【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

慶長5年(1600)、会津征伐から始まる関ヶ原の戦いが勃発。丹後田辺、大坂玉造、豊後杵築、江戸、そして、関ヶ原と分断されての戦いを強いられることになった細川家は、国が攻め込まれ滅亡寸前に…!細川忠興の丹後時代を紹介した前編に続き、今回は5カ所に分かれて戦った細川家の関ヶ原合戦を中心に、忠興ゆかりの地をご案内します。
【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

【刀剣、若冲、西郷の浮世絵も】歴史ファン必見!1月の展覧会とおすすめ神社

2018年は新年から気になる展覧会が盛りだくさん。特に貴重な名刀が見られるものや人気の伊藤若冲、明治維新150周年を記念した浮世絵展など、歴史ファン必見の展覧会も多数開催されます。さらに、近くにあるおすすめ神社もご紹介。歴史の見聞、知識とともにご利益もゲットしちゃいましょう。
【今年は直虎イヤー!】2017年歴史ファンが注目したゆかりの地まとめ

【今年は直虎イヤー!】2017年歴史ファンが注目したゆかりの地まとめ

2017年も残りわずか。2017年は伊達政宗の生誕450周年であり、坂本龍馬の没後150周年という人気者の周年であり、さらに大政奉還150周年という節目の年でもありました。そして大河ドラマ「おんな城主 直虎」や映画「関ヶ原」のヒットなど、戦国イヤーでもありました。今回はそんな歴史トピックスにちなんだゆかりの地をまとめてご紹介。すでに行った人は振り返りとして、まだこれからの人は、これからの計画にぜひお役立てください。
【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

【 刀剣、仏像、日本美術の国宝も 】2018年絶対見逃せない展覧会10

大型の展覧会が多数開催される2018年。貴重な国宝や日本美術が見られる、歴史ファンにはたまらない展覧会も開催されます。新年から国宝「圧(へし)切長谷部」が展示される福岡市博物館、国宝の日本美術や仏像が拝める展覧会、京都国立博物館で開催される初の本格的な刀剣展まで。来年まで待てない、展覧会の内容をご紹介します。
【もうひとりの女城主】立花宗茂の妻・誾千代ゆかりの地

【もうひとりの女城主】立花宗茂の妻・誾千代ゆかりの地

豊臣秀吉に武勇を激賞され、関ヶ原の戦いで改易されながらも大名復活を成し遂げた奇跡の武将・立花宗茂。そんな宗茂の妻である誾千代(ぎんちよ)は、夫にひけを取らない勇ましい女性だったといわれています。しかも7歳にして立花山城主となるのです。今回は誾千代の生涯と宗茂とのゆかりの地、2017年12月9日(土)より開催される特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」も合わせてご紹介いたします。
【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

【 学問の神様、武将ゆかりの地も 】合格祈願&学業成就にお詣りしたい神社10選

受験勉強もラストスパート。最後の仕上げに、今回は合格祈願にお詣りしたい神社をご紹介します。学問の神様・菅原道真を祀る神社や、戦国武将が必勝を祈願した神社を紹介、“落ちない”パワースポットまで。高校や大学の入試試験はもちろん、資格の試験や昇進試験がある方もぜひ、お詣りください。
【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

【 西郷どん、忠臣蔵、お城 】年末もますます盛り上がる!12月イベントまとめ

2017年も残りわずか。12月も年の締めくくりにふさわしい歴史イベントが開催されます。全国各地で開催される「忠臣蔵」のお祭りに、大河ドラマ「西郷どん」関連の施設の登場、そしてお城好きのための祭典「お城EXPO2017」と、歴史好きならどれもはずせないコンテンツが目白押しです。立花宗茂など、周年記念の展覧会もあり。年末も盛り上がっていきましょう!
全国より厳選!この秋行きたい紅葉がきれいな城10選

全国より厳選!この秋行きたい紅葉がきれいな城10選

木々が色づく秋。街より少し標高の高い場所にある城は絶好の紅葉観賞スポットでもあり、イベントやライトアップも開催されます。今回は特に紅葉が見事な城を全国から厳選。紅葉が早いと思われる北方面から順にご紹介します。天守とのコントラスト、木々に囲まれた遺構がたまらない、今だけの景色が見られる季節にぜひお出かけください。
家康から「鬼孫」と絶賛された最後の戦国武将・小笠原忠真の生涯とゆかりの地

家康から「鬼孫」と絶賛された最後の戦国武将・小笠原忠真の生涯とゆかりの地

小笠原忠真(1596〜1667)という武将をご存知でしょうか?曽祖父は徳川家康と織田信長、大坂夏の陣で奮戦し、家康から「鬼孫」と絶賛されるほどの武将でした。その戦功により信濃国松本、播磨国(兵庫県)明石を経て、豊前国小倉の藩主となり、やがて「九州御目付」「九州探題」として活躍します。没後350年にあたる今年、北九州市立いのちのたび博物館では「最後の戦国武将 小倉藩主 小笠原忠真展」が開催中です。今回はこの展覧会の内容を中心に、知られざる武将、忠真の功績とゆかりの地を紹介します。
【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

【近江八幡、岡崎、柳川の城下町を整備】武将からも領民からも慕われた田中吉政ゆかりの地

慶長5年(1600)の今日、9月21日は、関ヶ原合戦で敗北した石田三成が捕らえられた日。その三成を捕らえたのが三成と同じ近江出身の田中吉政です。吉政は秀吉に注目されると、秀次の筆頭家老に抜擢。近江八幡や岡崎、柳川の城や城下町を整備し、その遺構は現代にも活かされています。意外と知られていない?吉政の功績とゆかりの地をご紹介します。
【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

【関ヶ原合戦で活躍】黒田長政ゆかりの地と福岡市博物館をめぐる

名軍師・黒田官兵衛の嫡男であり、父と共に秀吉に仕え、数々の武功をあげた黒田長政。関ヶ原合戦では東軍として活躍し、家康から認められ、福岡藩初代藩主になります。1623年(元和9)8月29日の長政の命日にちなみ、今回は長政の福岡ゆかりの地と、黒田家の家宝を所蔵する福岡市博物館を紹介します。
その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

その格好良さに身震いせよ!戦場を駆ける猛将と駿馬「ニッポン銅像探訪記 第8回:騎馬像」

「カッコイイ銅像は何?」と聞かれたら、「●●の騎馬像!」(●●にはそれぞれの推しメンが入る)と答える人は多いでしょう。きちんと集計したわけではないので恐縮ですが、著者の感覚では全国の銅像総数に占める騎馬像の割合は10分の1程度。でも、「銅像=騎馬像」というイメージを抱かせるほど、騎馬像には傑作が多いですし、記憶に残る存在なのです。今回はそんな騎馬像の中から、戦場を駆ける戦う騎馬像をまとめて紹介しましょう!
【旧領回復は戦国武将ただ一人!】皆に愛された立花宗茂ゆかりの地

【旧領回復は戦国武将ただ一人!】皆に愛された立花宗茂ゆかりの地

現在も福岡県柳川市に残る立花家。柳川藩の祖である立花宗茂は、関ヶ原合戦で一度柳川を失い浪人したにも関わらず、陸奥棚倉で大名に復帰し、旧領・柳川の復帰を実現します。大友家、豊臣家、徳川家から絶大な信頼を得た宗茂の生涯をご紹介します。
井伊直虎以外にも全国各地にいた!「おんな城主」たちのゆかりの地まとめ

井伊直虎以外にも全国各地にいた!「おんな城主」たちのゆかりの地まとめ

現在放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。ドラマ人気にあやかり、井伊直虎を観光の目玉としている静岡県浜松市ですが、実は日本各地で「直虎だけじゃない!」と地元に伝わるおんな城主たちをPRしているのをご存じでしょうか。そこで日本全国おんな城主にゆかりのある地を、逸話とともにまとめてご紹介します。
あの名刀に会いに行こう!野心に満ちた軍師・黒田官兵衛ゆかりの地めぐり

あの名刀に会いに行こう!野心に満ちた軍師・黒田官兵衛ゆかりの地めぐり

歴史好きなら「黒田官兵衛」の名を聞いたことがない人はいないはず。豊臣秀吉の軍師として重用されるも恐れられた異才の武将です。2014年大河ドラマの主役にもなった官兵衛ゆかりの地を巡ってみましょう。
15 件