ゆかりの地の記事 最近投稿された記事

意外に知らない?渋谷以外にもある「忠犬ハチ公」銅像物語

意外に知らない?渋谷以外にもある「忠犬ハチ公」銅像物語

昭和9年(1934)4月21日、渋谷駅前にハチ公の銅像が設置されました。渋谷駅で帰らぬ主人を待ち続けた忠犬ハチ公は、ハリウッドでも映画化され、今も世界中の人々に親しまれています。今回はハチの生涯と銅像にまつわる話、さらに渋谷以外にもある銅像をご紹介しましょう。
夜戦じゃなかった!?日本三大奇襲「河越夜戦」の激戦地・東明寺

夜戦じゃなかった!?日本三大奇襲「河越夜戦」の激戦地・東明寺

「小江戸」と呼ばれ、情緒あふれる城下町の雰囲気が今も残る埼玉県川越市。かつてこの地域の覇権をめぐり、激戦が繰り広げられました。4度に渡る「河越城の戦い」のうち、北条氏康らが大逆転勝利で討ち破った「河越夜戦」は、日本三大奇襲のひとつに数えられています。戦いの模様を戦場となった史跡とともにご紹介します。
実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

実は明智光秀という説も!?謎多き天海の正体とゆかりの寺

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕え、上野の寛永寺や、日光東照宮の建立に力を尽くした僧侶・南光坊天海。しかし、その前半生はいまだ謎に包まれています。高貴落胤説、あるいは2020年の大河ドラマの主役に決定した明智光秀という説もある、天海の謎の一端を、ゆかりの寺を巡りながら解き明かしていきましょう。
織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

織田信長、伊達政宗らが欲した香木とは?日本人とお香の歴史

アロマテラピーがポピュラーになり、誰もが気軽に香りを楽しむようになった現代。その起源であり、古来より親しまれた「お香」は、貴族や武将に愛され、江戸時代には庶民にも広まるようになりました。かつては伊達政宗と前田利家、細川忠興がひとつの香木を巡って争ったといわれる、偉人と香りの関わりとともに、その歴史をご紹介します。
刀のせいで眼病に?丹羽長秀と妖刀「あざ丸」

刀のせいで眼病に?丹羽長秀と妖刀「あざ丸」

織田信長からも「ズッ友」認定された、地味ながらも織田陣営で確固たる存在感を発揮した武将・丹羽長秀。しかし妖刀「あざ丸」を所有したことによりあることに悩まされたとか・・・のちに熱田神宮に奉納された「あざ丸」とは、どんな刀だったのか?その由来とともにご紹介します。
出雲大社の巫女だった!?謎多き歌舞伎の祖・出雲阿国の真実

出雲大社の巫女だった!?謎多き歌舞伎の祖・出雲阿国の真実

歌舞伎の祖といわれる出雲阿国(いずものおくに)。最近では大河ドラマ『真田丸』にも登場しました。歴史上では謎の多い人物ですが、様々な言い伝えが残されています。今回は、京都にある阿国歌舞伎発祥の地や、出雲にあるお墓を巡りながら、彼女の真実に迫ります。
江藤新平の墓参りをすると百災去る?郷土の英雄が眠る佐賀・本行寺

江藤新平の墓参りをすると百災去る?郷土の英雄が眠る佐賀・本行寺

「維新十傑」や「佐賀の七賢人」に名を連ね、明治維新において大きな存在感を発揮した江藤新平。しかし佐賀の乱で敗れ、首をさらされるなど、その末路は維新の功労者とは思えないほど悲惨なものでした。そんな彼の功績と、彼が現在眠っているゆかりの地についてご紹介します。
【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

慶長17年4月13日、門司沖の船島(巌流島)で行われた宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘。時代劇や歌舞伎の題材でおなじみのシーンですが、佐々木小次郎の正体は謎に包まれています。実は巌流島の戦いは藩主細川家による小次郎暗殺計画だったのかも?佐々木小次郎豊前添田出身説を考えてみました。
天下泰平総仕上げ!細川家史料から見る「島原の乱」

天下泰平総仕上げ!細川家史料から見る「島原の乱」

関ヶ原の戦いから37年の時が過ぎた寛永14年(1637)。関ヶ原の戦いを勝ち抜き、藩主となった大名たちも二代目、三代目と代替わりをしていたころ。列島の西の端で一揆が起きた! 戦を知らない子供たち世代は、戦のやり方もおぼつかないまま戦場へと向かいます。この戦いで一番乗りを上げた細川隊の動きから、島原の乱を追いかけてみましょう。
日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

日本の「パン祖」江川英龍が焼いたパンとは?パンを愛した偉人たち

天保13年(1842)4月12日、あるパンが焼きあげられました。「兵糧パン」と呼ばれたそのパンこそ、日本人が初めて作ったパンだったのです。世界遺産・韮山反射炉の製造で知られる幕末の才人・江川英龍は、パンの製造にも目をつけていました。どんな経緯で生まれたのか、またその他の偉人とパンのエピソードもご紹介します。
奈良・東大寺大仏殿は3代目!災難を乗り越えた名寺の歴史と見どころ

奈良・東大寺大仏殿は3代目!災難を乗り越えた名寺の歴史と見どころ

世界最大級の木造建築とされる東大寺大仏殿。ほかにも南大門などの歴史的な建築物がたくさんある東大寺ですが、歩んできた歴史は壮絶の一言でした。2度の火災や数十年の雨ざらしなど、苦難にさらされた東大寺の歴史と見どころをご紹介します。
位牌で歴代将軍の身長が判明?徳川家の菩提寺・大樹寺(愛知県岡崎市)

位牌で歴代将軍の身長が判明?徳川家の菩提寺・大樹寺(愛知県岡崎市)

徳川将軍家の菩提寺といえば、東京の上野にある寛永時と、同じく芝の増上寺ですが、愛知県岡崎市にある大樹寺も菩提寺であるのをご存知でしょうか。徳川家の先祖にあたる松平家の墓も安置されているこの寺には、歴代将軍の身長がわかってしまうあるモノが祀られているのです。家康とのゆかりも深い名刹についてご紹介します。
福岡県添田町の「岩石城」は争奪必死!知る人ぞ知る堅城だった

福岡県添田町の「岩石城」は争奪必死!知る人ぞ知る堅城だった

山岳信仰の遺跡として高い評価を受ける英彦山。2017年には国指定史跡となり、添田町は盛り上がりをみせています。しかし、町内にある歴史遺産は英彦山だけではありません。かの有名な武将たちが奪い合った「岩石城」も見逃せませんよ!
【2018年のGWに泊まりたい】名城が見えるホテル5選

【2018年のGWに泊まりたい】名城が見えるホテル5選

各地方のゆかりの地巡りに必須のホテル選び。2018年の春は名城の見えるホテルに泊まって、その豪華な景色を独り占めしてみませんか?中でも彦根城、名古屋城、大阪城、高知城、熊本城と、ゆかりの地めぐりはもちろん、観光の拠点にもなる名城を堪能できるホテルを厳選してご紹介。今ならGWもまだ間に合うかも!?
【歴史好きが住みたい街はどっち?】江戸文化に触れる!下町の穴場・両国エリア[PR]

【歴史好きが住みたい街はどっち?】江戸文化に触れる!下町の穴場・両国エリア[PR]

江戸文化が今も根付く、墨田区両国エリア。一般的には相撲の街というイメージが強いかもしれませんが、東京スカイツリーができて観光客も増え、街はどんどん開発されています。勝海舟ら多くの偉人ゆかりの地でもあり、江戸東京博物館など歴史が楽しめる施設も充実。歴史と伝統が息づく両国は、まさに歴史好きにおすすめの街です。[PR]
202 件