関ケ原とあわせて立ち寄りたい!石田三成たち西軍の拠点となった大垣城

関ケ原とあわせて立ち寄りたい!石田三成たち西軍の拠点となった大垣城

岐阜県大垣市にある大垣城。町のシンボルとして愛され、2017年には「続日本100名城」にも選定されました。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいては石田三成ら西軍の本拠地にもなっています。関ヶ原の戦いゆかりの地としても、ぜひ立ち寄っていただきたいスポットのひとつです。
今年もイベント満載!10/14・15は「関ケ原合戦祭り2017」に出陣せよ!

今年もイベント満載!10/14・15は「関ケ原合戦祭り2017」に出陣せよ!

戦国ファン、関ケ原ファンの一大事!「関ケ原合戦祭り2017」が「関ケ原合戦」の聖地・岐阜県不破郡で開催されます。今年の日程は10月14日(土)、15日(日)の2日間。島津義弘が主役の「関ケ原合戦絵巻2017」や、「鉄砲隊演武」「戦国グッズマーケット」「関ケ原戦国ライブ」といった名物をはじめ、注目イベントが目白押し。今回はその見どころをご紹介します!
岐阜県御嵩町で『可児才蔵まつり in 願興寺』が開催!関ヶ原の戦いで最も首を獲った「笹の才蔵」の魅力に迫る

岐阜県御嵩町で『可児才蔵まつり in 願興寺』が開催!関ヶ原の戦いで最も首を獲った「笹の才蔵」の魅力に迫る

岐阜県御嵩町(みたけちょう)で、2017年10月12日(木)~15日(日)の期間、関ヶ原の戦いで最も首を獲った男とされる「可児才蔵」の魅力に迫る『可児才蔵まつり in 願興寺』が開催。才蔵ゆかりの願興寺・才蔵寺の住職によるトークショーなど、戦国好きならぜひ聞きたいイベントも。
【 意外と知らない戦国大名としての政宗 】生誕450年記念シンポジウム『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』レポと仙台市博物館特別展見どころ

【 意外と知らない戦国大名としての政宗 】生誕450年記念シンポジウム『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』レポと仙台市博物館特別展見どころ

伊達政宗公生誕450年の今年、各地で関連イベントが開催されています。先日、東京・淑徳大学でも伊達政宗生誕450年記念シンポジウムin東京『伊達政宗、戦国大名から藩主へ』が開催。研究者が語った仙台藩や藩主としての伊達政宗とは?仙台市博物館・菅野氏による伊達家臣団についての登壇レポートとともに、10月7日から仙台市博物館で開催される特別展「伊達政宗―生誕450年記念」の見どころも合わせてお伺いしました。
戦国一の規模を誇った関東の名城!【月刊 日本の城】第2回:北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構

戦国一の規模を誇った関東の名城!【月刊 日本の城】第2回:北条氏の本拠地・小田原城の天守と遺構

webサイト「日本の城写真集」の管理人・けいすけが、日本の名城の見どころ、撮りどころを徹底的に紹介する連載「月刊 日本の城」。第2回は戦国時代に関東一円を支配した北条氏の本拠地・小田原城です。当時の城では群を抜いて規模が大きく、上杉謙信と武田信玄の攻撃にも耐え抜いた堅城で、戦国時代の後も東海道沿いの大きな都市として栄えました。元亀2年(1571)の今日、10月3日に亡くなった北条氏康にちなみ、今回は首都圏から日帰りで行ける名城の、特にオススメのポイントを中心に紹介していきます。
【 秋は武将まつりへ出陣!】10月開催!ご当地戦国武将イベントまとめ

【 秋は武将まつりへ出陣!】10月開催!ご当地戦国武将イベントまとめ

秋になると毎週のように全国各地で開催されるご当地歴史イベント。なかでも戦国武将にちなんだ祭りが多く開催され、一般の方も甲冑を着て参加できるなど近年注目を集めています。今回は、編集部がおすすめする秋の戦国武将イベントをご紹介!
【信長が認めた武将であり、茶々・初・江の父】浅井長政ゆかりの地と小谷城

【信長が認めた武将であり、茶々・初・江の父】浅井長政ゆかりの地と小谷城

北近江の戦国大名・浅井長政。織田信長の妹・お市の方を妻にもち、大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の茶々・初・江三姉妹の父としても有名です。信長との戦いに敗れ、1573年(天正元)9月26日、29歳という若さで自害するも、信長は長政の武勇を認めていたと言われています。今回は浅井氏の居城となった戦国屈指の山城、小谷城を中心とした浅井長政ゆかりの地を紹介します。
【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

慶長5年(1600)の今日、9月21日は、関ヶ原合戦で敗北した石田三成が捕らえられた日。その三成を捕らえたのが三成と同じ近江出身の田中吉政です。吉政は秀吉に注目されると、秀次の筆頭家老に抜擢。近江八幡や岡崎、柳川の城や城下町を整備し、その遺構は現代にも活かされています。意外と知られていない?吉政の功績とゆかりの地をご紹介します。
お城好きのための祭典『お城EXPO 2017』が12/22~24開催!

お城好きのための祭典『お城EXPO 2017』が12/22~24開催!

昨年初開催された『お城EXPO』が今年も開催!2017年12月22日(金)から12月24日(日)にパシフィコ横浜の会議センターにて行われます。お城にまつわる貴重な資料展示をはじめ、お城のスペシャリストによる講演会など、知識を深められるプログラムが盛りだくさん!9月15日(金)のチケット発売を前に、見どころをたっぷりご紹介いたします。
武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

武勇にも内政にも優れた加藤嘉明ゆかりの地と松山城

加藤なら清正、というイメージが強いかと思いますが、忘れてはいけないのが加藤嘉明です。豊臣秀吉子飼いの武将として「賤ヶ岳の七本槍」に数えられ、また淡路水軍を率いて海戦でも活躍するなど、その武勇はかなりのものでした。寛永8年(1631)9月12日に亡くなった加藤嘉明の彼の人生と、松山城をはじめとするゆかりの地をご紹介します。
100名城・月山富田城と尼子氏&山中鹿介ゆかりの地

100名城・月山富田城と尼子氏&山中鹿介ゆかりの地

戦国屈指の山城であり、170年余間の尼子氏の衰弱の舞台となった月山富田城(島根県安来市)。戦国の山城と近世の石垣がみられる貴重な城であります。今回は月山富田城の魅力と、本拠地としていた尼子氏、また尼子氏の再興を願い、何度も戦った人気武将・山中鹿介を紹介します。
【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

【芸術の秋!武将まつりの秋!】2017年9月おすすめの歴史イベントまとめ

まだまだ暑い日が続く9月は、歴史イベントも楽しみなものが盛りだくさん!人気武将のまつりに、注目の展覧会、この秋は幕末維新150周年にちなんだイベントも続々登場します。まつりではしゃぐ秋、芸術に触れる秋、そして歴史を学ぶ秋…いろんな秋をお楽しみください!
【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

名軍師・黒田官兵衛の嫡男であり、父と共に秀吉に仕え、数々の武功をあげた黒田長政。関ヶ原合戦では東軍として活躍し、家康から認められ、福岡藩初代藩主になります。1623年(元和9)8月29日の長政の命日にちなみ、今回は長政の福岡ゆかりの地と、黒田家の家宝を所蔵する福岡市博物館を紹介します。
森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台とは「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』の舞台を巡る」

森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台とは「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』の舞台を巡る」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第6回は、あの文豪、森鴎外も読み、明治期の青少年の心をわしづかみにした伝説の男色小説『賤のおだまき』を取り上げます。南九州を舞台に、鬼島津の屋台骨を揺るがした、戦国末期の大乱「庄内の乱」を背景にした、二人の健やかで美しい若者の愛の軌跡はどこに至るのか?
いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

いざ天下分け目の舞台へ!戦国武将の聖地・関ヶ原の戦いゆかりの地を歩く(東軍編)

日本史上最大の合戦ともいわれる関ヶ原の戦い。戦国ファンではあれば一度は訪れたい聖地中の聖地・関ヶ原を西軍、東軍別に紹介します。陣跡が点在し、地形もよく残る関ヶ原を歩けば、当時の武将の気持ちになれる⁉︎ 400年前の激戦を肌で感じに、いざ出陣!
49 件