ゆかりの地・玉名に誕生!「いだてん大河ドラマ館」潜入レポート

ゆかりの地・玉名に誕生!「いだてん大河ドラマ館」潜入レポート

オリンピックを題材にした2019年の大河ドラマ『いだてん』。宮藤官九郎氏のオリジナル脚本で、早くも異色の大河ドラマとして話題になっていますね。 主人公は、日本初のオリンピック選手となった金栗四三。その金栗ゆかりの地である熊本県の玉名に、ついに大河ドラマ館がオープン!ドラマがもっと楽しくなる、大河ドラマ館の模様をレポートします。
マラソンの父・金栗四三の生誕地にオープン『金栗四三ミュージアム』

マラソンの父・金栗四三の生誕地にオープン『金栗四三ミュージアム』

2019年の大河ドラマ『いだてん』の主人公である、金栗四三の出身地として注目されている熊本県玉名郡和水町。現存する金栗の生家近くに、2019年1月11日(金)オープンしたのが『金栗四三ミュージアム』です。ここでは金栗を等身大の視点で紹介し、日本のマラソン界発展のために捧げた彼の生涯を体感できる、地元ならではのミュージアムとなっています。
三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

三浦按針と徳川家康を大河ドラマに!ゆかりの地・横須賀市に聞いた誘致活動

大河ドラマ誘致戦国時代といわれる昨今。その経済効果は数十億円ともいわれ、各自治体は地元の偉人を大河ドラマの主役にとPRしています。その中から今回は、ウィリアム・アダムズこと三浦按針と徳川家康を主役にした大河ドラマ化に向け活動している神奈川県横須賀市をピックアップ。家康に重用された英国人・按針とはどのような人物だったのか?初の外国人大河ドラマの主役になるかもしれない、そのドラマチックな生涯を、ゆかりの地の声とももにご紹介します。
三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

三島弥彦、吉岡信敬…天狗倶楽部のメンバーたち、破天荒だがそこがいい!

大河ドラマ「いだてん」が始まり、初回から話題を呼んでいます。なかでもTNGこと「天狗倶楽部」のはじけっぷりに度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。生田斗真さん演じる三島弥彦を筆頭に、個性強めなメンバーたちは、いったいどんな人物だったのでしょうか。実在するメンバーの紹介と、彼らにゆかりがある場所をご紹介します。
「西郷どん」だけじゃない!様々な150年の節目を迎えた2018年歴史トピックスを総括【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:最終回】

「西郷どん」だけじゃない!様々な150年の節目を迎えた2018年歴史トピックスを総括【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:最終回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載も、今回で最終回。2018年は、明治150年の記念の年であり、大河ドラマ「西郷どん」放送も手伝って、幕末から明治にまつわる歴史ニュースやイベントが絶えない1年となりました。幕末維新志士たちの生涯をゆかりの地とともに紹介した本連載と、小栗さくら自身が感じた今年の歴史トピックスを総括します!
お正月の風物詩!箱根駅伝と金栗四三の素敵な関係

お正月の風物詩!箱根駅伝と金栗四三の素敵な関係

お正月の風物詩のひとつに、箱根駅伝を挙げる方も多いのではないでしょうか。学生たちの全力を尽くした走りには感動させられますよね。ところで、この箱根駅伝は大河ドラマ「いだてん」の主人公となる金栗四三の発案によるものだったことをご存知でしょうか。金栗がどのようにして箱根駅伝を実現させたのか、ゆかりの地と共にご紹介します。
村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

村田新八は“大久保に次ぐ人傑”!西南戦争まで西郷とともに歩んだ生涯【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第26回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第26回は、村田新八です。幕末期から西郷隆盛と行動を共にした村田は、あの勝海舟も「大久保に次ぐ人傑」と評したほどの人物でした。大河ドラマ「西郷どん」では描かれなかった村田の功績とは?最期まで西郷とともに歩んだその生涯を追ってみます。
馬に乗ったまま琵琶湖を渡る!?知られざる猛将、明智秀満とは!

馬に乗ったまま琵琶湖を渡る!?知られざる猛将、明智秀満とは!

今も語り継がれる「明智左馬之助湖水渡り」伝説。かつて、1000騎を超える敵軍を前に、愛馬もろとも琵琶湖に飛び込み、見事波立つ湖面を泳ぎ切ってみせた武将がいました。彼の名は明智秀満。明智光秀の重臣であり、「生涯、光秀の他に仕えるつもりはない」と豪語する忠義の人でもありました。大河ドラマ「麒麟がくる」でも大注目間違いなし!滋賀県大津市に秀満ゆかりの地を訪ねます。
来年の大河ドラマ主人公、周年記念のあの人も!2018年建立された銅像たち

来年の大河ドラマ主人公、周年記念のあの人も!2018年建立された銅像たち

2018年もゆかりの地に続々と建てられた偉人たちの銅像。記念や節目に新しく造られることで、改めて功績を見直すきっかけにもなりますよね。そこで今回は、2018年に新設された銅像とともに、今年がどんな年だったのかを振り返ってみましょう!
西南戦争に散る…西郷から信頼された薩摩隼人・篠原国幹

西南戦争に散る…西郷から信頼された薩摩隼人・篠原国幹

新政府を去った西郷隆盛の後を追って、多くの旧薩摩藩士が下野しました。その中にいたのが、今回ご紹介する篠原国幹です。南洲墓地では西郷の隣に埋葬されている彼は、西郷から絶大な信頼を置かれていました。その生涯とともに、戦いの軌跡や「習志野」の地名の由来になったという説もあるゆかりの地を紹介しましょう。
再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

再評価の動きも?日本軍閥の祖・山縣有朋が眠る護国寺【小栗さくらがゆく!幕末維新のみち:第25回】

歴史タレント・小栗さくらが、幕末維新ゆかりの場所を旅する連載。第25回は、山縣有朋ゆかりの地です。「日本軍閥の祖」とも呼ばれ、明治政府では軍政家として陸軍の礎を築いた山縣有朋。一般的なイメージはあまり良くないようですが、最近ではその評価も見直されつつあります。山縣が歩んだ人生を、墓所・護国寺とともにご紹介します。
温泉好きの西郷&龍馬も滞在した鹿児島・日当山温泉【『西郷どん』スポットめぐり】

温泉好きの西郷&龍馬も滞在した鹿児島・日当山温泉【『西郷どん』スポットめぐり】

温泉好きで知られる「西郷どん」こと西郷隆盛。西郷が愛した温泉のひとつが、鹿児島県霧島市にある日当山温泉です。鹿児島空港からすぐ近く、県外から訪れた方も気軽に立ち寄ることができおすすめの西郷ゆかりの湯。近くにある日本最大の西郷像が建つ「西郷公園」とあわせ、歴史タレント・小栗さくらさんがセットでご案内します。
【『西郷どん』では語りきれない真実】西南戦争の激戦地でその歴史を伝える熊本市田原坂西南戦争資料館

【『西郷どん』では語りきれない真実】西南戦争の激戦地でその歴史を伝える熊本市田原坂西南戦争資料館

大河ドラマ「西郷どん」も、いよいよ明治へ突入。明治維新から10年後、西郷隆盛を中心とした薩摩軍と明治政府軍との間で日本最後の内戦・西南戦争が勃発します。なかでも激戦地となったのが、熊本市植木町の田原坂です。今も戦いの跡が残る現地で、その歴史を伝えている熊本市田原坂西南戦争資料館を取材してきました。
「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

2018年9月22日(土)~24日(月)に福島県会津若松市で開催された「戊辰150周年記念会津まつり」。メインイベントとなる23日の藩公行列には、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主役・山本八重を演じた綾瀬はるかさんと、その子供時代を演じた鈴木梨央さんが登場。おふたりは前日に行われた「戊辰150周年記念式典」のトークショーにも参加。祭りの模様と共に、式典での貴重なお話しをレポートします。
龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

龍馬も登った!「西郷どん」最終章メインビジュアルの撮影地・高千穂峰と霧島神宮の歴史

NHK大河ドラマ「西郷どん」が、いよいよ大詰めとなる最終章「明治編」へと突入します。先日、そのメインビジュアルが発表されましたが、撮影地に選ばれたのが鹿児島県と宮崎県の県境にそびえる高千穂峰。西郷隆盛と大久保利通を演じる鈴木亮平さんと瑛太さん、そして大勢のスタッフが、わざわざ本格的な登山を行ってまで撮影を行ったこだわりの聖地、高千穂峰とは?
122 件