日本遺産にも認定!『日本最大の海賊』村上海賊ゆかりの地でその魅力を体感しよう

日本遺産にも認定!『日本最大の海賊』村上海賊ゆかりの地でその魅力を体感しよう

かつて瀬戸内海において「日本最大の海賊」と言われた村上海賊。2016年、その本拠地である愛媛県今治市と広島県尾道市が共同で申請し、村上海賊のストーリーと「芸予諸島」に連なる43の構成文化財が日本遺産に認定されました。ただの“海賊”ではない彼らの活躍とは?小説の題材にもなり、近年さらに観光地として注目を集める村上海賊ゆかりの地とその文化をご紹介しましょう。
【 日本一危ない国宝見物!?】断崖絶壁に立つ三徳山三佛寺投入堂(鳥取県)

【 日本一危ない国宝見物!?】断崖絶壁に立つ三徳山三佛寺投入堂(鳥取県)

鳥取県にある国宝・三徳山三佛寺投入堂。断崖絶壁に立つ国宝として有名ですが、2015年に「六根清浄と六感治癒~日本一危ない国宝鑑賞と世界屈指のラドン泉」の要素として日本遺産に認定されています。鳥取県中部地震(2016年10月)の影響が残りますが、先日秘仏が850年ぶりに修復し帰山したといううれしいニュースもありました。そんな三徳山三佛寺投入堂の歴史を振り返ってみましょう。
2 件