今回は首都圏から日帰りで行ける名城の、特にオススメのポイントを中心に紹介していきます。
【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

【 キャッスルビューも夢じゃない!? 】大阪城まで徒歩圏内・大阪市中央区|知りたい!住みたい!この街の歴史[PR]

歴史好きなら一度は大好きなお城の近くに住みたい、なんて夢見たことはありませんか?古くから政治、経済、そして文化の中心地として栄えてきた大阪市。そのシンボル・大阪城がある中央区は、大阪の政治の中心地として栄えてきました。大阪城まで徒歩圏内、若者にも人気の街・中央区の魅力をご紹介します[PR]
斎藤一、白虎隊、新島八重【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第2回:戊辰戦争ゆかりの地・会津

斎藤一、白虎隊、新島八重【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第2回:戊辰戦争ゆかりの地・会津

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。第2回は歴史が息づく町、会津。鶴ヶ城から徒歩で行ける場所を中心に、新選組隊士・斎藤一や白虎隊、新島八重など戊辰戦争に関わった人々のゆかりの地を紹介します。9/22から3日間、会津まつりもありますので、行かれる方はぜひチェックしてください。
長宗我部元親がひとり気を吐く四国の銅像事情[ニッポン銅像探訪記 第10回:四国の名城]

長宗我部元親がひとり気を吐く四国の銅像事情[ニッポン銅像探訪記 第10回:四国の名城]

めでたく、本連載も10回目を迎えることができました。読者のみなさま、全国の銅像ファンのみなさま、いつもありがとうございます! そこでこれまでの連載を見返していたのですが、なんと第1回の龍馬(高知編)以降、四国の銅像を1体も取り上げていないことが発覚!これは四国の読者と銅像に対して失礼です。そこで今回は「名城と英雄像」シリーズの第2弾として、四国のお城を巡って行きましょう。
日本一の名城を撮りつくす!【月刊 日本の城】第1回:世界遺産・国宝 姫路城の見どころ

日本一の名城を撮りつくす!【月刊 日本の城】第1回:世界遺産・国宝 姫路城の見どころ

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。記念すべき第1回は、国宝であり、世界遺産でもある姫路城。近年修復され、白く輝く大きな天守の存在も大きいですが、どこよりも多くの建造物が現存しているところが、姫路城のポイントです。まさに見どころが目白押し。そんな中でも特にオススメのポイントを写真を中心に紹介していきます。
御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~動物モチーフ御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は動物モチーフがあしらわれた御朱印をご紹介します。今ブームの猫から、稲荷神社の定番の狐、干支にもなっている犬と猿、さらには絶滅してしまった日本狼まで!東京・京都の観光がてら、動物御朱印をいただきにLet's Go!
新選組隊士のご子孫も大集合!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第1回:土方歳三の聖地・多摩をめぐる

新選組隊士のご子孫も大集合!【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】第1回:土方歳三の聖地・多摩をめぐる

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する「小栗さくらがゆく!幕末維新のみち」。記念すべき第1回は、新選組副長・土方歳三の出身地である日野(東京都)をご案内。ファンにとっては「聖地」であり、歳三や井上源三郎のご子孫もいらっしゃる日野の魅力を丸ごとお届け!さらに天然理心流ゆかりの府中もご紹介します。
銅像も〝クソまじめ〟な石田三成とその仲間たち「ニッポン銅像探訪記 第9回:関ヶ原関連武将」

銅像も〝クソまじめ〟な石田三成とその仲間たち「ニッポン銅像探訪記 第9回:関ヶ原関連武将」

「9月15日は何の日?」と聞かれて答えられないあなたは、歴史好きとしてモグリです。そう、関ヶ原の戦いの決戦日ですね。今から417年前の旧暦の9月15日、美濃国(岐阜県)関ヶ原において戦国時代最大の合戦が勃発しました。毎年10月に「関ヶ原合戦祭り」が開催されるのは戦国ファンのよく知るところですが、今年は岡田准一主演の映画『関ヶ原』が公開されることもあり、にわかに盛り上がっています。今回は、石田三成を中心に関ヶ原参戦武将の銅像をたどってみましょう。
森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台とは「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』の舞台を巡る」

森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台とは「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』の舞台を巡る」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第6回は、あの文豪、森鴎外も読み、明治期の青少年の心をわしづかみにした伝説の男色小説『賤のおだまき』を取り上げます。南九州を舞台に、鬼島津の屋台骨を揺るがした、戦国末期の大乱「庄内の乱」を背景にした、二人の健やかで美しい若者の愛の軌跡はどこに至るのか?
『悪左府』と呼ばれた日本最強の男色家!?「日本男色史巡り 第5回:命日に藤原頼長様を慕う旅」

『悪左府』と呼ばれた日本最強の男色家!?「日本男色史巡り 第5回:命日に藤原頼長様を慕う旅」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第5回は、命日8月1日(1156年)を記念してスペシャル版。NHK大河ドラマ「平清盛」で山本耕史さんが演じて話題になった、日本男色界のスーパースター藤原頼長様を取り上げます。「悪左府」「よろずにきわどき人」と恐れられた人物の秘められた思いとは!?
御朱印で巡る武将ゆかりの地~徳川家康編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~徳川家康編~

江戸幕府初代将軍・徳川家康を「神」として祀る日光東照宮。日光だけでなく、家康公を祀っている東照宮は実は全国にたくさんあります。そこで今回は徳川家康ゆかりの地・東照宮でいただける御朱印を厳選してピックアップしました!
39 件
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook