司馬遼太郎が脚光を当てた幕末最後のサムライ・河井継之助ゆかりの地

司馬遼太郎が脚光を当てた幕末最後のサムライ・河井継之助ゆかりの地

幕末の越後長岡藩の家老・河井継之助(かわいつぎのすけ)。司馬遼太郎の小説「峠」で一躍全国区の英雄となりました。日本国中が勤皇か佐幕かで別れる中、継之助は長岡藩を「独立自尊の中立国」たらんとする理想を追い求めますが、新政府軍に容れられず、心ならずも幕府側の立場で戦います。そして戊辰戦争中、最も激烈と言われた北越戦争の指揮をとった傑物でした。ここでは、その継之助の想いが感じられるゆかりの地をご紹介します。
1 件