【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

【巌流島の戦いは細川家による暗殺計画!?】佐々木小次郎豊前添田出身説を訪ねてきた!

慶長17年4月13日、門司沖の船島(巌流島)で行われた宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘。時代劇や歌舞伎の題材でおなじみのシーンですが、佐々木小次郎の正体は謎に包まれています。実は巌流島の戦いは藩主細川家による小次郎暗殺計画だったのかも?佐々木小次郎豊前添田出身説を考えてみました。
山伏衣装で英彦山神宮参拝!歴史のまち・福岡県添田町モニターツアーレポート

山伏衣装で英彦山神宮参拝!歴史のまち・福岡県添田町モニターツアーレポート

2018年3月、歴史好きの方のために開催された福岡県添田町モニターツアー。英彦山神宮奉幣殿での正式参拝や、山伏体験、さらに岩石城での甲冑体験など、町の歴史的魅力を存分に体験。その模様をレポートします。
福岡県添田町の「岩石城」は争奪必死!知る人ぞ知る堅城だった

福岡県添田町の「岩石城」は争奪必死!知る人ぞ知る堅城だった

山岳信仰の遺跡として高い評価を受ける英彦山。2017年には国指定史跡となり、添田町は盛り上がりをみせています。しかし、町内にある歴史遺産は英彦山だけではありません。かの有名な武将たちが奪い合った「岩石城」も見逃せませんよ!
辞世の句や肖像画も!福岡市博物館「黒田如水の文芸」展レポート

辞世の句や肖像画も!福岡市博物館「黒田如水の文芸」展レポート

福岡市博物館で開催中の「黒田如水の文芸」展。若き日に歌道を志した黒田官兵衛こと如水の、歌人としての面に注目した企画展です。如水の辞世の句や、和歌・連歌の世界における如水とはどんな人物だったのでしょうか?気になる見どころをレポートします。
"軍師官兵衛"は歌の才能も凄かった!福岡市博物館で「黒田如水の文芸」展が開催

"軍師官兵衛"は歌の才能も凄かった!福岡市博物館で「黒田如水の文芸」展が開催

福岡市美術館と福岡市博物館がそれぞれ所蔵する福岡藩主ゆかりの「黒田資料」を展示するシリーズ第7回目、今回のテーマは「黒田如水の文芸」です。若き日に歌道を志した黒田官兵衛こと如水。彼の詠んだ作品だけでなく、当時の和歌・連歌の世界における位置付けにも注目した企画展が福岡市博物館で3月6日~4月30日開催。その見どころを一部ご紹介します。
理由は佐々木小次郎の出生地にあり?巌流島の戦いに隠された真実に迫る

理由は佐々木小次郎の出生地にあり?巌流島の戦いに隠された真実に迫る

宮本武蔵と佐々木小次郎による「巌流島の決闘」。その真相は、いまだ多くの謎に包まれています。しかし佐々木小次郎ゆかりの地とされる福岡県添田町では、その出生から新たな見方が強まっています。巌流島の決闘が行われた本当の理由とは…?歴史的剣豪・佐々木小次郎の知られざる真実に迫ります。
【 歴史のまち・福岡県添田町 】あの戦国大名たちも信仰した!修験の聖地・英彦山モニターツアー開催

【 歴史のまち・福岡県添田町 】あの戦国大名たちも信仰した!修験の聖地・英彦山モニターツアー開催

福岡県添田町にある日本三大修験山のひとつ、英彦山。古来より神の山として信仰され、県内唯一の神宮である英彦山神宮は今も多くの方に崇敬されています。修験の聖地として栄えた添田町には、今も山伏の坊舎跡や城跡などの史跡も多く残り、歴史の町として魅力ある町づくりに取り組んでいます。そんな「歴史のまち」添田町をもっと知ってもらうため、このたび歴史好きのために特別モニターツアーを開催。ここでしか体験できない貴重な企画盛りだくさん!ぜひご参加ください。
つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

つるし飾り、曲水の宴、流しびな…行ってみたい!全国ご当地ひな祭り

ひな祭り(桃の節句)は3月3日ですが、2月下旬から全国各地でその土地ならではのひな祭りが開催されています。ひな祭りや人形に由来する伝統的なものから斬新なものまで、特色のあるひな祭りのイベントをピックアップしてご紹介。個性豊かな祭りの魅力に、ぜひ触れてみてください。
平安時代、清少納言も食した!幻の甘味料『あまづら』を再現しよう

平安時代、清少納言も食した!幻の甘味料『あまづら』を再現しよう

奈良・平安時代に食べられていた甘味料・あまづら。あの清少納言も「枕草子」でかき氷にかけて食べたと書いています。そんな幻のシロップ・あまづらを再現するイベントが福岡市で開催。気になる作り方、それは『ブンブン』すること?貴重な『あまづらブンブン』体験、ぜひ体験してみませんか?
【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

【小倉、中津、熊本へ】西国きっての大国・肥前熊本藩誕生!細川忠興ゆかりの地・後編

細川忠興の波乱の生涯とゆかりの地をめぐるシリーズ。丹後時代を紹介した前編、細川家怒涛の関ヶ原の戦いをお送りした中編に続き、後編は、小倉、中津、そして西国きっての大国・肥後熊本藩が設立するまでの忠興と、ゆかりの地をご案内します。
【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

【 武将隊、刀剣、西郷どんのスタンプラリーも!】寒さ吹き飛ぶ!2月のイベントまとめ

あまりの寒さに家に引きこもりたくなる冬。しかし2月は寒さも吹き飛ぶ熱いイベントが続々開催されます。全国の武将隊が集結する武将博から、沖田総司の愛用していた刀工の刀剣展示、大河ドラマ「西郷どん」のスタンプラリーなど、歴史系イベントをご紹介します。
圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート

圧切長谷部に日本号も!黒田家のお宝大集結、福岡市博物館「黒田家の刀剣と甲冑展」レポート

平成30年1月7日(日)~2月12日(月・祝)福岡市博物館で開催中の特別企画展「黒田家の刀剣と甲冑展」。黒田家歴代当主たちのお宝とともに、刀剣女子たちに大人気の「圧切長谷部」や「日本号」の展示もあり、連日行列ができるほど賑わっています。その盛り上がりを肌で感じるべく編集部が潜入取材。見どころ満載の特別企画展の模様をレポートします!
菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

菅原道真公終焉の地・太宰府天満宮と福岡ゆかりの天神信仰

「学問の神様」菅原道真を祭神として祀る太宰府天満宮(福岡県太宰府市)。年間800万人以上の参詣者がおり、現在も厚く信仰されています。全国天満宮の総本社でもあり、道真公の霊廟でもある太宰府天満宮と、道真公の伝説を伝える『天神縁起絵』をご紹介します。
生誕450年!立花宗茂ゆかりの地・柳川で開催中の特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」

生誕450年!立花宗茂ゆかりの地・柳川で開催中の特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」

1567年に生まれ、西国無双といわれた戦国武将・立花宗茂。その生誕450年を記念し、宗茂が初代藩主となった柳川にある立花家史料館と柳川古文書館の2館では特別展「立花宗茂と柳川の武士たち」が開催。宗茂や、彼を支えた家臣たちゆかりの品や資料が一堂に会した本展と、柳川に残るゆかりの地をレポートします。
【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

【 細川家の関ヶ原の戦い 】実は滅びる寸前だった!細川忠興ゆかりの地・中編

慶長5年(1600)、会津征伐から始まる関ヶ原の戦いが勃発。丹後田辺、大坂玉造、豊後杵築、江戸、そして、関ヶ原と分断されての戦いを強いられることになった細川家は、国が攻め込まれ滅亡寸前に…!細川忠興の丹後時代を紹介した前編に続き、今回は5カ所に分かれて戦った細川家の関ヶ原合戦を中心に、忠興ゆかりの地をご案内します。
29 件