兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

兄・容保と最後まで幕府に尽くした、桑名藩主・松平定敬【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第23回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第23回は、桑名藩主・松平定敬ゆかりの地を紹介します。高須四兄弟の末弟だった定敬は、京都所司代として兄である会津藩主・松平容保とともに幕府に尽くします。しかし戊辰戦争が始まると徐々に追い詰められ…。時流に翻弄された定敬の波乱万丈な生涯を、ゆかりの地とともにご紹介します。
首長おばけも登場!夏に開催するちょっとコワい奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

首長おばけも登場!夏に開催するちょっとコワい奇祭5選【日本名珍祭り図鑑】

祭り写真家の芳賀日向さんが、日本全国よりその土地ならではの珍しい祭りを紹介する連載。今回は、夏に開催されるご当地伝統のお祭りから、お化けや仮面、あの世からの亡者も登場するちょっとコワい奇祭を5つご紹介します。
【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

【日本を愛したお雇い外国人】ジョサイア・コンドルが手がけた建築物の数々

明治政府の「お雇い外国人」ジョサイア・コンドル。コンドルは明治新政府関係の建造物を手がけた建築家であり、日本における新進気鋭の建築家を育成することにも尽力しました。また、日本文化をこよなく愛した日本通でもあったのです。今回は、今もまだ見ることができるコンドルゆかりの建築物をご紹介します。
意外に知らない?渋谷以外にもある「忠犬ハチ公」銅像物語

意外に知らない?渋谷以外にもある「忠犬ハチ公」銅像物語

昭和9年(1934)4月21日、渋谷駅前にハチ公の銅像が設置されました。渋谷駅で帰らぬ主人を待ち続けた忠犬ハチ公は、ハリウッドでも映画化され、今も世界中の人々に親しまれています。今回はハチの生涯と銅像にまつわる話、さらに渋谷以外にもある銅像をご紹介しましょう。
一度は行きたい!伊勢神宮の御朱印巡りとおかげ横丁

一度は行きたい!伊勢神宮の御朱印巡りとおかげ横丁

一生に一度は行きたいお伊勢参り!江戸時代中期以降に盛んになったお伊勢参りは、手ぶらで行っても沿道の住民から施しが受けられるため「お陰参り(おかげまいり)」とも呼ばれました。今回は伊勢神宮の内宮、外宮の御朱印、途中立ち寄ることができる猿田彦神社の御朱印、さらに人気の観光スポット「おかげ横丁」もご紹介いたします。
信長に信頼され、秀吉も恐れた!?稀代の戦国武将・蒲生氏郷

信長に信頼され、秀吉も恐れた!?稀代の戦国武将・蒲生氏郷

あの織田信長に見込まれた戦国武将・蒲生氏郷。もう少し長生きしていれば…と歴史好きなら誰もがそう思う名将です。その才能を重宝した秀吉も、実は内心恐れていたのではないかとさえいわれているほどなんですよ。近江で生まれ、伊勢、会津と転封となった氏郷のゆかりの地を巡りながら、彼の生涯をご紹介します。
【2018年は戌年!】犬にまつわる神社&お寺まとめ

【2018年は戌年!】犬にまつわる神社&お寺まとめ

2018年の干支は戌(いぬ)。せっかくなら犬にまつわる神社にお参りしませんか?犬はお産が軽いことから安産の象徴とされ、安産祈願の神社に祀られています。また、犬が守ったという伝説から厄災除けにご利益のある神社や、犬そのものを祀る神社もありますよ。初詣だけでなくとも犬好きなら知っておきたい、犬にまつわる神社とお寺をご紹介します。
「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

「本能寺の変」勃発で最大の危機!?徳川家康、命がけの「伊賀越え」

京都・本能寺で起こった、最も有名な下剋上事件「本能寺の変」。このとき堺でわずかな家臣と旅の途中だった徳川家康は浜松へ逃げ帰ることを決断します。これが成功しなかったら日本の歴史が変わっていた!?家康の「伊賀越え」とそのルートをご紹介します。
【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

【徳川家康を支え、戦い続けた】戦国一の猛将・本多忠勝ゆかりの地

徳川家康を支えた四天王のひとり・本多忠勝。生涯、57回もの戦に出陣しながらも、かすり傷ひとつ追わなかったという伝説を持ち、その強さは、敵味方問わず賞讃と尊敬の的となった猛将です。名槍・蜻蛉切を携え、戦場を駆け巡った忠勝のゆかりの地を、彼の生涯と戦歴とともにご紹介していきたいと思います。
【織田信長最大のライバル!?】顕如と石山本願寺・石山合戦ゆかりの地

【織田信長最大のライバル!?】顕如と石山本願寺・石山合戦ゆかりの地

天正20年(1592)11月24日、織田信長と10年以上も死闘を繰り広げた石山本願寺のトップ・顕如が没しました。信長にとって、顕如は最大のライバルともいうべき脅威だったんです。今回は石山本願寺と石山合戦ゆかりの地、そして本願寺が西と東に分かれた経緯も交えてご紹介したいと思います。
第3回:名築城家・藤堂高虎の集大成!伊賀上野城・津城【月刊 日本の城】

第3回:名築城家・藤堂高虎の集大成!伊賀上野城・津城【月刊 日本の城】

webサイト「日本の城 写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第3回は戦国時代から江戸時代にかけて活躍した武将・藤堂高虎の築いた伊賀上野城・津城です。藤堂高虎は豊臣家と徳川家に仕えて信頼され、非常に多くの築城に携わります。その高虎が徳川家康から与えられた伊賀・伊勢の地に築いた拠点が伊賀上野城と津城で、共に高虎の築城術が味わえる名城です。そんな2城のオススメのポイントを写真を中心に紹介していきます。
源平、戦国、幕末…バラエティ豊かな11月イベントまとめ

源平、戦国、幕末…バラエティ豊かな11月イベントまとめ

肌寒くなってきた11月ですが、イベントはまだまだ熱い!石田三成など人気の戦国武将のまつりに、幕末維新がテーマの展覧会、源平や姫にちなんだ行列など、バラエティに富んだイベントが開催されます。どの時代のファンも嬉しい、地元愛に溢れたイベントの見どころを紹介。さっそくチェック!
人口の約1割を占める!?「藤原氏」の歴史とゆかりの地

人口の約1割を占める!?「藤原氏」の歴史とゆかりの地

藤原氏の歴史は、大化の改新で功績を残した中臣鎌足が、天智天皇から「藤原」の氏(うじ)を授かったことに始まります。平安時代は、朝廷の最高位である「摂政」「関白」となり、摂関政治を行うなど、不動の地位を築きます。武士の台頭により力は衰えますが、ブランド力は衰えず、戦国時代はあの織田信長も藤原氏を名乗っていたそうです。今回はそんな藤原氏の歴史とゆかりの地を紹介します。全人口の約1割を占めると言われる、藤原さん&○藤さんは必見です!
「日本男色史巡り 第7回:岩田準一」南方熊楠・江戸川乱歩が認めた男色研究家の生涯を辿る

「日本男色史巡り 第7回:岩田準一」南方熊楠・江戸川乱歩が認めた男色研究家の生涯を辿る

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第7回は、あの南方熊楠、江戸川乱歩も驚嘆した、伝説の男色研究家『岩田準一』を紹介します。竹久夢二の弟子という顔も持ち、自身も大変な美男子だった準一。華やかな交友歴のなかでも、特に江戸川乱歩との熱い?関係を中心に取り上げます。
本居宣長の功績と魅力を伝える「宣長サミット」がゆかりの地・三重県で開催

本居宣長の功績と魅力を伝える「宣長サミット」がゆかりの地・三重県で開催

三重を代表する偉人・本居宣長(1730ー1801)。その功績や魅力を通じ、三重の文化を再認識する「宣長サミット」が平成29年10月14日(土)に開催。あわせて三重県立美術館では開館35周年記念企画第3弾として、平成29年9月30日(土)から11月26日(日)にかけて「本居宣長展」も開催されます。
17 件