織田信長ゆかりの地、安土で甦る!?幻の名城・安土城

織田信長ゆかりの地、安土で甦る!?幻の名城・安土城

織田信長が築き、初めて本格的な天守(天主)閣を持った城とされる安土城。ルイス・フロイスらの記録によると、その豪華絢爛な城はまさに信長の「天下布武」の象徴だったといわれています。しかし本能寺の変の後に焼失してしまい、天主は1579年(天正7年)の完成からたった3年ほどで無くなってしまいました。現在でも「幻の城」として様々な方法で復元が試みられている安土城、その関連スポットをご紹介します。
彦根城×ブルーインパルスの華麗な競演!彦根眺城フェスに行ってきた

彦根城×ブルーインパルスの華麗な競演!彦根眺城フェスに行ってきた

滋賀県彦根市にある国宝・彦根城。今年は築城410年祭が開催中です。そのイベントのひとつとして、2017年6月4日に航空自衛隊ブルーインパルスによる展示飛行が実施。彦根城もブルーインパルスも好きな編集部は、居ても立っても居られず…現地取材に行って来ました!そのレポートをお届けします。
【2017年6月開催】城好き注目&あの武将ゆかりの祭りも!歴史関連イベント5選

【2017年6月開催】城好き注目&あの武将ゆかりの祭りも!歴史関連イベント5選

2017年6月に開催される歴史好きにおすすめの歴史イベント情報をまとめてご紹介します。
2017年は政宗公生誕450年!伊達武将隊がおすすめする仙台の見どころ

2017年は政宗公生誕450年!伊達武将隊がおすすめする仙台の見どころ

宮城県仙台市といえば、ご存じ伊達家ゆかりの地。特に今年は伊達政宗公生誕450年、関連イベントもたくさん開催され盛り上がりを見せています。そこで今回は、仙台城を拠点に活動する「奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊」の皆さんに、地元・仙台の楽しみ方をそれぞれご紹介いただきました!
今年は20日間限定!徳川家康の城・駿府城跡で発掘体験

今年は20日間限定!徳川家康の城・駿府城跡で発掘体験

静岡市では、徳川家康公の人生最後の居城となった駿府城で、発掘調査を実施中。江戸城をしのぐ大きさだったといわれる天守台の初の大型調査ですが、その一般体験を今年度初めて、5月10日(水)から20日間限定で体験できるそうです。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【大阪城編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【大阪城編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月8日、豊臣秀頼と淀殿が自刃し終結します。歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫る本連載。第3弾は「大阪城」編です。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【天王寺・幸村終焉の地編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月7日は天王寺・岡山の戦いの日にあたります。歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫る本連載。第2弾は「天王寺・幸村終焉の地」編です。
大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【「真田丸」編】

大坂夏の陣ゆかりの地を巡る歴史ミステリー【「真田丸」編】

真田幸村ら豊臣恩顧の武将たちが徳川の大軍に立ち向かった、戦国最後の戦い「大坂夏の陣」。1615(慶長20)年5月6日は道明寺・誉田の戦い、八尾・若江の戦いの日にあたります。この連載では歴史エッセイストの堀江宏樹さんが夏の陣ゆかりの地を巡り、いまだ秘められた謎に迫ります。第1弾は「真田丸」があったとされるゆかりの地です。
元祖「会いに行ける武将」名古屋おもてなし武将隊がおすすめする名古屋城の魅力

元祖「会いに行ける武将」名古屋おもてなし武将隊がおすすめする名古屋城の魅力

ご当地の歴史と魅力をご当地から発信、全国各地で「会える武将」として活躍するおもてなし武将隊。今回は、その元祖であり代表格の名古屋おもてなし武将隊の皆さんに、活動拠点・名古屋城の見どころを教えていただきました。武将それぞれの推しポイントをリレー形式でご紹介します!
【 続100名城も…】実は戦国の城の宝庫!首都圏で気軽に行ける土の城3選

【 続100名城も…】実は戦国の城の宝庫!首都圏で気軽に行ける土の城3選

4月6日の「城の日」に「続100名城」が発表されるなど、盛り上がりを見せる城ブーム。天守や石垣のない「土の城」に行ってもよくわからないという人のために、今回は、城の基本的な仕組みがわかる&首都圏近郊で行きやすい3つの城「早川城」「深大寺城」「小机城」をご紹介。週末の日帰り旅、またはGWにもおすすめです。
【タイが泳ぐ「縁起の良い」お城?】すぐそこに海が感じられる高松城(香川県)

【タイが泳ぐ「縁起の良い」お城?】すぐそこに海が感じられる高松城(香川県)

時折、初夏の日射しが眩しい季節になってきました。海を感じられる「海城」の中から、何と堀の中をタイが泳ぎおめでたい気持ちにさせてくれる日本三大水城のひとつ・高松城(香川県)をご紹介します。5月5日は無料開放日になっていますので、ゴールデンウィークの旅先におすすめですよ。
郷土愛のシンボル! 桜の季節にみちのくの名城&英雄像めぐり「ニッポン銅像探訪記 第5回:東北の名城」

郷土愛のシンボル! 桜の季節にみちのくの名城&英雄像めぐり「ニッポン銅像探訪記 第5回:東北の名城」

前回は江戸城(皇居)周辺の銅像を紹介しましたが、お城に銅像という組み合わせは、日本人の深層倫理に訴える原風景のようです。例えるなら、田園の中にたたずむ水車、または古い神社にそびえる一本杉のような景色なのです。今回から不定期で、各地域の名城とそこに立つ銅像を訪ねる「名城と英雄像」シリーズがスタート。第1弾は東北をご案内。せっかく桜の季節なので、北上する桜前線とともに、北へ向かって城と銅像をめぐっていきましょう。
【 お前はまだグンマの歴史を知らない! 】高崎の名づけ親は大河ドラマで話題のあの人?群馬が誇る歴史トリビアまとめ

【 お前はまだグンマの歴史を知らない! 】高崎の名づけ親は大河ドラマで話題のあの人?群馬が誇る歴史トリビアまとめ

ドラマ「お前はまだグンマを知らない」が面白いと評判ですね。原作のマンガやドラマの中で描かれる「群馬のあるあるネタ」だけでなく群馬には歴史トリビアが実はたくさんあるのです。意外と知られていませんが群馬は歴史上でも多くの人々が関わってきたいわば「歴史銀座」のような土地。たくさんある群馬の歴史トリビアの中からとっておきのネタをご紹介しましょう。
皇居の四囲を護る〝守護者〟となった銅像たち「ニッポン銅像探訪記 第4回:皇居周辺」

皇居の四囲を護る〝守護者〟となった銅像たち「ニッポン銅像探訪記 第4回:皇居周辺」

連載第4回目は東京の中心地・皇居周辺の銅像を紹介。歴史好きの皆様でしたら、天皇が住まう皇居は、江戸時代まで幕府が置かれた江戸城だったことは説明不要でしょう。維新後、天皇の住まいとなった皇居の周囲には、皇室とゆかりが深い歴史人物や、維新に功績があった軍人の銅像が多く築かれました。天皇家および日本の〝守護者〟となった像を訪ねてみましょう。
関東近郊にある!この春行きたい戦国武将ゆかりの城と歩き方講座

関東近郊にある!この春行きたい戦国武将ゆかりの城と歩き方講座

気づかないだけで、意外に東京のすぐ近くにもある戦国の「土の城」。今回は、そんな土づくりの城を実際に歩いてみたいという人のために、準備や持ちもの、歩く時に気をつけたいことを伝授。暖かくなったら出かけたい、戦国武将ゆかりの城とともにご紹介します。
21 件