連載の記事 最近投稿された記事

第13回:高杉晋作や攘夷志士たちも集った品川宿【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第13回:高杉晋作や攘夷志士たちも集った品川宿【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第13回は、高杉晋作ゆかりの地・品川宿周辺。高杉ゆかりの地といえば山口県下関市が有名ですが、東京にもゆかりの地があります。仲間たちと密議をしていた品川宿や、焼き討ち事件の現場・英国公使館跡など、今回は高杉を中心に、北品川の幕末維新史跡をご紹介します。
一度は行きたい!伊勢神宮の御朱印巡りとおかげ横丁

一度は行きたい!伊勢神宮の御朱印巡りとおかげ横丁

一生に一度は行きたいお伊勢参り!江戸時代中期以降に盛んになったお伊勢参りは、手ぶらで行っても沿道の住民から施しが受けられるため「お陰参り(おかげまいり)」とも呼ばれました。今回は伊勢神宮の内宮、外宮の御朱印、途中立ち寄ることができる猿田彦神社の御朱印、さらに人気の観光スポット「おかげ横丁」もご紹介いたします。
第12回:幕府の天才・小栗忠順が眠る東善寺(群馬県高崎市)【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第12回:幕府の天才・小栗忠順が眠る東善寺(群馬県高崎市)【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第12回は幕臣・小栗忠順が最期を迎えた群馬県高崎市です。欧米で得た知識を用い、幕府に貢献するものの、最期は非業の死を遂げる忠順。その後功績が認められ、司馬遼太郎からは「明治の父」と称されました。そんな忠順の墓のある東善寺を中心にご紹介します。
第8回:世界遺産・沖縄の城(グスク)めぐり【月刊 日本の城】

第8回:世界遺産・沖縄の城(グスク)めぐり【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを紹介する連載「月刊 日本の城」。第8回は沖縄の城(グスク)です。琉球王国として独立していた沖縄は、城も独自の進化を遂げ、曲線状の石垣や中国文化の影響を受けた建物などが目を引きます。そんな沖縄の城の見どころを写真を中心にご紹介します。
第11回:徳川慶喜らが眠る谷中霊園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第11回:徳川慶喜らが眠る谷中霊園【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第11回は東京都台東区にある谷中霊園です。江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜をはじめ、数多くの有名人が眠るこの霊園。今回は慶喜と、彼の忠臣であり「日本資本主義の父」といわれた渋沢栄一、さらに宇和島藩の名君・伊達宗城の墓所をご案内します。
人形が舞い狂う!?天津司の舞(山梨県甲府市)【日本名珍祭り図鑑】

人形が舞い狂う!?天津司の舞(山梨県甲府市)【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載がスタート。初回は、山梨県甲府市の「天津司(てんづし)の舞」です。日本最古の人形の舞といわれ、毎年4月10日直前の日曜に開催されます。桜の下で、神様が宿った人形たちが踊り狂う!?重要無形民俗文化財でもある伝統の祭りをご堪能ください。
「日本男色史巡り 最終回:戦国三大美少年」名古屋山三郎、不破万作、浅香庄次郎…武将たちが愛した少年の末路

「日本男色史巡り 最終回:戦国三大美少年」名古屋山三郎、不破万作、浅香庄次郎…武将たちが愛した少年の末路

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載「日本男色史巡り」。最終回は「戦国三大美少年」。戦国末期、名古屋山三郎、不破万作、そして浅香庄次郎ら3人の少年たちは美貌と武勇でその名をとどろかせました。しかし人生のすべてがバラ色だったわけではなく…天下の諸侯を魅了した彼らを待ち受けていた運命とは!?
気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

気になる!江戸時代の女装&男装文化【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第2回:太田記念美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載。第2回は浮世絵専門の美術館で知られる太田記念美術館です。現在は、江戸時代の異性装の風習を浮世絵を通して紹介する企画展「江戸の女装と男装」が開催中。江戸好き、また浮世絵好きならずとも気になる企画展の内容を、いちおしの絵とともにご案内します。
第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

第7回:都心に残る見どころ満載の城!江戸城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第7回は江戸城です。江戸幕府の居城だった江戸城は、中心部こそ皇居として使用されていますが、それ以外は公園などとして一般に開放されています。都会にありながら城郭を堪能できる江戸城のおすすめポイントを、写真を中心にご紹介します。
御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地~カッコいい御朱印編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回はカッコいい御朱印をご紹介します。髑髏(どくろ)や龍などカッコいいモチーフは、見た目だけでなくきちんと由来があるのも特徴です。なんとなくオタク心もくすぐられる、粋な御朱印をご紹介します。
第10回:エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

第10回:エピソード満載!早稲田大学創設者・大隈重信ゆかりの地【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第10回は大隈重信ゆかりの地です。早稲田大学創設者であり、総理大臣に二度も就任している大隈は、日本で初めて始球式を行うなど、エピソードの宝庫でもあります。青年時代から新政府の中枢に入るまでの、とくに興味深いエピソードとゆかりの地をご紹介します。
緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

緑の口紅が流行!?江戸のヘア&メイクに迫る【加治まやの美術館 de 江戸巡り】第1回:すみだ北斎美術館

日本の美術や歴史が大好きなモデル・加治まやさんが、美術館を巡り江戸の文化を紹介する連載がスタート!第1回は2016年にオープンしたすみだ北斎美術館です。現在開催中の「Hokusai Beautyー華やぐ江戸の女たちー」では、北斎の美人画の変遷から当時のファッション、ヘア&メイクを紹介するというもの。美術好きとしてはもちろん、モデルとしても気になる展覧会の見どころをご案内します。
第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

第6回:織田信長が築いた総石垣の城!安土城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第6回は織田信長の最後の居城で、信長の覇王としての象徴でもあった安土城をご紹介します。今でも残る石垣などから信長が居城とした当時を想像できる素晴らしい城跡です。そんな安土城のオススメのポイントを、写真を中心に紹介していきます。
「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第11回は、実は美少年の園だった日本の有名な寺社仏閣を巡ります。今月公開する日中合作映画「空海 KU-KAI」の主人公、弘法大師空海が中国から持ち込んだといわれる日本の男色。ときに惑わし、ときに悟りへと導いた美しい稚児たちの秘密とは!?
歴ニン君★第二十一忍「猫の日リターンズの術」

歴ニン君★第二十一忍「猫の日リターンズの術」

さすらいの忍者・歴ニン君が忍術で歴史を陰からお助け(?)します★2月22日は「忍者の日」そして「猫の日」!第二十一忍で歴ニン君がお呼びしたのは戦国の愛猫家!?島津義弘 。朝鮮出兵の際に猫を連れていき、瞳孔の開き方で時間をみていたという義弘が、猫っぽいけど猫じゃない風魔忍者フーマ君に迫る?
92 件