没後150年の渋沢平九郎、主家の難に殉じ戊辰戦争に散る

没後150年の渋沢平九郎、主家の難に殉じ戊辰戦争に散る

テレビやネットでも度々話題にのぼる「幕末イケメン」、渋沢平九郎をご存知ですか。彼は「日本資本主義の父」と知られる渋沢栄一の養子にあたります。この渋沢平九郎の特別展「渋沢平九郎―幕末維新、二十歳の決断―」が、東京王子の飛鳥山公園にある渋沢史料館で開催されています。見た目がイケメンというだけでなく、その生き様はまさにラスト・サムライ。その渋沢平九郎の生涯をご紹介します。
「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

「“八重の桜”は宝物」綾瀬はるかさんの会津愛に感動『戊辰150周年記念式典&会津まつり』レポート

2018年9月22日(土)~24日(月)に福島県会津若松市で開催された「戊辰150周年記念会津まつり」。メインイベントとなる23日の藩公行列には、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主役・山本八重を演じた綾瀬はるかさんと、その子供時代を演じた鈴木梨央さんが登場。おふたりは前日に行われた「戊辰150周年記念式典」のトークショーにも参加。祭りの模様と共に、式典での貴重なお話しをレポートします。
なぜ上野に?意外と知らない西郷隆盛と愛犬の銅像制作秘話

なぜ上野に?意外と知らない西郷隆盛と愛犬の銅像制作秘話

浴衣姿で犬を連れ、凛々しい眼差しを注ぐ。全国的に有名な上野の「西郷隆盛像」は、明治31(1898)年12月18日に除幕式が行われました。今ではすっかり上野の顔になっている西郷隆盛像ですが、なぜ上野にあるのか?連れている犬は何なのか、ご存知ですか?
3 件