ゆかりの地の記事 最近投稿された記事

全ては駿河侵攻から始まった!直虎、家康ゆかりの遠江・駿河のお城5選

全ては駿河侵攻から始まった!直虎、家康ゆかりの遠江・駿河のお城5選

お家存続のため城主になった井伊直虎の人生を描いたNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。物語は中盤を過ぎ、井伊家が今川の支配から脱却する様が描かれています。この後、井伊家は徳川家康と深く関わり、名家へと大出世を遂げるのです。 本稿では今川氏が滅亡し、井伊家躍動のきっかけとなったお城、そして井伊家の出世になくてはならない徳川家康ゆかりのお城をピックアップ。井伊家にとって転機となった武田信玄の「駿河侵攻」を中心に、行きやすく人気のある駿河・遠江のお城を選びました。静岡県の史跡巡りにお役立てください!
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(西軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(西軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。今回紹介する西軍コースは、義のために集い、貫き通した石田三成と、盟友である大谷吉継、島津義弘に宇喜多秀家と、特に人気の高い武将の陣跡が揃い踏み。歩けば彼らの信念が感じられること必至です。
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。陣跡が点在し、地形もよく残る関ヶ原を歩けば、当時の武将の気持ちになれる⁉︎ 400年前の激戦を肌で感じに、いざ出陣!
【天下統一は岐阜から始まった!】命名450年、織田信長と岐阜城の歴史

【天下統一は岐阜から始まった!】命名450年、織田信長と岐阜城の歴史

永禄 10年(1567)8月15日。今から450年前の今日、織田信長は美濃を攻略。本拠地を移し、町の名を「岐阜」に改めました。信長は岐阜城を拠点に天下統一に乗り出し、その決意を示すように、中国の教えから引用した「天下布武」の印を使い始めたと伝えられます。今日は岐阜命名の日にちなみ、信長と岐阜城の歴史をひも解いていきましょう。
【8月11日は山の日!】いつか行きたい日本三大山城

【8月11日は山の日!】いつか行きたい日本三大山城

日本三大山城とは一般的に岩村城(岐阜県恵那市)、高取城(奈良県高市群)、備中松山城(岡山県高梁市)をさします。標高が721mと最も高い場所にあるのが岩村城、麓から頂上までの比高が390mと最も高いのが高取城、そして備中松山城は天守が現存する唯一の山城になります。「山の日」の本日、初心者には憧れの山城を紹介します。
【祝・世界遺産候補】百舌鳥・古市古墳群はここがすごい!

【祝・世界遺産候補】百舌鳥・古市古墳群はここがすごい!

2017年7月31日、文化庁は再来年の世界文化遺産への登録を目指して、「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)が推薦されることが決定しました。4世紀後半から5世紀後半にかけて造られた49基に上る古墳群。登録されれば大阪府初の世界遺産になります。今回はこの「百舌鳥・古市古墳群」をひと足お先に紹介します。
京都のパワースポット!平安時代の陰陽師・安倍晴明公ゆかりの晴明神社

京都のパワースポット!平安時代の陰陽師・安倍晴明公ゆかりの晴明神社

平安時代に活躍した陰陽師・安倍晴明。映画や小説などで、その名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。その晴明公を祀るのが、京都にある晴明神社です。魔除け、厄除けにご利益があるとされ、今でもそのパワーにあやかろうと全国から参拝者が訪れています。今回は、そんな晴明神社にまつわるエピソードをご紹介しましょう。
【 2017年はアニバーサリーイヤー!!】伊達好き歴女がおすすめ☆政宗公生誕450年の年に訪れたいゆかりの地

【 2017年はアニバーサリーイヤー!!】伊達好き歴女がおすすめ☆政宗公生誕450年の年に訪れたいゆかりの地

伊達政宗公の誕生日は旧暦の8月3日です。1567年(永禄10年)生まれなので、今年はちょうど生誕450年にあたる、まさにアニバーサリーイヤー!!そこで今回は、政宗好きの筆者がおすすめする、政宗を感じられるゆかりの地と関連イベントをご紹介いたします。
【地元民も知らない名古屋の歴史】吉宗の改革にも反対、現在の名古屋の基礎を作った傾奇者!ド派手藩主・徳川宗春

【地元民も知らない名古屋の歴史】吉宗の改革にも反対、現在の名古屋の基礎を作った傾奇者!ド派手藩主・徳川宗春

東京とも大阪とも違い、華美なイメージとケチなイメージの両方をもち、独自の進化をとげる町・名古屋。そんな「日本の異界」名古屋の基礎を作ったのはド派手な奇才、尾張7代藩主の徳川宗春(1969~1764)だった⁉ 徳川宗春をモデルにした時代小説、『尾張春風伝』の著者で、今年7月に『日本の異界 名古屋』(ベスト新書)を上梓した清水義範氏(もちろん名古屋出身)の著書より、地元の人も知らない、現代の名古屋の成り立ちを紹介します。
面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた

面白すぎる!関ヶ原ウォーランドで『関ヶ原の戦い』を体感してきた

天下分け目の戦いといわれる「関ヶ原の戦い」。最近では司馬遼太郎氏の小説『関ヶ原』も映画化されるなど、今もなお注目される日本史を代表する出来事のひとつです。そんな関ヶ原の合戦地ほど近くにあるのが「関ヶ原ウォーランド」。合戦をわかりやすく理解できる体感型資料館ですが、ユニークなコンクリート像から珍スポットとしても話題です。そんな「関ヶ原ウォーランド」を覗いてみましょう!
アイヌの反乱、家中の争い、その後…松前城に伝わるミステリー

アイヌの反乱、家中の争い、その後…松前城に伝わるミステリー

江戸時代、外国同然だった蝦夷地(北海道)にあった唯一の藩・松前藩。寒冷地である蝦夷地での稲作は不可能だったため、アイヌとの独占交易による収入を財政基盤とする特異な藩運営が行われていました。そんな松前では、アイヌの反乱や家中の争いなどが相次ぎ、それに伴うミステリーも生まれました。
鹿児島市に行ったら訪れて欲しい。西郷どんゆかりの地

鹿児島市に行ったら訪れて欲しい。西郷どんゆかりの地

来年のNHK大河ドラマは、鹿児島の偉人・西郷隆盛を主人公にした『西郷(せご)どん』です。先日鹿児島を訪れた時、タクシーの運転手の方など、たまたま出会った市民の皆さんにお話を伺いましたが、原作者の林真理子さんが鹿児島のどこを取材し、どんな本を購入して、どんな会話をしたか、までが市民の噂になっているのに驚きました。それほどまでに期待が大きい『西郷どん』。今回は鹿児島市を中心にした西郷どんゆかりの地をご紹介します。
【江戸最強の除霊師!】祐天上人の凄すぎるパワー

【江戸最強の除霊師!】祐天上人の凄すぎるパワー

洗練されたなカフェや雑貨屋が立ち並び、大人女子に人気のお洒落な街・中目黒。ここがまだ「中目黒村」と呼ばれていた江戸中期、除霊をはじめとした霊験で関東に名をとどろかせた高僧がいました。その名は「祐天上人」。この祐天上人を開山とする祐天寺をご案内しながら、圧倒的パワーを讃えられた霊験の数々をご紹介いたしましょう。
忍者とは関係ないのに「忍者寺」金沢の隠れた人気観光スポット・妙立寺と前田家

忍者とは関係ないのに「忍者寺」金沢の隠れた人気観光スポット・妙立寺と前田家

映画やアニメなどでも描かれ、外国人にも人気の忍者。忍者といえば伊賀や甲賀といった場所を思い浮かべる方が多いと思いますが、石川県金沢市に「忍者寺」として知られる観光スポットがあるのをご存じでしょうか?数多くの隠し階段や落とし穴など、様々な仕掛けから「忍者寺」と呼ばれる妙立寺(みょうりゅうじ)は、前田家にとって重要な場所でもありました。
あの戦国武将たちも愛した!ゆかりの隠し湯で伝説と史跡を巡りたい

あの戦国武将たちも愛した!ゆかりの隠し湯で伝説と史跡を巡りたい

かつて武士たちは戦いに明け暮れる日々を過ごしていました。合戦といえば怪我がつきもの。そんな武士たちの傷を癒やすために各国の領主たちが使わせたのが「隠し湯」といわれる温泉です。そんな隠し湯と周辺のゆかりの地をご案内いたします。
91 件
  • 地域(場所)から記事を探す
  • 大河ドラマ ゆかりの地 特集
  • 銅像記事特集
  • 御朱印記事特集
  • ユカリノとは
twitter facebook