朝ドラ

朝ドラ

NHK朝の『連続テレビ小説』、通称「朝ドラ」のモデルになった人物に関する記事をご紹介します。

朝ドラ『まんぷく』のモデル!安藤百福とインスタントラーメン発祥の地・大阪池田

朝ドラ『まんぷく』のモデル!安藤百福とインスタントラーメン発祥の地・大阪池田

2018年10月より放送を開始したNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』。インスタントラーメンを生み出した夫婦の物語を描き、ヒロインは安藤サクラさん演じる今井福子、夫・立花萬平を長谷川博己さんが演じます。モデルとされるのは、日清食品創業者・安藤百福氏とその妻・仁子さん。史実の2人はどんな人物だったのか、ゆかりの地・大阪府池田市のカップヌードルミュージアムで開催中の特別展とともに紹介します。
朝ドラヒロインのモデル・広岡浅子、ゆかりの品から見える意外な一面とは?【後編】

朝ドラヒロインのモデル・広岡浅子、ゆかりの品から見える意外な一面とは?【後編】

平成27年後期連続テレビ小説「あさが来た」のモデルとなった広岡浅子。大阪市西区にある大同生命大阪本社ビルで開催中の「大同生命の源流“加島屋と広岡浅子”」では、加島屋と浅子のつながりと浅子の人柄がわかる品々が展示がされています。今回の後編では、ドラマでは見られなかった浅子の意外な一面に、歴史エッセイストの堀江宏樹さんが迫ります。
朝ドラヒロインのモデル、広岡浅子の生涯がわかる特別展示が開催中【前編】

朝ドラヒロインのモデル、広岡浅子の生涯がわかる特別展示が開催中【前編】

「びっくりぽん」でおなじみ、平成27年後期連続テレビ小説「あさが来た」(NHK)のモデルとなった広岡浅子。その浅子が創業に尽力した大同生命の大阪本社ビルで、現在特別展示「大同生命の源流“加島屋と広岡浅子”」が開催中。ドラマでは今までの考えに縛られない自由な人として描かれていた浅子ですが、実際はどんな人物だったのでしょうか?歴史エッセイストの堀江宏樹さんがレポートします!
3 件