政宗所用の黒漆五枚胴具足の実物も!仙台市博物館の常設展「生誕450年ー伊達政宗と城」レポート

政宗所用の黒漆五枚胴具足の実物も!仙台市博物館の常設展「生誕450年ー伊達政宗と城」レポート

伊達政宗といえば、誰もが思い浮かぶ金色の細い月形の前立。今年は伊達政宗公生誕450年を記念し、仙台市博物館では政宗公所用の具足「黒漆五枚胴具足」の実物が8/3~8/20の期間限定で公開となりました。そこで、さっそく実物を見に仙台へ。他にも多数展示されている政宗公ゆかりの品々とともにご紹介します。
【天下統一は岐阜から始まった!】命名450年、織田信長と岐阜城の歴史

【天下統一は岐阜から始まった!】命名450年、織田信長と岐阜城の歴史

永禄 10年(1567)8月15日。今から450年前の今日、織田信長は美濃を攻略。本拠地を移し、町の名を「岐阜」に改めました。信長は岐阜城を拠点に天下統一に乗り出し、その決意を示すように、中国の教えから引用した「天下布武」の印を使い始めたと伝えられます。今日は岐阜命名の日にちなみ、信長と岐阜城の歴史をひも解いていきましょう。
【8月11日は山の日!】いつか行きたい日本三大山城

【8月11日は山の日!】いつか行きたい日本三大山城

日本三大山城とは一般的に岩村城(岐阜県恵那市)、高取城(奈良県高市群)、備中松山城(岡山県高梁市)をさします。標高が721mと最も高い場所にあるのが岩村城、麓から頂上までの比高が390mと最も高いのが高取城、そして備中松山城は天守が現存する唯一の山城になります。「山の日」の本日、初心者には憧れの山城を紹介します。
【 2017年はアニバーサリーイヤー!!】伊達好き歴女がおすすめ☆政宗公生誕450年の年に訪れたいゆかりの地

【 2017年はアニバーサリーイヤー!!】伊達好き歴女がおすすめ☆政宗公生誕450年の年に訪れたいゆかりの地

伊達政宗公の誕生日は旧暦の8月3日です。1567年(永禄10年)生まれなので、今年はちょうど生誕450年にあたる、まさにアニバーサリーイヤー!!そこで今回は、政宗好きの筆者がおすすめする、政宗を感じられるゆかりの地と関連イベントをご紹介いたします。
【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

【 武将祭りでアツく、企画展で涼しく 】2017年夏休みにおすすめの歴史イベントまとめ

いよいよ夏本番、お祭りの季節がやってきました!そこで7月~8月にかけて全国で開催されるイベントのうち、歴史好きにおすすめしたいイベントをご紹介します。アツく盛り上がる武将祭りから、涼しく楽しめる展覧会まで。2017年の夏休み、まだ予定が決まっていない人は必見です!
公園もあなどれない?東京都にある「戦国の城」5選

公園もあなどれない?東京都にある「戦国の城」5選

戦国の城といえば、彦根城など天守のある城や、山中城などの迫力ある土の城を思い浮かべますが、中には公園化されていて行きやすく、見やすいものもたくさんあります。普段何気なく使用している公園も実は、戦国の城だったりするのです。今回は東京都にある戦国の城を5つご紹介します。
織田信長ゆかりの地、安土で甦る!?幻の名城・安土城

織田信長ゆかりの地、安土で甦る!?幻の名城・安土城

織田信長が築き、初めて本格的な天守(天主)閣を持った城とされる安土城。ルイス・フロイスらの記録によると、その豪華絢爛な城はまさに信長の「天下布武」の象徴だったといわれています。しかし本能寺の変の後に焼失してしまい、天主は1579年(天正7年)の完成からたった3年ほどで無くなってしまいました。現在でも「幻の城」として様々な方法で復元が試みられている安土城、その関連スポットをご紹介します。
彦根城×ブルーインパルスの華麗な競演!彦根眺城フェスに行ってきた

彦根城×ブルーインパルスの華麗な競演!彦根眺城フェスに行ってきた

滋賀県彦根市にある国宝・彦根城。今年は築城410年祭が開催中です。そのイベントのひとつとして、2017年6月4日に航空自衛隊ブルーインパルスによる展示飛行が実施。彦根城もブルーインパルスも好きな編集部は、居ても立っても居られず…現地取材に行って来ました!そのレポートをお届けします。
【2017年6月開催】城好き注目&あの武将ゆかりの祭りも!歴史関連イベント5選

【2017年6月開催】城好き注目&あの武将ゆかりの祭りも!歴史関連イベント5選

2017年6月に開催される歴史好きにおすすめの歴史イベント情報をまとめてご紹介します。
2017年は政宗公生誕450年!伊達武将隊がおすすめする仙台の見どころ

2017年は政宗公生誕450年!伊達武将隊がおすすめする仙台の見どころ

宮城県仙台市といえば、ご存じ伊達家ゆかりの地。特に今年は伊達政宗公生誕450年、関連イベントもたくさん開催され盛り上がりを見せています。そこで今回は、仙台城を拠点に活動する「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」の皆さんに、地元・仙台の楽しみ方をそれぞれご紹介いただきました!
今年は20日間限定!徳川家康の城・駿府城跡で発掘体験

今年は20日間限定!徳川家康の城・駿府城跡で発掘体験

静岡市では、徳川家康公の人生最後の居城となった駿府城で、発掘調査を実施中。江戸城をしのぐ大きさだったといわれる天守台の初の大型調査ですが、その一般体験を今年度初めて、5月10日(水)から20日間限定で体験できるそうです。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【大阪城編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【大阪城編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月8日、豊臣秀頼と淀殿が自刃し終結します。歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫る本連載。第3弾は「大阪城」編です。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月7日は天王寺・岡山の戦いの日にあたります。歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫る本連載。第2弾は「天王寺・幸村終焉の地」編です。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【「真田丸」編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【「真田丸」編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月6日は道明寺・誉田の戦い、八尾・若江の戦いの日にあたります。この連載では歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫ります。第1弾は「真田丸」があったとされるゆかりの地です。
元祖「会いに行ける武将」名古屋おもてなし武将隊がおすすめする名古屋城の魅力

元祖「会いに行ける武将」名古屋おもてなし武将隊がおすすめする名古屋城の魅力

ご当地の歴史と魅力をご当地から発信、全国各地で「会える武将」として活躍するおもてなし武将隊。今回は、その元祖であり代表格の名古屋おもてなし武将隊の皆さんに、活動拠点・名古屋城の見どころを教えていただきました。武将それぞれの推しポイントをリレー形式でご紹介します!
27 件