「日本男色史巡り 最終回:戦国三大美少年」名古屋山三郎、不破万作、浅香庄次郎…武将たちが愛した少年の末路

「日本男色史巡り 最終回:戦国三大美少年」名古屋山三郎、不破万作、浅香庄次郎…武将たちが愛した少年の末路

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載「日本男色史巡り」。最終回は「戦国三大美少年」。戦国末期、名古屋山三郎、不破万作、そして浅香庄次郎ら3人の少年たちは美貌と武勇でその名をとどろかせました。しかし人生のすべてがバラ色だったわけではなく…天下の諸侯を魅了した彼らを待ち受けていた運命とは!?
「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

「日本男色史巡り 第11回:日本仏教の男色」美少年を巡って寺同士が大抗争!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第11回は、実は美少年の園だった日本の有名な寺社仏閣を巡ります。今月公開する日中合作映画「空海 KU-KAI」の主人公、弘法大師空海が中国から持ち込んだといわれる日本の男色。ときに惑わし、ときに悟りへと導いた美しい稚児たちの秘密とは!?
「日本男色史巡り 第10回:宇喜多直家」敵を滅ぼす美少年版ハニートラップ

「日本男色史巡り 第10回:宇喜多直家」敵を滅ぼす美少年版ハニートラップ

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第10回は、尼子経久・毛利元就と並んで中国三代謀将と呼ばれる宇喜多直家。自身も寵童だったという説がある直家が、男色好きの相手に仕掛けた罠とは!?
「日本男色史巡り 第8回:南方熊楠」生誕150周年記念!奇才・熊楠の愛した兄弟とは!?

「日本男色史巡り 第8回:南方熊楠」生誕150周年記念!奇才・熊楠の愛した兄弟とは!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第8回は、今年で生誕150周年を迎える異能の天才学者、南方熊楠。粘菌の研究で知られ、エコロジストの先駆けでもあった熊楠は実は、岩田準一と同じ男色研究家だった!?彼の唱えた「浄の男道」、そして愛した二人の兄弟とは。
「日本男色史巡り 第7回:岩田準一」南方熊楠・江戸川乱歩が認めた男色研究家の生涯を辿る

「日本男色史巡り 第7回:岩田準一」南方熊楠・江戸川乱歩が認めた男色研究家の生涯を辿る

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第7回は、あの南方熊楠、江戸川乱歩も驚嘆した、伝説の男色研究家『岩田準一』を紹介します。竹久夢二の弟子という顔も持ち、自身も大変な美男子だった準一。華やかな交友歴のなかでも、特に江戸川乱歩との熱い?関係を中心に取り上げます。
「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』」森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台を巡る

「日本男色史巡り 第6回:伝説の男色小説『賤のおだまき』」森鴎外も読んだ!? 明治期に大流行した男色小説の舞台を巡る

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第6回は、あの文豪、森鴎外も読み、明治期の青少年の心をわしづかみにした伝説の男色小説『賤のおだまき』を取り上げます。南九州を舞台に、鬼島津の屋台骨を揺るがした、戦国末期の大乱「庄内の乱」を背景にした、二人の健やかで美しい若者の愛の軌跡はどこに至るのか?
「日本男色史巡り 第5回:藤原頼長」『悪左府』と呼ばれた日本最強の男色家を慕う旅

「日本男色史巡り 第5回:藤原頼長」『悪左府』と呼ばれた日本最強の男色家を慕う旅

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第5回は、命日8月1日(1156年)を記念してスペシャル版。NHK大河ドラマ「平清盛」で山本耕史さんが演じて話題になった、日本男色界のスーパースター藤原頼長様を取り上げます。「悪左府」「よろずにきわどき人」と恐れられた人物の秘められた思いとは!?
「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

「日本男色史巡り 第4回:幕末・明治の男色」新撰組局長、近藤勇も悩んだ幕末・明治の男色の流行!?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第4回は、次回大河ドラマ「西郷どん」の舞台、幕末・明治。新撰組局長、近藤勇も悩んだ、幕末・明治の男色隆盛の理由とは?
「日本男色史巡り 第2回:陰間茶屋」美少年版キャバクラ・男も女も魅了した陰間の持つ魅力とは…?

「日本男色史巡り 第2回:陰間茶屋」美少年版キャバクラ・男も女も魅了した陰間の持つ魅力とは…?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する連載『日本男色史巡り』。第2回は、江戸時代に繫盛した美少年版キャバクラ「陰間茶屋」をご紹介します。柘榴の皮で肌を、笹灰で歯を磨き、現代のモデル顔負けの情熱を美容に燃やした少年たち。その美貌は男女問わず、人々を魅了しました。今回は茶屋のあった町や、彼らの愛用した温泉地などをご紹介します。そして、陰間茶屋がきっかけにコンビを組んだ誰もが知るあの二人の石像も!?
「日本男色史巡り 第1回:伊達政宗」奥州の覇者・独眼竜政宗が小姓へ送った謝罪の手紙、その内容とは…?

「日本男色史巡り 第1回:伊達政宗」奥州の覇者・独眼竜政宗が小姓へ送った謝罪の手紙、その内容とは…?

日本の男色史を、ゆかりの品や場所とともにご紹介する新連載『日本男色史巡り』。第1回は、伊達政宗公ゆかりの手紙をご紹介します。同僚の大名からは「狐憑き」、史家からは「変人」と呼ばれる一方、家臣や領民からは情け深い「慈父」と慕われた奥州の覇者、伊達政宗。見る人によってプリズムのように違う色を見せる、複雑怪奇な人間性の彼が心底から愛したのは少年だった!? 仙台市博物館に現存する、愛する少年へ送った政宗ゆかりの手紙とは?
10 件