やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

やっぱり猫が好き!?武将ゆかりの猫寺&猫神社

2月22日は猫の日。食物や養蚕業をネズミから守るため、古くから猫と共存してきた日本。全国には猫稲荷や猫仏、猫地蔵などが多くあり、その中には武将にまつわるものもあるんです。猫好きはもちろん、歴史ファンなら訪れたい、武将にゆかりのある猫寺&猫神社をご紹介します。
大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート

大河ドラマ『真田丸』出演者も登場!小栗さくらの「山家神社節分祭」レポート

長野県上田市真田町にある山家神社は、真田氏が崇敬した神社として知られています。今年2月3日に開催された「山家神社節分祭」では歴史タレント・小栗さくらが参加。大河ドラマ「真田丸」の出演者の方と共に、大いに盛り上がった当日の様子をレポートします。拝殿の儀式など、貴重な場面も見られますよ。
秋田美人のルーツを築いた!?「鬼義重」と呼ばれた猛将・佐竹義重ゆかりの地

秋田美人のルーツを築いた!?「鬼義重」と呼ばれた猛将・佐竹義重ゆかりの地

戦国時代、多くの武将が割拠した関東地方で、常陸国(茨城県)の戦国大名・佐竹義重の存在感はずば抜けたものでした。しかし、「鬼義重」または「坂東太郎」の異名を誇った彼の生涯は、実は常陸で終焉を迎えたわけではなかったのです。秋田美人のルーツを築いたといわれる彼の生涯とゆかりの地をご紹介したいと思います。
3月4日「三好の日」にちなんで開催!「三好長慶公武者行列 in 大東」に参加しよう

3月4日「三好の日」にちなんで開催!「三好長慶公武者行列 in 大東」に参加しよう

戦国時代、あの織田信長よりも前に天下を取ったといわれる戦国武将・三好長慶。長慶晩年の居城・飯盛城があった大阪府大東市で、昨年初開催された「三好長慶公武者行列 in 大東」が今年は3月3日(土)に開催されます。自前の衣装での参加はもちろん、ない方には貸し出しもある嬉しい企画。その内容をご紹介します。
【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

【島津四兄弟の長男】弟・義弘らをまとめ、薩摩藩繁栄の礎を築いた島津義久

戦国時代の島津氏を語る上で絶対に外せない島津四兄弟。輝かしい実績を持つ次男・義弘の影に隠れがちですが、長男・義久の存在こそ、島津家にとってはなくてはならないものでした。では、義久とはいったいどんな人物だったのでしょうか。彼のゆかりの地を交えながらご紹介していきたいと思います。
信玄ファンは参加必須!「中馬街道ぬくもり街道ひな祭りと武田信玄終焉の地を訪ねる」ツアー開催

信玄ファンは参加必須!「中馬街道ぬくもり街道ひな祭りと武田信玄終焉の地を訪ねる」ツアー開催

三方ヶ原の戦いで徳川家康を打ち破った後、甲斐に帰る途中で死去したと伝えられる武田信玄。諸説ある終焉地のうち、有力とされる根羽村横畑と阿智村駒場(ともに長野県下伊那郡)を訪ねるツアーが3月4日(日)に開催されます。地元の専門ガイドや住職から貴重な話が聞けるなど、信玄ファンにはたまらない特典も。地元で愛されるひな祭りも楽しめる、見どころ満載のツアー内容をご紹介します。
御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡る武将ゆかりの地~豊臣秀吉編~

御朱印で巡るゆかりの地、今回は豊臣秀吉ゆかりの寺社の御朱印をご紹介します。秀吉は天文6年(1537)2月6日、尾張国の中村(現在の名古屋市中村区)に生まれたといわれています。下層民から天下人へと登りつめた秀吉だけに、出世にもご利益あり!な、ゆかりの地を御朱印で追っていきましょう。
【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

細川忠興の波乱の生涯とゆかりの地をめぐるシリーズ。丹後時代を紹介した前編、細川家怒涛の関ヶ原の戦いをお送りした中編に続き、後編は、小倉、中津、そして西国きっての大国・肥後熊本藩が設立するまでの忠興と、ゆかりの地をご案内します。
美少年版ハニートラップで敵を滅ぼす!?「日本男色史巡り 第10回:宇喜多直家」

美少年版ハニートラップで敵を滅ぼす!?「日本男色史巡り 第10回:宇喜多直家」

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第10回は、尼子経久・毛利元就と並んで中国三代謀将と呼ばれる宇喜多直家。自身も寵童だったという説がある直家が、男色好きの相手に仕掛けた罠とは!?
【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

あまりの寒さに家に引きこもりたくなる冬。しかし2月は寒さも吹き飛ぶ熱いイベントが続々開催されます。全国の武将隊が集結する武将博から、沖田総司の愛用していた刀工の刀剣展示、大河ドラマ「西郷どん」のスタンプラリーなど、歴史系イベントをご紹介します。
【武将、銅鏡、西郷どんも】バレンタインに贈りたい歴史系チョコレート

【武将、銅鏡、西郷どんも】バレンタインに贈りたい歴史系チョコレート

2018年、始まったばかりと思ったらもう2月、もうすぐバレンタイン!何を贈るか考えていない、またはマンネリを打破したい方にオススメなのが歴史系チョコレート。武将をイメージしたアソートから、本物みたいな銅鏡チョコ、「西郷どん」ものまで、歴史好きなら自分も欲しい逸品をご紹介します。
生誕450年!立花宗茂ゆかりの地・柳川で開催中の特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」

生誕450年!立花宗茂ゆかりの地・柳川で開催中の特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」

1567年に生まれ、西国無双といわれた戦国武将・立花宗茂。その生誕450年を記念し、宗茂が初代藩主となった柳川にある立花家史料館と柳川古文書館の2館では特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」が開催。宗茂や、彼を支えた家臣たちゆかりの品や資料が一堂に会した本展と、柳川に残るゆかりの地をレポートします。
【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

【直江兼続から井伊家へ】波乱万丈!?名門が受け継いだ与板藩の歴史

与板藩は、現在の新潟県長岡市にあった小さな藩です。その系譜は、大河ドラマ「天地人」の主人公でおなじみの直江兼続から、同じく「おんな城主 直虎」で知られる井伊家にまで受け継がれます。また、戊辰戦争においても重要拠点となり、新政府軍に大きな貢献を果たしました。しかしそうなるまでには、波乱万丈な歴史があったのです。今回は、そんな与板藩の成り立ちとゆかりの地をご紹介します。
【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

慶長5年(1600)、会津征伐から始まる関ヶ原の戦いが勃発。丹後田辺、大坂玉造、豊後杵築、江戸、そして、関ヶ原と分断されての戦いを強いられることになった細川家は、国が攻め込まれ滅亡寸前に…!細川忠興の丹後時代を紹介した前編に続き、今回は5カ所に分かれて戦った細川家の関ヶ原合戦を中心に、忠興ゆかりの地をご案内します。
前田利家ゆかりの寺がカエルだらけ!?金沢・越前にあるふたつの宝円寺

前田利家ゆかりの寺がカエルだらけ!?金沢・越前にあるふたつの宝円寺

「槍の又左」と称された戦国武将・前田利家。金沢城に入り、加賀藩初代藩主となったことでも知られています。そんな利家ゆかりのお寺が、金沢にある前田家の菩提寺・宝円寺と、もうひとつ、利家が金沢の前に在城していた現在の福井県越前市にも宝円寺があるんです。今回は、独自の取り組みをしているふたつのお寺をご紹介します。
115 件