【世界遺産を目指す縄文遺跡群】日本最大級の縄文跡・三内丸山遺跡で縄文時代にタイムトリップ!

【世界遺産を目指す縄文遺跡群】日本最大級の縄文跡・三内丸山遺跡で縄文時代にタイムトリップ!

縄文時代の遺跡は日本各地にありますが、特に豊かな自然の恵みを受けた縄文遺跡が数多く残る北海道や北東北では、貴重な文化遺産として世界遺産登録を目指し、取り組みを始めています。今回はその中でも、日本最大級の縄文集落跡であり、縄文文化のイメージを変えるきっかけとなった青森県の三内丸山遺跡の見どころを紹介します。
全国より厳選!この秋行きたい紅葉がきれいな城10選

全国より厳選!この秋行きたい紅葉がきれいな城10選

木々が色づく秋。街より少し標高の高い場所にある城は絶好の紅葉観賞スポットでもあり、イベントやライトアップも開催されます。今回は特に紅葉が見事な城を全国から厳選。紅葉が早いと思われる北方面から順にご紹介します。天守とのコントラスト、木々に囲まれた遺構がたまらない、今だけの景色が見られる季節にぜひお出かけください。
郷土愛のシンボル! 桜の季節にみちのくの名城&英雄像めぐり「ニッポン銅像探訪記 第5回:東北の名城」

郷土愛のシンボル! 桜の季節にみちのくの名城&英雄像めぐり「ニッポン銅像探訪記 第5回:東北の名城」

前回は江戸城(皇居)周辺の銅像を紹介しましたが、お城に銅像という組み合わせは、日本人の深層倫理に訴える原風景のようです。例えるなら、田園の中にたたずむ水車、または古い神社にそびえる一本杉のような景色なのです。今回から不定期で、各地域の名城とそこに立つ銅像を訪ねる「名城と英雄像」シリーズがスタート。第1弾は東北をご案内。せっかく桜の季節なので、北上する桜前線とともに、北へ向かって城と銅像をめぐっていきましょう。
【最果ての国際貿易港?】謎の豪族・安東氏ゆかりの地「幻の中世都市」十三湊

【最果ての国際貿易港?】謎の豪族・安東氏ゆかりの地「幻の中世都市」十三湊

現在の青森県に、博多や堺と並ぶ国際貿易都市があったのをご存知ですか? 「十三湊」と呼ばれる港町で、繁栄の陰には安東氏というこれまた謎に包まれた豪族が影響を及ぼしていました。近年になって発掘が本格的に行われ、徐々にその実態が解明されてきています。
4 件